レンズ千夜一夜

949 新大阪 Part2(スピード・アナスティグマート25mmF1.5は都会の片隅に花を咲かせ)



b0226423_22165623.jpg
b0226423_2216815.jpg
b0226423_2216111.jpg
b0226423_2216546.jpg
b0226423_22154888.jpg
b0226423_2215655.jpg
b0226423_22143919.jpg
b0226423_2214431.jpg
b0226423_22135244.jpg
b0226423_22135692.jpg
b0226423_22134756.jpg
b0226423_22134188.jpg
b0226423_22133577.jpg
b0226423_2213820.jpg
b0226423_22133584.jpg
b0226423_22131592.jpg
b0226423_22131765.jpg
b0226423_2213322.jpg
b0226423_2213823.jpg
b0226423_22125319.jpg
b0226423_2213248.jpg
b0226423_22125889.jpg
b0226423_22124210.jpg
b0226423_22121462.jpg






新大阪駅界隈での、スピード・アナスティグマート25mmF1.5写真、
残り24枚をごらん頂きましょう。

なぜかどのような分野でも現代化すればするほどシャープ精密になるようです。

    もちろん写真がその典型例ですが、
    中国二胡音楽をさまざま聴いてきて、同じ傾向がうかがえます。

要するに、二胡はヴァイオリン音楽の影響を受けて、
超絶技巧を真っ向から振りかざす新曲がどんどん制作され、
新進気鋭の若手技巧派たちが果敢に超難曲を弾きこなす時代。

    でも、もうしわけありませんが、味わいとか心はどこかに?

写真の場合、そこまでは申しませんが、
私はどうしても超精密画像になじめません。

    キノプラズマートやスピード・アナスティグマートのような、
    ボケレンズたちの味わいを知ってしまうと、
    ここに写真のオアシスがある、そう感じてしまいます。

要するに、時代遅れなのでしょうけど、
ならば、喜んで時代遅れにならせていただきます。
by Sha-sindbad | 2014-02-24 22:21 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)