レンズ千夜一夜

928 奈良町(イヴォタール50mmf1.4がぴたりと決まれば、無敵かな?)



b0226423_152877.jpg
b0226423_1528211.jpg
b0226423_15273089.jpg
b0226423_15274991.jpg
b0226423_15274882.jpg
b0226423_15271178.jpg
b0226423_1527311.jpg
b0226423_15264789.jpg
b0226423_15262968.jpg
b0226423_15271586.jpg
b0226423_15271496.jpg
b0226423_1527872.jpg
b0226423_15261386.jpg
b0226423_15262653.jpg
b0226423_15262181.jpg
b0226423_15264843.jpg
b0226423_15264256.jpg
b0226423_152641.jpg
b0226423_15255917.jpg
b0226423_15262194.jpg
b0226423_15254647.jpg
b0226423_15254064.jpg





昨日水曜日の出勤に持ち出したオリンパスEP-L1に付けたのは、
イヴォタール25mmの後には当然の出番、お兄さんの、

    イヴォタール50mmF1.4
    
ライカMマウントに改造されることも多いと聞きましたが、
これがよく分からない。

    ほとんど円形を残して、全部真っ黒にけられるのですから。
    だから、オリンパスEP-L1またはソニーNEX-5Aで使うのがよいようです。

オリンパスだと100mm相当の中望遠になってしまいます。

    私はせいぜい50mm標準までしか使いません。
    かなり前、記憶していないほど前ですが、
    風景を撮ることもたまにありましたが、
    50mm標準以下を使うとき、遠景を撮るとき以外は、
    3m以内にポイントを置くことを原則としていました。
    それ以上離れて撮ると、中ヌケになってしまうからです。

風景写真から遙かおさらばした今、100mmは苦しいですね。

    これ位ならいいだろうと踏んで、
    液晶モニターでピントを合わせようとしますと、
    被写体が画面いっぱいを占領しているのですから。
    近づきすぎなのでしょう。

    さりとて、離れると、今度は、
    とても遠慮がちな写真になってしまい、おもしろくない。
    そこで、接近して人を撮ろうとすると、
    置きピン、ノーファインダーで撮るので、ミスばかり。

100mmを使うためには、かなり経験が必要になりそうです。
それでも、なんとか撮れた写真は25㎜に似て、キリリとして、
抜けがよくて、いかにもイギリス的に品があります。
2枚目の屋根瓦の立体感も文句の付けようがありません。
これもまたクックの名レンズですね。
by Sha-sindbad | 2014-01-30 15:37 | Ivotal50/1.4 | Comments(0)