レンズ千夜一夜

874 美女(フレクトゴン35mmF2.4は美女の美しさを余すところなく?)



b0226423_2131222.jpg





M42マウントの名レンズを宮崎貞安さんに改造していただきました。

    フレクトゴン35mmF2.4

ライカM9に付けると、Mマウントアダプタのおかげで、35㎜というよりも、
ズミルックス50mmF1.4並ののっぽのレンズになりました。

長い間、私はこのレンズをコンタックスRTSⅡ、ペンタックスMEに付けて、
定番の常用レンズとして愛用してきました。
なぜか?

    どこもとんがらない、中庸を得た描写をしてくれるからです。
    どんぴしゃり壺にはまると、まるでタイムマシーンのように、
    撮影現場に私を連れ戻してくれるような、
    静かな実在感を醸しだしてくれるからです。

さて、ライカM9ではどうでしょうか?
土曜日、ほとんどすべて開放にして撮りました。

    奈良町でとても美しい犬と一緒に散歩する男性に出会いました。
    得も言われぬ優雅さがあって、一目で女性と分かります。
    男性にお願いして、撮らせていただきました。
    美女の気持ちを損ねないように、距離を見積もって、
    伸ばした手の先のライカM9を縦位置にして、
    ノーファインダーで撮りました。
    幸い美女の気持の損なうことなく、ピントもあってくれました。

    やはりフレクトゴン35mmF2.4は極上でした。
by Sha-sindbad | 2013-12-02 21:31 | Frectgon35/2.4 | Comments(0)