レンズ千夜一夜

858 奈良町の冬(スイター25mmF1.4RXはサラ・チャンのようにくっきりと)



突然冬将軍が殴り込みをかけてきたようですね。

    昨日朝はマフラーをして、モンベルのダウンジャケットで、
    背広の上半身を覆って出勤しました。
    東北、北海道のみなさんには申し訳ありませんが、
    関西の寒さは体を引き締めてくれます。
    というより、正確には、「くれました」でしょうか?

関西は、春夏秋冬があって、比較的温暖な土地でした。

    近頃、日本国中、そんな春夏秋冬のある土地がどこにあるでしょうか?
    今年は、秋はほんの3週間程度でしょうか?
    いきなり冬なのですから、たまりませんね。
    
ただし、写真にはなんの影響もありません。

    風景写真を撮る方には、雪が来ない限り、
    冬は不毛の季節。
    ロボグラファーにとっては、
    冬には冬のロボグラフィが待ってくれています。

火曜日は、ケルンのスイター25mmF1.4RXを持ち出しました。

    後部が突き出ているため、
    1mちょっとまでしか撮れないのです。
    やむなくマクロ専用レンズとして使っていますが、
    描写はメガトン級。

そのくっきりと自信に満ちた画像で、
サラ・チャンのことを思い出しました。

12歳(もしかすると、11歳だったかも)の演奏を一度ごらんになってください。

    Paganini violin concerto 12 years old
        (http://www.youtube.com/watch?v=yhve5jT4xmM&list=
        PL1kIeRJejsQYYgT0KOzpiV7fmVthLmgVe)

    小学生なのに、もうヴィルトゥオーゾ以外のなにものでもありませんでした。
    大げさに言いますと、
    ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、フェルメール級の確固たる手さばきで、
    小揺るぎもない旋律線を「紡ぎ出す」のではなく、
    「大理石から刻み出す」のです。

どうしてそんなことができるのか?

    このレベルになると、神様を持ち出すより仕方がなくなります。

スイターの描写力にまさか神様もないのですが、
その毅然たる描写の線の確かさはいつ見ても唖然とするばかり。

    こんな風にサラ・チャンのことを絶讃すると、
    スイターを彼女に比肩するのは気がちょっと引けます。
    でも、16枚選んでみると、
    このレンズが描き出す線の確かさはやっぱりサラに似ている、
    そんな感じがますますして、
    遠慮なく紹介させていただきましょう。



b0226423_21572233.jpg
b0226423_21573943.jpg
b0226423_21571288.jpg
b0226423_2157539.jpg
b0226423_2157309.jpg
b0226423_21573011.jpg
b0226423_21565110.jpg
b0226423_21572077.jpg
b0226423_2157622.jpg
b0226423_2157290.jpg
b0226423_21563620.jpg
b0226423_21565338.jpg
b0226423_21562721.jpg
b0226423_21561725.jpg
b0226423_21561489.jpg
b0226423_2156893.jpg

by Sha-sindbad | 2013-11-14 21:59 | Switar25/1.4RX | Comments(2)
Commented by bisqueprince at 2013-11-14 23:37 x
空気に溶けこむような描写もあり、被写体そのものの性格?を描き出したりと、凄さに圧倒されます!

仕事と仕事の合間が少し出来たくらいで、まだまだ忙しいですね〜。今回は、人形館のHPにも出ています銀座ベビーを10体制作しています。   また、ちょくちょく、立ち寄らせて頂きます^^
Commented by Sha-sindbad at 2013-11-15 20:48
bisqueprinceさん
Cマウントレンズ、ご覧になるとおり、どれもこれも凄いでしょ?
誰が撮ってもこうなりますから、驚き。
銀座ベビーちゃんたちの制作でしたか?
かわいい赤ん坊ですね。
やっぱりとてもナチュラルなので、
人気が高いのも無理からぬところです。
ブログは暇なときにたまにおいでになったらよいのです。
まず、仕事。
忙しいのは人生最高のコンディションなのですから。