レンズ千夜一夜

852 秋深まる(ダルマック50mmF3.5はかなり使いやすい中望遠で)

b0226423_19171599.jpg
b0226423_19173813.jpg
b0226423_1917149.jpg
b0226423_1917015.jpg
b0226423_19172536.jpg
b0226423_1917186.jpg
b0226423_19165917.jpg
b0226423_1917199.jpg
b0226423_19161393.jpg
b0226423_1916753.jpg
b0226423_19163860.jpg
b0226423_19152537.jpg
b0226423_19155630.jpg
b0226423_19162548.jpg
b0226423_19153487.jpg
b0226423_1915165.jpg
b0226423_19144973.jpg
b0226423_1915646.jpg
b0226423_19155087.jpg






今週最後の出勤はやはりダルメイヤー。

   ダルマック2インチF3.5
   オリンパスEP-L1に付けました。

かなり古いレンズだと思うのですが、
黒塗り鏡胴はなかなかの風格。
絞りリングもヘリコイドリングもスムーズ。

100mm相当になるので、
私としては、画角は破格に狭いのですが、
素人だから当然ですが器用ではないので、撮り方は一つしか知らない。

   いつもと同じスタンスで撮ります。
   すると、極端な部分撮りになります。

今日お昼は暑いくらいに太陽の力が強いピーカンでしたので、
オリンパスEP-L1の液晶画面はほとんど見えません。

   やむなく絞りをF8近くに絞り、
   距離を設定して、ノーファインダーで撮りました。
   これはこれで潔い撮り方で、私ごのみ。
   お好みの写真が撮れれば幸運、
   撮れなきゃおととい来いだ、というスタンス。

写真は相変わらずの私の写真。
不思議なものですね。

   レンズを変えても、
   カメラを変えても、
   気分を変えても、
   なにをしても、
   撮れるものはみんな私の写真。
   その域を一歩も踏み出ることができないのですから、
   お笑い草と言えば、お笑い草だし、
   バカみたいと言えば、バカみたいですね。

子供の頃、田舎町にやってくるのは地方周りのサーカス団。

   いつも大テンとの片隅にドンと据えられていたのが金網の球体。
   中にオートバイ。
   男が入ってバリバリとエンジンを吹かしていきなり疾走を開始するのですが、
   いつまで経っても、金網の中をぐるぐるぐるぐる。
   やがて次第にエンジン音が低くなり、
   底のあたりで振り子運動をしばらく続けた後、底に収まり沈黙します。
   この球体からいきなり空に向かって脱走したりしたら面白いのにと思ったものでした。
   でも、できないのです。
   誰も物理法則に逆らうことはできない。

写真もそうですね。

   いつも似たような、似ていないことなどないような写真をぞろぞろ連ねて、
   さあ、どうだ?
   見させられる側としては、困惑しますね。

       どうだって言われても、どうってことないのだから、
       どうもこうもないんだけどなあ........


[後書き]
  今回は順不同です。
  なぜか、写真が正しく表示されず、
  順不同でアップしてようやく表示可能に。
  どうも順序など、どうでもよろしいようで。
by Sha-sindbad | 2013-11-08 19:21 | Dalmac50/3.5 | Comments(2)
Commented by bisqueprince at 2013-11-09 02:50 x
ダークな中に、ユーモアがあるのは、sha-sindbadさんの独壇場ですね! しかし、焦点距離のせいかもしれませんが、押し出しの強い、いい描写をするレンズですね〜。
Commented by Sha-sindbad at 2013-11-09 23:57
bisqueprinceさん
ありがとうございます。
ユーモアがあると言っていただけると、
私にとっては最大の讃辞。
ほんとうに押し出しの強いレンズです。
Cマウントレンズの長焦点レンズは似た傾向で。
※※とレンズは使いよう、ですね。