レンズ千夜一夜

822 朧の世界に(スピードアナスティグマート15mmF1.5はやっぱりダルメイヤー)



b0226423_11555564.jpg

b0226423_1242711.jpg
b0226423_124249.jpg
b0226423_11553448.jpg
b0226423_11562531.jpg
b0226423_11555766.jpg
b0226423_11551427.jpg
b0226423_1155379.jpg
b0226423_11553820.jpg
b0226423_11544423.jpg
b0226423_11544562.jpg
b0226423_11543643.jpg
b0226423_11543575.jpg
b0226423_11542549.jpg
b0226423_1155849.jpg
b0226423_115521.jpg





前回の記事に、キノプラズマート15mmに対抗するダルメイヤーレンズは
スピードアナスチグマートだろうと書きましたが、
昨夜、今日の出勤に携えるレンズを選ぼうとして、
そのレンズを持っていることを思い出しました。

    スピードアナスチグマート15mmF1.5

オリンパスEP-L1に付けると、30mm相当ですから、
この付近のレンズとしては一番明るいレンズの一つになりそうです。

朝の訪問先で、ちょっと時間が開き、
待合いのロビー応接セットから見回すと、
撮りたいものがいくつかバンバンと目に飛び込んできました。
ただちにバッグからカメラを取り出して撮影。
10枚ばかり撮りました。

ちょっと成金趣味もあって、室内装飾はてんでばらばらというところ。
でも、高級品をそろえたからと言って、ハイセンスとなるものでもありません。
おかげさまで、写真に撮りたいものがいくつもできたのですから、
私としては文句を付ける筋合いではありませんね。

スピードアナスチグマートは、レンズ前面の筒がかなり長く延びているので、
大きくけられます。

    先端部は膨らんで、刻みが入れられて、絞りリングの操作部になっています。
    これを1mm程度削れば、かなりダークコーナーは減少しそうです。

描写はごらんのとおりです。

    どちらも−1.7補正。
    下位機種のトリプルアナスチグマートの方が闊達たおやかな写りに見えます。
    でも、戦場の中核部分である中央付近の描写はスピードの方が締まって、
    いっそう上質に見えます。
    でも、その差はわずかという感じ。

ダルマイヤーは腐ってもダルマイヤー。
ましてトリプル族はみんなとびきり立派に写る一族です。
ようするに、ダルマイヤーはみんなダルマイヤーなのですね。




        [後書き]
          金曜日から今朝まで、インターネットの接続が切断。
          ルーターのヘルプデスクでようやく快復していただきました。
          インターネット接続使用中に切れた事故。
          原因は不明とのこと。
          私は、いつも「殿、ご乱心」と考えることにしています。
          考えるだけ無駄。
          2日間ブログができないのは、やっぱり寂しいですね。
          今日は、埋め合わせにもう一度掲載予定です。
          
          レンズファンにはビッグニュース。
          乞うご期待!
by Sha-sindbad | 2013-10-06 12:05 | Sp.Anastigmat15/1.5 | Comments(4)
Commented by mayopiza at 2013-10-06 13:17
写シンドバッドさんのレンズ物語、読んでいるとやっぱり面白いですねぇ~(^-^)
噛み砕いていくほど味が染みだしてきます

-1.7補正の写真もいつしか楽しみになっています(^m^)
Commented by Sha-sindbad at 2013-10-06 17:04
mayopizaさん
ありがとうございます。
私もレンズをこよなく愛する者の一人だからです。
愛するものについて好き放題書けるブログで、
私は幸せを噛みしめながら、ラブレターを書いているのです。
女性と違って、何本でも愛することができるのが妙味。
(ほんとのところは、ホロゴン15mmF8こそ我が愛なのですが、
パンタッカー50mmF2.3やゾンネタール50mmf1.1も、
使うときには、ホロゴンを忘れさせてくれる悪い奴らなのです。
ただし、これは、ホロゴンには内緒)
Commented by bisqueprince at 2013-10-07 02:09 x
ノスタルジックなお写真、しばし、想像の世界に没入させられます。
そして、sha-sindbadさんの審美眼あっての、お写真!
Commented by Sha-sindbad at 2013-10-07 12:01
bisqueprinceさん
ありがとうございます。
こんなボケボケの写真、いまどきはやらないでしょうけど、
私が撮ると、こうなるのですから、嬉しくなります。
すべての写真は自画像だという説もあります。
私の頭の中はこうなのでしょう。
至るところからロボグラフィが旗を振って立ち上がるのですから、
いそがしいのです。
これを審美眼だと認める人はほとんどいません。
変わっている、おかしい、こんな評価ですね。
気にしていませんけど。