レンズ千夜一夜

775 正午 (アンジェニュー25mmF1.4にもやっぱりフランスのシネレンズらしい気品が)



アンジェニューのシネレンズはとても人気が高いようです。
おかげで、私がオークションを楽しんだ当時アンジェニュー
中古価格もかなり高騰していました。

でも、このオークション市場には、実におかしな凸凹が潜んでいます。
大人気のレンズがとんでもなく廉価で見つかることがあるのです。

    そんなとき、あまり手を出さないのが練達のコレクターの知恵のようです。
    どんな罠が待っているか知れないからです。
    ところが、コレクターでない私はそんな知恵とは無縁。
    手に入れてガラクタだったら、運が悪かった、
    思わぬ逸品なら、運が良かったと、運任せにしました。
    二度とそんな廉価では見つからないでしょうから。

おかげで、アンジェニュー25㎜のF1.4とF0.95が嘘みたいな価格で我が家に。
どちらもキズがほとんどない逸品でした。
写りは、もちろん、どちらも超一流。

今日は出勤日。
そのF1.4の方をオリンパスE-PL1に付けて持ち出しました。

    奈良は今日も猛暑。
    おそらく37度はあったでしょう、
    コンクリートの駐車場側を歩くときなど、
    熱いフライパンの上でじりじりと炒られる感じさえしましたが、
    撮影は久しぶりに快調で、
    104枚と、出勤時としては珍しく大台に乗りました。

その中から4枚ご覧いただきましょう。




b0226423_22104239.jpg
b0226423_221168.jpg
b0226423_22111828.jpg
b0226423_2211126.jpg

by Sha-sindbad | 2013-08-14 22:14 | Anjeniueux25/1.4 | Comments(2)
Commented by bisqueprince at 2013-08-15 09:27 x
ボケの味が、なんとも、心地良いです。2枚目の絵のお写真も、影とボケが素晴らしいと思います。
Commented by Sha-sindbad at 2013-08-15 19:12
bisqueprinceさん
ありがとうございます。
2枚目はほとんど目にしかピントが来ていません。
暗がりから現れるあたりが、この女性の怖さを強めている感じですね。
私も気に入っています。