レンズ千夜一夜

726 への字口(スピード・アナスティグマート25mmF1.5とくだけたお付き合い)




b0226423_17284916.jpg




今日は月曜執務休業日。

午前中大阪で付虹先生のレッスン。
午後は奈良西大寺で陳少林先生の伴奏レッスン。
往還1時間半以上かかり、
そのうえ、付虹先生の厳しいレッスンの後ですから、
陳少林先生のレッスン場近くの喫茶店に入ったときには、
日差しもかなり強くなり、温度も27度まで上がり、
かなり疲れていました。
コカコーラをいただきながら休憩。

オリンパスE-PL1に付けたレンズは、

    ダルメイヤーのスピードアナスティグマート25mmf1.5。
    
私にとっては極上のレンズ。

    ユニバーサルシティ駅で29枚、
    西大寺駅から喫茶店までの途中で61枚、
    合計90枚撮りました。
    せいぜい20分弱ですから、上々の結果。

ふと気がついたのですが、私が訪問しているブログでは、
中将姫光学さんが時折取り上げられる程度で、
私のように、Cマウントレンズと真っ正面から見つめ合って、
真剣におつき合いしている人間って、あまりおいでにならないようですね。

    史実かどうか知りませんが、天下のご意見番、大久保彦左衛門は、
    魚屋の一心太助と気の置けないつきあいを楽しみます。
    彦左は大部の自伝的史書「三河物語」を著したほどの教養人で、
    歯に衣を着せない直言居士として天下に鳴り響いた人だそうですが、
    そんな人だから、一心太助とぐっとくだけたやりとりをすることに、
    心の安らぎを見いだしたのでしょう。

私はただの一介の平凡人ですが、
銀塩の銘玉たちとの正面衝突そこのけの対決の合間に、
なんにも考えなくても、絞り次第で、
とてつもなくおもしろい写真をプレゼントしてくれるCマウントレンズに、
一心太助なみのくだけたつきあいの妙味を感じてしまいます。

喫茶店でとなりの席にちらりと目をやって、
彦左なみの渋い面構えと目が合ってしまいました。

スピードアナスティグマートを開放F1.5にして、
最短近くで撮りました。

    目を寄せて、口をヘの字にして、
    昔のリーゼント刈りのような銀髪が額にひらりとかかっている。
    なかなか絵になる面構えじゃありませんか?

見ると、ほかのナプキン立てでは、
どれもこんな乱れ髪になっていません。
だから、それほど渋い面ではない。

なんだ、まっすぐ私をにらんでいたのです。

    いい年をして、仕事もしないで、こんなところで、
    コーラなんか呑んでいやがる。
    ちゃんと仕事をしちゃどうだ?

そんなことを言っているようですね。
私も一言お返ししましょ。

    ほざけ!

なんですか?
かなりご立腹ですね。

    ちょっと言葉が過ぎたのでしょうか?
    じゃ、撤回。
    つつしんで謝罪させていただきます。

    私にお任せください、そうもうしたかっただけで、
    お怒りはあなたの誤解、読解力の不足ですよ。
by Sha-sindbad | 2013-06-24 17:40 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(2)
Commented by nakky85 at 2013-06-25 09:34
あら・・ほんと、不機嫌そうな顔ですね(笑)

これ、デザインした人がこういう仏頂面だったのかも知れませんね。
Commented by Sha-sindbad at 2013-06-25 15:53
nakky85さん
思い出しました。
このナプキン立てに気づく直前、
iPhoneでnakky85さんの写真を見ていたのです。
この不愉快な表情はそのせいかもしれませんね?