レンズ千夜一夜

714 奈良町 (Orion15-28mmF6は世に隠れなき名レンズなのだ)



私のように、クラシックレンズのレンズ特性など完全に門外漢、
ただ写りの良さだけで評価したい人間にとって、
ロシアの超廉価版28㎜レンズ、
オリオン15ほど素敵なレンズは少ないと言えそうです。

トポゴンのコピーなんだそうですが、
描写性はまったく違います。

    私のトポゴン25mm f4に限って言えば、
    ツァイス特有の抜けばたま散る氷の刃風凄みが特徴。
    それに対して、オリオン15は、たしかにシャープなのですが、
    ライカ用レンズらしいあたたかさと膨らみに心を奪われます。
    なんだかズマロン35mmF3.5の28㎜版という雰囲気。

今日は、気管支炎で心身ともにゆらゆらとしながら、
でも、曇天に助けられて、36枚撮れました。

    リコーGXR/A12に付けたOrion15-28mmF6。

実質的に42㎜のレンズとして使っているのですが、
気分はどこまでも28㎜広角レンズ。

    8に絞り、約2.5m定焦点にして、
    1.5mから10mあたりまでのパンフォーカス。
    もちろん全部ノーファインダーです。

ゆらゆら、ポチッ、
ゆらゆら、ポチッ、
というような感じで撮りました。

いつもながら、撮影後の液晶画面での確認もいたしません。
-1.5に補正すると、もう画面はまっくらなのですから。




b0226423_2115551.jpg
b0226423_2116398.jpg
b0226423_21155675.jpg
b0226423_2114488.jpg
b0226423_21145497.jpg
b0226423_21152684.jpg
b0226423_21151947.jpg

by Sha-sindbad | 2013-06-11 21:17 | Orion28/6 | Comments(0)