レンズ千夜一夜

687 化身 (パンタッカー50mmF2.3は魔術的なレンズだといつも思う)



b0226423_15191775.jpg
b0226423_15195373.jpg
b0226423_15301783.jpg
b0226423_1519650.jpg
b0226423_15185546.jpg





人は同じものを同じように見ることができない。
人は自分が見ているものを、なぜそう見えるか説明できないし、
自分が見ているものを、他人がどう見ているかを想像することもできない。
私はそう信じています。

視覚というものは、
単に網膜に写ったものをものとして把握することではありません。
絶えず脳と情報をやり取りして、イメージを瞬時に構成します。

    たとえば、目の前のテレビに、数字を1から10まで等間隔に並べたとき、
    途中のいくつかの数字が欠けていても、心配はありません。
    ちゃんと網膜像にはすべての数字のイメージが出現します。
    欠けているものを脳が作って補完してくれるのです。

先日の記事で「高速道路」と書いたはずなのに、
ブログには「高僧道路」と表示されていました。
記事を書いているとき、単に不注意だっただけなのでしょうけど、
私の目には「高速道路」と見えていたとしても、不思議はありません。

極めてシンプルな記号でさえ、そんな風に視覚が働くとしたら、
もっと複雑な現実の光景を見たとき、
さらにイメージは豊かになると言えそうです。

私たちは、視覚イメージだけでものを把握いたしません。
自分の全体験、歴史、精神構造、気分、そんなものが総動員されます。

    私のロボグラフィの基本原理は、大げさに言いますと、
        メタモルフォーゼ。

    ものと出会って、互いに見つめ合った途端、
    そのものは別のものに変身します。

なぜそうなったのか、わかりませんが、とにかくそうです。
でも、写真に撮ったとき、
私の心に見えたものと記録しているとは限りません。

ただし、たいていのレンズは私の心とは裏腹に、
無機物、即物の像を生み出してくれます。
でも、なかには奇特なレンズがおいでになります。

でも、私の心に見えた像を写真にしてくれたり、
私の心が見たかったイメージを自分で生み出してくれたりする、
そんなレンズたちが居ます。
私はそれらをメタモルレンズと呼んでいるのですが、
私にとって、パンタッカー50mmF2.3はその極致の一つなのです。

言ってみれば、

    硬派のメタモルレンズの極致はホロゴン15mmF8であり、
    軟派のメタモルレンズの極致はパンタッカー50mmF2.3。

どちらも、ハズレがありません。
いつでもどこでも、シャッターの音が響き渡れば、
なにか異空間のイメージが媒体にしっかりと刻みつけられるのです。

ふん、そんなことがあるものか、
そんなの勝手な思いこみだ!
そうおっしゃる方もおいででしょう。

    どうして、そんな風に私のことを決めつけるのですか?
    そう決めつけることができるほど、私を知っているのですか?
    私はそう言いたいですね。

    そんな方は、きっと実生活でも、どこかの市長さんのように、
    誰もが自分と同じであり、自分の意見こそ正しい、
    だから、人は自分に従うべきだと信じて生きておられるのでは、
    そんな感じがします。

みんな違った風に感じ、違った風に信じ、違った風に生きている。
これこそ、「匹夫も志を奪うべからず」の言葉の意味なのだ、
私はそう思っています。

    大げさに言えば、写真を通じて、
    すべての人の基本的人権を無条件に尊重しなければならない、
    人間学的な根拠を学ぶことができる、
    私はそう言いたいですね。
by Sha-sindbad | 2013-05-12 15:51 | PanTachar50/2.3 | Comments(6)
Commented by a1photo at 2013-05-12 22:36
あっちもこっちも実に素晴らしい!
やっぱ師匠に選んでよかった。
Commented by nakky85 at 2013-05-13 12:42
うわ・・・
魑魅魍魎たち一杯ですね・・・
Commented by taketyh1040 at 2013-05-13 13:40
写真も楽しませて頂いていますが、
機知に富んだお話も楽しみに拝見しています。
Commented by Sha-sindbad at 2013-05-13 22:57
a1photoさん
何度言ったら分かるのですか?
a1photoさんは立派な写真家、私はど素人。
ど素人が写真家の師匠にはなれませぬ。
それに、なれても、なりたくない。
a1photoさんがロボグラフィなんか撮り始めると、
a1photoさんのおおらかで、ちょっととぼけて、ちょっと怖い写真世界は、
ガラガラと崩壊しちゃいます。
Commented by Sha-sindbad at 2013-05-13 22:57
nakky85さんの写真にも魑魅魍魎が一杯ですよ。
Commented by Sha-sindbad at 2013-05-13 22:59
taketyh1040さん
ありがとうございます。
でも、私の文章はただの連想ゲーム。
思いつきをだらだらと並べただけなので、お恥ずかしい限り。
たいていの方はすぐ飽きて、おいでにならなくなります。