レンズ千夜一夜

656  春 (スピード・アナスティグマート25mmF1.5は春霞のようなレンズで)



火曜日出勤時、ソニーNEX-5Aを持参。
スピード・アナスティグマート25mmF1.5を付けました。

お天気もよかったので、春を撮ることにした、というわけではありません。
なにも考えずに、持ち出しただけ。

ただし、初夏のような暑さで、ほとんどうだるようなお昼、
レストランと職場の往還、たった15分ですが、かなり撮れました。
スピード・アナスティグマート25mmF1.5を愛しているからです。

絞り込んでも、ふんわりとフレアがかかります。
まるで春霞のようなレンズ。
花の写真家が花の銀座を撮るとすれば、
私は相変わらず、ロボグラフィとしての花を撮ります。

    ゾンネタールがよいのか?
    スピード・アナスティグマートがよいのか?
    なんて比較はナンセンス。

みんな良いのです。

    うまく撮れないとすれば、
    相性が悪いか、腕が悪いか、その両方か?

私は、誰がなんと言おうと、私のレンズたち全部と相性抜群!





b0226423_215456100.jpg
b0226423_21573061.jpg
b0226423_21564473.jpg
b0226423_21543815.jpg

by Sha-sindbad | 2013-04-17 22:05 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(2)
Commented by nakky85 at 2013-04-18 08:59
「外観」と「性能」の相乗効果・・・
カメラとかレンズでもありえそうですね・・・

やはり「機能的に優れているもの」って美しいですからねぇ(笑)
Commented by Sha-sindbad at 2013-04-18 18:14
カメラは自我の延長ですね。
いやな面の自我で写真を撮る人はいませんから、
大好きなレンズ、大好きなカメラで撮りたいものですね。