レンズ千夜一夜

645 寒の戻り (オルソスティグマート35mmF4.5をリコーGXRで使ってみた)



シュタインハイルのオルソスティグマート35mmF4.5

    コントラストもかなり高く、
    とてもなだらかなグラデーション、高画質のレンズ。

中将姫光学さんが高く評価されているのを読んで、
手に入れてしまいました。
開放値がとても暗いので、
夢レンズとはなりえない宿命にあるようで、
かなり廉価なレンズ。
でも、使えば使うほど、愛着が出てきます。

昨日、リコーGXRに付けて使ってみました。
ライカM9で撮るときよりもかなりローコントラストだったのは、
薄ら寒いというより、薄曇りで本当に寒い一日だったせいでしょう。

    地味だけど、描写力の高さがじわじわと浮かび上がってくる、
    そんな写真が幾枚も撮れました。
    渋い脇役の凄みのようなものが漂います。
    永年の愛着に耐えるレンズかも知れません。




b0226423_16444437.jpg
b0226423_16443932.jpg
b0226423_1644334.jpg
b0226423_1644258.jpg

b0226423_16442048.jpg

by Sha-sindbad | 2013-04-04 16:46 | Orthostigmat35/4.5 | Comments(2)
Commented by 川越 at 2013-04-05 23:37 x
こんにちは。このレンズ、以前私も使っていました。重くて暗くて・・・ですが、シャープなのにどこか優しい感じの写りで好きなレンズでした。友人がずいぶん欲しがっていたので譲ってしまいましたが、良いレンズですね。
Commented by Sha-sindbad at 2013-04-06 20:20
川越さん
たしかにこのレンズ、中途半端なところがありますね。
そのおかげで、骨まで愛したいほどの気持ちを抱かせてくれませんね。
今回のような曇天よりも、快晴の明るいシーンに似合うレンズのようですね。