レンズ千夜一夜

596  古書店街 (ゾンネタール50mmf1.1をエプソンRD-1xで使ってみたら)


今日は、北梅田界隈でエプソンRD-1xの撮影を楽しみました。

    レンズはもちろんゾンネタール50mmF1.1。
    オリジナルの方です。
    ただし、75mm長焦点レンズとして使います。

RD-1xの接眼部にニコンの視度調整レンズを付けました。
これで、ピントの心配はなくなり、
撮影後のモニターをオフにすることができました。
おかげで、撮影は順調。

今日は連休最後の日だけに、
ユニバーサルスタジオもそうでしたが、
梅田も人でごった返しています。
大阪のような大都会は、行くたびに、人が増えている感じさえします。
この傾向はまだまだ続くでしょう。

眼前に3人以上の人間が見えますと、
「多すぎる!」という印象を抱く私です。
この傾向はちょっと耐えがたい。
ますます場末に追いつめられる運命にあるようです。

    つまり、路地裏を撮ることは私の必然であり、
    人生の必要でもあるらしい。

古書店街の写真を5枚選んでみました。

    なんだかライカM9とはかなり描写が違います。
    各カメラの設定パラメータを最低にしているにもかかわらず!
    銀塩カメラではこんなことは起こりません。
    古書店街の照明も影響しているかも知れませんが、
    このことを考慮しても、やはり印象は変わりません。
    各種デジタルカメラで同一レンズを沢山試してきたからです。
    デジタルカメラを変えると、常に、同じレンズの描写が変わります。
    これは、各社がカメラ内部のソフトで画像処理をしている証拠。
    つまり、高下駄戦争が水面下で繰り広げられているのです。

つまらない。
でも、仕方がないので、
好みの画質を作ってくれるカメラを選択するほかはありませんね。




b0226423_2261825.jpg
b0226423_2225746.jpg
b0226423_2225179.jpg
b0226423_2224599.jpg
b0226423_2223790.jpg

by Sha-sindbad | 2013-02-11 22:06 | Sonnetar50mmF1.1 | Comments(4)
Commented by k7003 at 2013-02-12 06:49
高下駄戦争が水面下で繰り広げられている、、、喝破されましたね。(^^)/
Commented by 川越 at 2013-02-12 10:52 x
こんにちは。R-D1とM9では色味が違う気もしますが、ボケの良さは変わらずのように感じました。1枚目、好きです。ゾンネタール、宮崎さんのお話では、当初は12月、それが年末になり、1月中旬には・・・とのお話でしたが、結局2月になってもモノがないようでした。う〜ん、気長に待つしかありませんが、できることなら使ってみたいレンズです。
Commented by Sha-sindbad at 2013-02-12 21:26
量販店は商品の売り場を絶えず移動して、
顧客の目を商品に誘導する心理作戦を夜ごと展開しています。
デジカメメーカーは、それとまったく同じ心理的誘導作戦を、
ソフトレベルで展開しているのではないでしょうか?
映画もテレビも音楽も、コンピューター処理で、
アーチストたちのパフォーマンスに華麗な色づけをします。
そんな色づけのないものに価値を見出したい人間には住みづらい世界になってしまいました。
Commented by Sha-sindbad at 2013-02-12 21:30
川越さん
RD-1の良さを引き出すためにはまだまだ修業が必要です。
でも、ライカM9よりもかなり地味な色合いになるあたり、
とても好感がもてます。
私にとって難関は、長焦点があまり好きではないので、
使うレンズが35㎜以下に限られてしまうことです。
ゾンネタールは人生のお年玉のようなものです。
ゆっくり指折り数えながらお待ち下さい。
待つだけの価値のあるレンズなのですから。