レンズ千夜一夜

492 暮れなずむ (スピードパンクロ35mmF2は暮れ方に威力を発揮する)



b0226423_22304019.jpg





今日は、孫の面倒をみた後、午後3時すぎ出発して、
奈良に戻り、三条通り付近を1時間撮影しました。

    カメラは、リコーGXR+A12。
    レンズは、スーパーパンクロ35mmf2。

スーパーパンクロ50mmf2をついに取り逃がした心の痛みを、
弟分の35mmで癒そうという算段。

実効焦点距離は52.5mm。
もし50mmを手に入れていたら、こんな写りかな、
そんな気持ちを込めて撮りました。

1時間180枚ですから、まあまあ標準的な収穫ですが、
まあ、よく撮れること、撮れること!

ノンコーティングの戦前のレンズですが、
タンバールやヘクトール73mmf1.9、パンタッカー50mmF2.3、
みんな1930年代のノンコーティングですが、
味わいは戦後のレンズ、現代のレンズを遙かに上回ります。

確かにスーパーパンクロは名レンズなのです。
でも、負け惜しみですが、
取り逃がしたスーパーパンクロ50mmf2は、
かなりレンズ番号が新しく、レンズもコーティングがなされているようです。
もしかすると、戦前のスーパーパンクロとは味わいが違うかもしれません。
キネタールに近い描写かも知れません。

いつかもう一度スーパーパンクロ50mmf2を探すとして、
戦前のボロを探した方が私の心にかなうかも知れません。
by Sha-sindbad | 2012-10-23 22:31 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)