レンズ千夜一夜

451 振幅 (MSオプティカルのニュー怪物レンズ、見参!)


今朝、畏友のRAさんから宅急便が届きました。
中から何が出現したと思いますか?

    待ちに待っていたもの、
    夢レンズ!

中将姫光学さんがすでに予告されていた、
宮崎貞安さんのMS-Opticalが満を持して世に問う、
究極の標準レンズ!

    Sonnetar50mmF1.1

誤記ではありませんよ。
開放値が1.1しかない!
それなのに、超小型で超軽量(たった190g)です。
ズミルックス35mmF1.4ほどでしょうか?

もっと開放値が暗いライカ用標準レンズたちと比べても、
さらに小型で軽量なのですから、恐れ入ります。

その上、とても美しい!
それ自体の形が美しいばかりではありません。
ライカに付けたときの引き締まったコンパクト感がたまりません!

前玉だけは40mm少しと特大です。
ぐっと半球形にふくらみ、多層膜コーティングも手伝って、
キラキラと輝く姿はゴージャスそのもの。

精神が正常なレンズ愛好家なら、こう呟くでしょう。

    「よし、使ってみよう、
     よく写るなら、いただこう!」

私は違いますね、

    「これはなにが何でも、手に入れる!」

真相は、すでに今年の初め頃でしょうか?
予約ずみです。
宮崎さんが語るF1.1レンズの夢に魅せられたのです。
でも、予約していなくても、このレンズは買うほかはない!

なぜか?

    私の経験は語っています、
    美しい形のレンズはよく写る!

私の一見乱暴な経験則をこのレンズで試してみましょう。

今日は休業日だったので、
午後3時から2時間奈良町を撮りました。
388枚撮って帰りました。

もちろん、設定はいつもどおり、

    彩度、コントラストは最低、シャープネスはオフ。
    ただし、露出はマイナス1から1と2/3にぐっと暗めに。

最初の2枚は開放1.1、
最後の1枚はF5.6。
これだけの振幅で撮れるというところをご覧ください。




b0226423_2129144.jpg

b0226423_21284924.jpg

b0226423_21282195.jpg

by Sha-Sindbad | 2012-09-13 22:02 | Sonnetar50mmF1.1 | Comments(2)
Commented by a1photo at 2012-09-14 07:17
嬉々としている姿が目に浮かぶようです。
いや、みごとな描写。
これでまた、シャッターを押すだけでいいレンズが増えましたね。
Commented by Sha-sindbad at 2012-09-14 22:28
a1photoさん
おっしゃるとおりで、「名レンズおんぶにだっこ撮法」
「我が友ホロゴン」もそうですが、ただの一度も、
「私の創作した作品です」と言ったことがありません。
みんな「写真」「作例」「試写」「結果」、
要するに、ずっと「写責レンズ」。
気楽でよろしいですね。
そんな私ですから、いくら持ち上げても、なにも出ませんよ。