レンズ千夜一夜

406 動物たち (マクロスイター26mmF1.1はやはり夢への扉らしい)



b0226423_22271461.jpg
b0226423_22271395.jpg





1枚目が開放、2枚目はF5.6に絞っています。
昨日、寝屋川で撮りました。

開放であれ、F5.6であれ、描写性は変わりません。
あくまでもあたたかく、あくまでも毅然としています。

うつつと間違う夢があります。
細部までくっきり、明確に見えるイメージ、
だけど、夢、そんな夢をときに見ることがありませんか?

私は幾つか、けっして忘れることのない夢があります。
そんな夢は、隅々まで精密なイメージなのですが、
その基調はあくまでも夢幻、まぼろしの風味。

そんな私のいわば記念夢とマクロスイター画像とは、
とても似ています。
そんな似寄りに気づいて、
このレンズへの愛情がにわかに深まりました。
by Sha-sindbad | 2012-07-30 22:35 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(3)
Commented by nakky85 at 2012-07-31 18:55
>嗚呼、携帯

ほんと、人間同士のコミュニケーションがどんどん上辺だけというか薄っぺらくなってきている気がします。

それはさておき、やはりホロゴンの描写は素敵ですね。あくまで急激じゃない、なだらか~~~な周辺減光の感じが好きなのかも知れません。もちろんツァイス特有の色の深さとか・・・
Commented by Sha-sindbad at 2012-07-31 22:03
nakky85さん
ありがとうございます。
私にとって、ホロゴンは唯一無二。
でも、このマクロスイターの味わいもなかなかのものだと思うのですが......
Commented by nakky85 at 2012-07-31 22:17
もちろんマクロスイターは素晴らしいです。
アルパのレンズですよね?
アルパの一眼レフって独特の形状とか巻き上げレバーが
面白そうですが、絶対触ったら欲しくなっちゃいそうで
手にとるのをためらわれるカメラですね。