レンズ千夜一夜

391 女神 (ズミクロン50mmf2はただのシャープレンズではなかった)



b0226423_2271364.jpg





「釣りはフナに始まって、フナに終わる」そうです。
写真世界でも同様な言葉があります、

    「ライカはズミクロンに始まって、ズミクロンに終わる」

私もご多分に漏れず、ライカM4-Pを手に入れたとき、
ズミクロン50mmf2(第3世代)を手に入れました。
私は当時まだ、ライカを使えるほどの腕がなかったのです。
結局使い切れないままに、手放してしまいました。

ブログを拝見してつくづく溜息が出てしまいます。
皆さん、ニューカメラを易々と使いこなしておられます。

私はよほど才能がないのでしょう。
ズミクロンを手放した後、いろいろなライカレンズを試してきましたが、
ろくな写真が撮れないまま。

ズミクロン50mmf2も、固定鏡胴のオールドズミクロンに憧れ、
新品同様の超廉価版を手に入れて、
「これ贋物じゃないのかな?」と、
おっかなびっくり使ってきましたが、
今日、本腰を入れて使い続けてみて、ついに納得しました。

銀塩で撮っても驚愕させられたのですが、超精密画像。
でも、ただの精密画像ではありません。
とても自然なのです。
パンタッカー50mmF2.3のような魔術性は稀薄ですが、
けっしてドライではありません。

凹みに置かれた女神像を開放で撮ってみました。
しっとりとした味わい。
今すぐに、ライカの締めレンズとするつもりはありません。

キノプラズマート50㎜F1.5だっていつか使ってみたい!
マクロプラズマート50㎜F2.7だって欲しい!
でも、パンタッカーだって、私にとっては夢のレンズ。
そんなところへ、ズミクロン50mmf2が堂々登場した感じです。
ズミクロンがパンタッカー50mmF2.3とコンビを組めば、
メイヤーの2本に負けぬ夢コンビになるかも知れません。
要は、使い込み方次第、使い方次第ですね。
がんばらなくちゃ。
また、目標が1つ増えました。
by Sha-sindbad | 2012-07-14 22:50 | Summicron50/2 | Comments(6)
Commented by yoshipass at 2012-07-15 00:47
ズミクロン50mm、実は昔使ったことがあるのですが、
手におえなくて手放したままになっています。
今でも使える気がしません。
きっとこのまま使えないでしょうね。

ところで、あちらのブログ
>356.06 ホロゴンデイ87「2007年1月14日ホロゴンのお供で奈良壷阪山に」6 正確だからこそ凄い!
の記事の写真が私のシステムでは見えません。
見えないとなると余計に観たいものですm(__)m

Commented by EAP_P at 2012-07-15 03:48 x
長らく「アチラのブログ」を楽しみに拝見していた者です。
最近、たまたま検索でこちらを知り、こっちもあるんだとびっくり!
更新量・質に脱帽です。
以来、アチラ同様こちらも楽しみに拝見しております。

ズミクロン50mm、私もかつて使っていたことがあり、すごくいいレンズで、とても頼りにしてました。
懐かしく思い出し、コメントさせていただいた次第です。

今後とも、よろしくお願いします。
Commented by Sha-sindbad at 2012-07-15 12:03
yoshiさん
yoshiさんの世界は、
スーパーアンギュロン21mmf3.4とズミクロン35mmF2八枚玉で
完璧に構築されつつあります。
どちらも厳しい描写だけど、即興性に富んでいる、そんなレンズ。
今でも、yoshiさんが他のレンズを使うと、
あ、今、遊んでいるな、そんな感じがします。
この2本のモノクロームが登場すると、
yoshiさんの「五月雨をあつめて早し最上川」的世界に戻った感じで、
いつも心が躍ります。
ズミクロン50mmf2は余計、そんな感じがします。
「わが友ホロゴン」で写真が見えないことが前にもありましたね。
もう一度、全部入れ直します。
それでもダメなら、教えて下さい。
Commented by Sha-sindbad at 2012-07-15 12:17
EAP_Pさん
ありがとうございます。
あちらはただの日記をひっそり付けています。
こちらは愛するレンズたちのために始めました。
でも、特殊なブログなので、こちらもひっそり続けています。
要するに、絶海の孤島ブログですが、
そんなものでよければ、ようこそ!
Commented by 川越 at 2012-07-19 11:13 x
上の着物を写したズミクロン、こちらのズミクロン。まるで違うレンズで写したかのようです。ズミクロンは使いこなせず手放してしまいましたが、こんな写真を見ると使いこなせないのを忘れてまた欲しくなります。浅はかだなぁ。
Commented by Sha-sindbad at 2012-08-21 18:28
川越さん
コメントに気づかず、もうしわけありませんでした。
私も川越さんと同じことを幾度も幾度も重ね、
幾度も後悔してきました。
でも、レンズって、縁のもののようですね。
縁がないと、応えてくれません。
だから、手放してしまう。
でも、また、縁ができるかも知れない。
そのとき、そのレンズで撮る時節が到来するのかも知れませんね。
そのときが刈り入れの時なのでしょう。
私は、この1年、うなされたように、レンズを手に入れてきました。
どうやら落ち着くときがきたようです。
これから、じっくりと一本一本付き合ってみたいと思います。
でも、ほんとはたったの一本、これが最高なのですけどね。
レンズも、女性と同様に、ただ一人を愛するのが一番。