レンズ千夜一夜

363 猫 (キネタール50mmF1.8はやっぱりスーパーレンズ!)



b0226423_2127423.jpg




昨日土曜日に続いて、今日も持ち出しました。

    キネタール50mmF1.8

自宅からずっと歩き通して、奈良町に入り、
元興寺の庭をのぞいてみました。
花盛り。

我が家の末娘(猫ですが)静そっくり、
と言っても、静ほど美しくはありませんが、
かなりきりっと美貌の猫が姿を表しました。
もちろん私が猫ずきで、しかも写真好きと分かったらしく、
花の間でしばしポーズをとってくれました。
数枚撮った後で、

    「じゃ、別の場所で撮ってみてね。
     ユージン・スミスの「楽園への歩み」の猫バージョン!」

と言ったかどうかは、ちょっと不明ですが、
すたすたと、私の前を通過して、2本の木の間に。

キネタール50mmF1.8は実効75㎜の長焦点なので、
そのままの位置でただカメラを持ち上げるだけで撮れました。

宮崎さんに先ほど改造のお礼の電話を差し上げました。

宮崎さん、「真っ黄色になるのは、どう処理していますか?」
私、「えっ、黄色になりますか? ぜんぜん気が付かなかったですよ」

そう言えば、黄色っぽいのかも知れません。
でも、昨日の陶器の犬の白い毛の部分だって、
純白ではないにしても、黄色っぽくは感じません。
以前使ったリンホフ用のクセノタール105㎜とか、
東独ツァイスのパンカラー55mmF1.4なんか、
どんな画像も真っ黄色でした。
それに比べたら、かわいいものです。

その上、私の場合、ほとんど色彩のない光景を撮りますし、
色と言えば、赤だけしか撮りませんので、
むしろ好都合かも知れません。
今日500枚ほどキネタール50mmF1.8で撮りましたが、
その中で一番のお気に入り。
by Sha-sindbad | 2012-06-17 21:29 | Kinetal50/1.8 | Comments(2)
Commented by nakky85 at 2012-06-18 22:44
ワタクシは古いレンズのことはトンとわからないのですが・・・
この「キネタール50mmF1.8」っていうのは素晴らしい写りですね。
キネっていうからには映画用なのでしょうか・・・
そして一般的な映画用なら、35mmのハーフサイズ用ということでしょうから、このAPS-Cサイズにまさにうってつけの設計なのかも知れませんね。
Commented by Sha-sindbad at 2012-06-19 22:31
nakky85さん
ところが、このレンズ、ライカのフルフレームで使えるのです。
四隅がほんの少しけられる程度のようです。
ライカM9が退院してくる日を指折り数えて待っているのは、
このレンズを使ってみたいからなのです。