レンズ千夜一夜

360 あれこれ (マクロスイター26mmF1.1は2段絞りで強烈画像に)



アルパ用のマクロスイター50mmF1.8の影響でしょう、
マクロスイターという名前のレンズに激しくこだわってしまいます。

昨日の出勤には、マクロスイター26mmF1.1を持参しました。
このレンズの特徴はもちろん開放値にありますが、
昨日は、開放では撮れない天候。
F2.8に絞って撮りました。

昔から、古いレンズは2段絞るのが鉄則と言われてきましたが、
マクロスイター26mmF1.1も2段絞ると、
猛烈に引き締まります。
液晶画面で見ても、たちどころに分かります。
とてもピント合わせをしやすいレンズ。

Cマウントのマクロスイターは総じて、このタイプ。
アルパ用が柔和で落ち着きのある大人の風格とすれば、
Cマウント用はきりっと引き締まった、
だけど甘いマスクのイケメン。

開放値を考え合わせますと、
このレンズ、夜昼問わず、天候問わずの
万能レンズと言えそうです。




b0226423_18132038.jpg
b0226423_18124859.jpg
b0226423_18124142.jpg
b0226423_18125533.jpg

by Sha-sindbad | 2012-06-14 18:14 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)