レンズ千夜一夜

330  絵看板 (パンタッカー40mmF2.3は素行正しい弟だった)



b0226423_181639100.jpg




調べていないので、良く分かりませんが、
アストロ・ベルリンのパンタッカーというレンズ、
おそらく1930年代から製作されていたようです。
私のパンタッカー50mmF2.3はノンコーティングなので、
おそらく戦前のレンズ。

昨日使ったのは、その弟分、

    パンタッカー40mmF2.3

かなり新しいレンズの感じがします。
宮崎さんのお話では、レンズを研磨した上コーティングをしたようで、
もともとノンコーティングだったかどうかは不明なのですが、
レンズの白抜き刻印がまだとても美しく見えるからです。
戦後70㎜の時代まで作られていたようですから、
40mmは戦後のレンズのような感じがします。

写りは、パンタッカー50mmF2.3とはかなり違い、
周辺までなんら破綻なく、見事に写ります。
新品同様にピカピカのパンタッカー75mmf2.3ととても良く似ています。

もしかすると、アストロ・ベルリンは、
ツァイスやスピードパンクロのようなナチュラルにかつ平面性よく写る方向に、
方針を転換していったのかも知れません。

私としては、ちょっとがっかり。
でも、これだけ見事に写るのに、
だから文句を言うなんて、バチがあたりますね。
by Sha-sindbad | 2012-05-13 18:45 | PanTachar40/2.3 | Comments(2)
Commented by nakky85 at 2012-05-14 15:00
バンコクのちっちゃい寝てるネコ、可愛い~~~!
Commented by Sha-sindbad at 2012-05-14 21:56
nakky85さん
バンコクの人たちも犬猫好き、大事にしています。
でも、今回のでっかい猫も可愛いと思うんですけどねえ......