レンズ千夜一夜

223 お能人形 (アンジェニュー25mmF1.4はきっと優れたシネレンズ)

b0226423_214261.jpg




今から10年以上前のことです。
ある写真家に写真を見ていただいたことがあります。
高名な写真家です。
とてもあたたかい方で、真剣に写真をご覧になります。
2度ごらん頂いたのですが、
いつも熱情溢れたご批評を頂くことができました。

写真が本当にお好きなのです。
その方がこうおっしゃっいました、

    「コンセプトを持たない写真家は、
     コンセプトをもって撮る写真家に到底かなわない」

私が写真をあきらめたのは、この瞬間だったかも知れません。

    きっと人生を賭けたいほどのコンセプトなんか、
    ちらっとも思いつかなかったせいでしょう。
    そんな退屈なこと、したくない!
    脳天気に、極楽至極に、その日その場で撮りたいものを撮る、
    それが人にどう印象を与えるかなんか、気にしていられるか、
    自分が、心から楽しめたら、それでいいじゃないか!

私の気持ちはそうでした。

それからは背伸びをするのはやめました。
人に評価してもらうことに意味を感じなくなったのもこの時から。
だから、今回のような写真が撮れるようになったのです。

写真を撮るとき、自分の気持ちしか考えない。
自分のためにしか、写真を撮らない。
とても気楽です。

そんな私の気持ちに沿った写真をちゃんと撮ってくれる、
それが、私にとっての名レンズ。

そんな風に考えると、
アンジェニュー25mmF1.4は大変な銘玉。

ホロゴン15mmF8と同じように、
私が撮りたいと思ったイメージよりも、
はるかに素敵なイメージをプレゼントしてくれます。

私の写真だとは思いません。

    レンズの賜物。

これを素直にレンズのものと認められるようになったのも、
自分が写真作品を撮るスタンスから訣別したから。
by Sha-sindbad | 2012-01-31 02:04 | Anjeniueux25/1.4 | Comments(4)
Commented by nakky85 at 2012-01-31 09:43
写真のコンセプト・・・
これは考えされられますねぇ。
ひいては「何のために写真を撮ってるのか?」っていうことにも繋がりかねないですしねぇ。

結局は「ヒトとヒトとの繋がりの一助」に行き着くと思うんですけどね。
それは大多数のヒトのコンセプトであって、自分オンリーのものではないでしょうしねぇ・・・

「自分は何のために写真を撮っているのか?」という問いの答えを探すために写真を撮ってる・・・
なんてなっちゃうと、哲学の領域ですね(笑)
Commented by Sha-sindbad at 2012-01-31 17:40
コンセプトって、写真を創作と考える人たちの、
いわば創作理念。
nakky85さんも私も、写真は人生と考える人間。
こんな人間には、写真撮影のためのコンセプトなんて、要りませんね。
私はそう考えています。
Commented by モンタナ at 2012-08-19 21:36 x
お邪魔します。

「人に評価してもらうことに意味を感じなくなったのもこの時から。
だから、今回のような写真が撮れるようになったのです。」

上記の言葉に痺れ感動しました。

なるほど・・・深く考えさせられ反省している自分です。

自分で好きにやっている事、人様の評価など関係ない。

簡単に、そんなところでしょうか?

失礼しました。
Commented by Sha-sindbad at 2012-08-21 18:20
モンタナさん
私の気持をよくご理解いただき、ありがとうございます。
おっしゃるとおりです。
少し言いかえますと、
人が評価しなくても、
自分の写真を心から愛せるようになったのです。
つまり、自由になった、そう考えたいですね。