レンズ千夜一夜

155 紅葉 (パンタッカー35mmf1.8持つと、別のものが見えてくる)



b0226423_11111691.jpg




どんなレンズを使っても、
見事にご自身の作品を創造する写真家がいます。
レンズは道具、筆であって、絵を描くのは、道具の使い手、
というわけです。

私の場合、レンズが主体、
私は使わせてもらっているという関係。
ですから、レンズごとにまるで違う写真になります。

パンタッカー35mmf1.8はおそらく戦前の映画用レンズ。

得体の知れない筐体に包まれて、我が家に到着しました。
まるで、風雨の夜、蓑に身を包み、深く傘をかぶって転がり込んだ、
股旅者という風情でした。
「ごめんなすって!」という渋い声が聞こえて、
傘を取り、蓑を脱ぐと、なんとも無骨なずんどう野郎。
でも、歌を歌うと、なんともニュアンス豊かな調べ。

今回は、路傍のタタキの割れ模様を撮ってみました。
最短撮影距離60㎝程度でしょうか?
私には、なんとも面妖なイメージが浮かび上がるのですが、
これは私の内面が生み出す、心の反応でしかありません。

これがどう見えるかは、あなたにお任せします。
by Sha-sindbad | 2011-11-21 11:13 | PanTachar35/1.8 | Comments(6)
Commented by nakky85 at 2011-11-21 11:28
これはこれは、またずいぶんクリエイティブな作品です。
ナニに見えるとかどうとかより、これは「価値のないモノに価値を与える」クリエイティブそのものです。

そこがホロゴンさんの凄いところ!

ワタクシの目には「写真の枯山水」に見えます。
Commented by k7003 at 2011-11-21 22:03
それなら、ボクも、、、と、いったん引っ込めた,ボクの大阪城での「貌」を今から準備してアップします。もう寝ようとおもっていたのにぃ、、、、(^_-)
Commented by Sha-sindbad at 2011-11-21 22:25
nakky85さん
こんな遊びにのっていただき、もうしわけありませんね。
ずっと誰からも無視されてきた遊びなので、嬉しい。
結局は、ロールシャッハ風に、好きなように見ればよいのですが、
私には、あちこちに顔が沢山浮かんでくるのです。
でも、nakky85さんに言われて、中国風の枯山水にも見えてきました。
Commented by Sha-sindbad at 2011-11-21 22:27
NKさん、
楽しみにしています。
NKさんの大阪城は、
私の茫漠たる亡霊風の大阪城ではなくて、
きっと眼を見張るようなダイナミズムで甦る、
峨峨たる城郭だろうと推測しています。
Commented by nakky85 at 2011-11-22 00:04
ワタクシは「アートはインパクト」だと思っています。
その写真みたいな絵とか絵みたいな写真ってのは
その「手法がインパクトがある」ということだと思います。
ナニを表現しようかとかそういうのとは別次元のハナシで・・・
いや、他にもいろいろあるようですがどれも凄いですね。
本末転倒のキワミとは思いますが・・・確かに。
Commented by Sha-sindbad at 2011-11-23 18:36
nakky85さん
確かにおっしゃるとおりです。
そして、現代アートだって、
ぐっと心に食い込んでくるものがあります。
どんなアートも実物を見てみないことには、
正しい評価はできませんね。