レンズ千夜一夜

62 植物 (スピード・アナスティグマート25mmF1.5で見る夢も又いい)



レンズは夢の道具ですね。

写真にも、いろいろ楽しい夢があります。

    ある方は、写真家になることを夢見ます。
    ある方は、写真コンテストに入賞することを夢見ます。
    ある方は、写真クラブでトップまで登り詰めることを夢見ます。
    ある方は、「私は写真家の※※です」と自己紹介することを夢見ます。

私は、ちょっと変な夢を見ます。

    そのカメラ、そのレンズで撮れると思えないような写真を、
    そのカメラ、そのレンズが撮ってくれることを夢見ます。

その前提として、そのカメラ、そのレンズが性能を発揮するように、
一定の修練、慣れは必要でしょう。
でも、けっして、思うがままに使いこなそうとは夢見ません。

できたら、自分が撮れるとはとても思っていなかったような写真を、
思いがけないところで、思いがけない瞬間にプレゼントしてくれる、
そんな願いをカメラ、レンズに込めて、
うやうやしく撮らせていただいています。

    あっと驚きたいのです。

    よくぞこんな写真を撮ってくれましたと、
    カメラ、レンズにお辞儀をしたい、そんなことを夢見ています。

ですから、私は、私の撮った写真を、
私の作品でございます、なんて胸を張るつもりはありません。

映画のカメラマンがこんな風に自慢するでしょうか?

    「ああ、小津安二郎の東京物語ね、
     あれは全部私が撮ったんだよ」

ナンセンスですね。
私も同じことを感じます。

私は、こんな考え方を人に押しつけるつもりはありません。
私の撮り方がそうだから、私はそう考えるのです。

    実にイージーに撮ることにしています。
    いい、そう思ったら、次の瞬間にはシャッターを押しています。
    なにも考えない。
    写真を作ろうとしない。
    すべてをレンズに任せます。

そんな私の撮り方に一番似合うレンズ、それが、

    スピード・アナスティグマート25mmF1.5

    とにかく開放で、そっち向けて、さっと撮ります。
    もちろん拡大したライブビューでピントは合わせます。
    でも、白昼、実画面に直すと、液晶画面を見ても、
    ちょっと遠視が始まっている私の目にはよく分からないので、
    画像効果はチェックしません。

ちゃんと撮れてるじゃないの?
そうおっしゃる方もおいででしょう。
私は、可能な限り、最接近するのです。
そうすれば、余分なものは写りません。
だから、そう見えるだけ。
私は回りなど見ていませんから、
私が構図を決めたわけではない。

そんな撮り方でも、ピントだけ合わせておけば、
スピード・アナスティグマートはこんな写真をくれます。

一生、お付き合いさせていただくつもりです。
私の夢の1つ、それが、

    スピード・アナスティグマートに写真をプレゼントしてもらうこと。



b0226423_16542786.jpg

b0226423_16541091.jpg

b0226423_16542097.jpg

by Sha-sindbad | 2011-08-14 17:01 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)