レンズ千夜一夜

1720 新大阪(ウルトラワイドペラール17mmF4.5改めて試写)Part 2


ウルトラワイドペラール17mmF4.5については、
撮影に関する考えを改めました。

このレンズは、なんと言っても、現代のレンズなのです。
17ミリほどの超広角レンズに、ボケ味だの、マクロだのを求める、
これは一般的にはナンセンス。

超広角の活かしどころはパンフォーカス描写にこそあります。
宮崎さんご自身、レンズ設計段階で、17ミリをマクロ的に使用するなど、
夢にも考えず、設計にもそのようなコンセプトは盛り込まなかったのは当然。
だとすると、開放描写での平坦性を求めるなんて、ないものねだり。
レンズは最高に能力を発揮する場面で評価するのが正しい。

新大阪では、ときに開放も使いましたが、3対1の割合でF8に絞りました。
ホロゴンの15㎜とは僅かな差ですが、使いやすさは遥かに勝りそうです。
超広角を使いたい方にどんどん使って頂きたいレンズ。

どんどんご覧頂きましょう。




b0226423_1643258.jpg
b0226423_16425765.jpg
b0226423_1642495.jpg
b0226423_16424329.jpg
b0226423_16423682.jpg
b0226423_1642307.jpg
b0226423_16422368.jpg
b0226423_16421723.jpg
b0226423_1642102.jpg
b0226423_1642343.jpg
b0226423_16415637.jpg
b0226423_16414983.jpg
b0226423_16414256.jpg
b0226423_1641354.jpg
b0226423_16412928.jpg
b0226423_16412227.jpg
b0226423_16411349.jpg
b0226423_1641792.jpg
b0226423_1641045.jpg
b0226423_16405425.jpg
b0226423_16404786.jpg
b0226423_16404135.jpg
b0226423_16403573.jpg
b0226423_16402894.jpg
b0226423_16402023.jpg
b0226423_16401389.jpg
b0226423_164071.jpg
b0226423_1640082.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-01-17 17:37 | UrtraWidePeral17.8mm | Trackback | Comments(0)

1719 新大阪(ウルトラワイドペラール17mmF4.5改めて試写)Part 1


17年1月14日土曜日、
RJ先生の二胡教室のため新大阪に参りました。
持参したセットは、
ソニーα7
ウルトラワイドペラール17mmF4.5

宮崎さんからお電話をいただいたのです。
性根を入れてお作りになった最新の超広角レンズについて、
前作のペラール21mmF4.5ほどの性能が出ていないのではないか、
とちょっと懸念されているのです。

私はレンズに関してまったく専門知識を持たず、
ただ使用感だけでレンズたちとつき合っています。
その基本理念は実に簡単です。
すべてのレンズに活かしどころがある。
だから、愛情を持ってつき合い、決して他のレンズと比較しない。

ペラール21mmF4.5がすばらしいレンズであることは、
本ブログの5つの記事で明らかです。
でも、ウルトラワイドペラールの方もこれに勝るとも劣らない。
まさに名玉であることを疑ったことはありません。
このレンズもすでに5つの記事を入れていますから、
ご覧いただければ、納得していただけるでしょう。
そこで、今回改め、持ち出して、検証してみたのです。






b0226423_1721434.jpg
b0226423_17213017.jpg
b0226423_17212342.jpg
b0226423_17211735.jpg
b0226423_17211089.jpg
b0226423_1721320.jpg
b0226423_17205668.jpg
b0226423_17204960.jpg
b0226423_17204165.jpg

c0168172_17115959.jpg
c0168172_17114853.jpg
c0168172_17114124.jpg
c0168172_17112689.jpg
c0168172_17112045.jpg
c0168172_17111210.jpg
c0168172_1711666.jpg

c0168172_17105875.jpg
c0168172_17105090.jpg
c0168172_17104597.jpg
c0168172_17103725.jpg
c0168172_17103181.jpg
c0168172_1710239.jpg
c0168172_17101752.jpg
c0168172_1710247.jpg
c0168172_1795557.jpg
c0168172_1794994.jpg
c0168172_1794211.jpg
c0168172_1793685.jpg
c0168172_1793041.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-01-15 17:25 | UrtraWidePeral17.8mm | Trackback | Comments(0)

1709 新大阪(スピードアナスチグマート25mmF1.5が午後を静かに散策し)Part 2



副題 オブリビオンoblivion こそ我が命


「真善美」
三つの至高の美徳。
でも、どれをとっても、到達するのは大変に難しい目標です。

なにが「真」であるか、永遠に論争が続くでしょう。
どうでもよいことについて、真実を見つけることは、
もしかすると、たやすいことかも知れません。
でも、根本的に大切なことについては、
常に無限の可能性が去来して、答えが出ないものです。

「善」と来たら、さらに難しい。
数知れない道があって、時代により、人により、状況により、
答えのバリエーションは数知れない。

でも、「美」の可能性もまた、真善に劣らず、無限ですね。
そして、写真、レンズも、必ずしもアートではないとしても、
自分にとって美を追究するプロセス、道具であると言えそうです。

先日京都で写真展を開かれた写真家の日高紀志子さんが、
ご自分の写真を写真葉書にして十数枚郵送して下さいました。
すべて銀塩のポジフィルムで撮影されたカラー作品。
別ブログ「わが友ホロゴン」に鑑賞記事を書かせていただきました。
667.02 ホロゴンニュース2「2016年11月25日日高紀志子さん、最後の写真展なの?」
http://ultrawide.exblog.jp/26182425/

とてもナチュラルで、子供達への愛情に溢れた写真群です。
日高さんの写真葉書を一枚一枚繰って、卓上に並べて、納得しました。
これが写真の美なんだ!
まさに子供スナップの王道を歩む写真群です。
そう、私も写真人生の前半20年ではこんな写真を理想にしていたんだ。

でも、ホロゴン15㎜F8に出会ってからの20年余は、
誰もが写真の美と認める写真世界から完全にかけ離れた、
完全に私のプライベートな価値観の写真世界を追究してきたようです。

私の写真と日高さんの写真たちを並べてみると、はっきり分かります。
私は、自分の写真を鑑賞する他人の目を完全に捨象してしまっている。
自分だけが見るもの、自分だけに分かるものに視点を限ってしまっている。
そこで、はっきりと悟りました。
私のお気に入りのレンズたちって、そんな私の志向を援助するものばかり。
結局、オブリビオンoblivion こそ、私の写真の理想なのだ、





b0226423_23364152.jpg
b0226423_233632100.jpg
b0226423_23362515.jpg
b0226423_23355747.jpg
b0226423_23354727.jpg
b0226423_23353974.jpg
b0226423_2333574.jpg
b0226423_23335018.jpg
b0226423_23334217.jpg
b0226423_23325214.jpg
b0226423_23324420.jpg
b0226423_23323758.jpg
b0226423_23323040.jpg
b0226423_23322426.jpg
b0226423_23321346.jpg
b0226423_2332533.jpg
b0226423_2331351.jpg
b0226423_23305466.jpg
b0226423_23304713.jpg
b0226423_233041100.jpg
b0226423_2330348.jpg
b0226423_23302799.jpg
b0226423_23302028.jpg
b0226423_2330128.jpg
b0226423_2330589.jpg
b0226423_23295987.jpg
b0226423_23295213.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-01-11 23:26 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Trackback | Comments(0)

1708 新大阪(スピードアナスチグマート25mmF1.5が午後を静かに散策し)Part 1


近頃、Cマウントレンズが連続しています。
スピードアナスチグマート25mmF1.5は、私にとってはスペシャル。
心穏やかに写真を撮れるレンズのベスト5に入る傑作レンズです。
とくに、ソニーNEX-5に付けると、穏やかさが一段と際だちます。

銀塩時代のカメラは、言わば「受け皿」でした。
カメラが写りに与える影響と言えば、
レスポンスの良さがスナップの結果を左右する、この程度だったでしょう。
カメラごとに描写が変わるということはありまえせんでした。
レンズとフィルムの共同作業でした。

ところが、デジタルカメラになると、カメラ内部ですでに、
画像処理のためのデジタル加工が行なわれているようです。
ニュートラルに情報処理をするというコンセプトそのものが存在しない。
各社それぞれにユーザーの撮影技術をバックアップし、かさ上げする、
そんな美化処理がなされているらしいですね。
つまり、光学よりも電気的機能を重視する点で、
現代のカメラは光学機器である前に、ただの電気製品なんだ、
そう言っても、間違いではないと思います。

そのうえ、RAW現像それ自体が、ユーザーの意図通りに、
あるいは意図を超えて、データを美的処理する仕組み。
「私って、こんなに素敵な写真家なんだ!
アーチストなんだ!」
そう思って頂けるように、各社がんばってくださっているわけです。

現代のお化粧に似ています。
その人の美しさを引き立てる、それが昔のお化粧。
今は、その人にない美しさを作り出す小道具。
新婚旅行で化粧をとった新婦を見て、「騙された!」
でも、これは新郎の考え違い、というものです。
なんですか?
生涯の伴侶を顔で選んだのですか?
心で選んだら、そんな気持ちにはならないはず。

レンズも同じです。
各社カメラの画像処理の向こうにある、
レンズそのものの描写性を確かめたいですね。
その点、スピードアナスチグマート25mmF1.5は盤石です。
Cマウントレンズ中のボケレンズの白眉とされていますが、
しっかりとものを見つめる姿勢は天下一品です。






b0226423_23243882.jpg
b0226423_23243021.jpg
b0226423_23242392.jpg
b0226423_23241726.jpg
b0226423_23241163.jpg
b0226423_2324529.jpg
b0226423_23235963.jpg
b0226423_23235227.jpg
b0226423_23234621.jpg
b0226423_23233982.jpg
b0226423_2323326.jpg
b0226423_23232672.jpg
b0226423_23231927.jpg
b0226423_23231345.jpg
b0226423_2323455.jpg
b0226423_23225815.jpg
b0226423_23225267.jpg
b0226423_23224538.jpg
b0226423_2322383.jpg
b0226423_23223120.jpg
b0226423_23222438.jpg
b0226423_23221813.jpg
b0226423_23221281.jpg
b0226423_2322665.jpg
b0226423_23215467.jpg
b0226423_23214763.jpg
b0226423_23214069.jpg






b0226423_23223120.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-01-10 23:52 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Trackback | Comments(0)

1707 脇道(スピードアナスチグマート25mmF1.5ならバス道も沸き立って)


妻から日頃迫られていることがあります。
楽器の学習を一つに絞るべき!
最高の演奏家に師事できる二胡に絞るべき!

ところが、ここだけの話。
私が今楽しんでいる楽器は揚琴、二胡、リコーダーなのですが、
棄てるとしたら、決まっています。
二胡。

なぜ?
まともに弾けるようになるまでに何年もかなり、
弾けるようになっても、弾けるのは小曲だけ。
曲をしっかり弾くためのすべてのテクニックをマスターするのは無理。
もっとも難しい楽器なのですから。

問題は一つ。
どうやって妻に納得させるか?

その点、レンズなら問題はありません。
レンズ性能の面で甲乙を付けることはできるのでしょうが
そんなことはしたくない。
レンズ性能なんてどうでもいい。
私が気に入るような写りであれば、それで十分。
そんなレンズなら、全部まとめて面倒を見てあげよう!

そんな評価基準で行けば、
スピードアナスチグマート25mmF1.5は軽く合格。




b0226423_22515282.jpg
b0226423_22514579.jpg
b0226423_22513987.jpg
b0226423_2251338.jpg
b0226423_22512716.jpg
b0226423_22512198.jpg
b0226423_22511485.jpg
b0226423_2251875.jpg
b0226423_2251149.jpg
b0226423_22504055.jpg
b0226423_22503398.jpg
b0226423_22493891.jpg
b0226423_22492964.jpg
b0226423_22492175.jpg
b0226423_22491459.jpg
b0226423_2249619.jpg
b0226423_22485731.jpg
b0226423_22485099.jpg
b0226423_22484263.jpg
b0226423_22483565.jpg
b0226423_22482787.jpg
b0226423_22481866.jpg
b0226423_22481226.jpg
b0226423_224852.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-01-09 10:18 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Trackback | Comments(0)

1706 ただ、さりげなく(キノプラズマート25mmF1.5は普通のものが好き?)Part 3

おかしなことを言うと言われるかも知れませんが、
いつも私が不思議に思っていることがあります。

世界中の至る所で、私の知らない場所で、私の知らない人間たちが、
私の知らない人生を毎日営々と営んでいる。
私の想像もできない疾風怒濤の来事に巻き込まれて、翻弄されている。

子供の頃、オーストラリア大陸のシロアリの巣の研究を読みました。
高さ数mから10mに及ぶ巨大な蟻塚の摩天楼の中に、
数十万、数百万のシロアリたちがひしめき、
暗黒の迷路を絶えず動き回りながら、シロアリの都市を営んでいる。
誰も全貌をつかまず、誰もその細部の出来事の報告を受けることもなく、
ただひたすら自分の仕事を黙々と果たして生き、死んで行く。

地球上の人類もシロアリもまったく同じ生態を営んでいるのです。
一つ違うことは、今では、地球そのものが一つの蟻塚になってしまったこと。
この蟻塚から「ハイ、サヨナラ、一抜けたよ」と抜け出ることなんてできない。

人類がこんな実感をもつようになったのは何時頃からでしょうか?
おそらくここ10年、20年のことではないでしょうか?
あなたはどう感じていますか?
凄い時代になった!
どんなにも無限の可能性が開かれた時代が来た!
未来は明るい!
こんな風にお感じでしょうか?
だとすれば、あなたは幸せな人です。
見たくないものは見なくて済ませられる、
そんな生き方ができるのですから。

こんな風にたとえることができそうです。
渓流を遊覧船で下っている、それが私たち。
幾度も屈曲しながら比較的なだらかに下って行きます。
私たちは、その渓流の遥か前方で、突然大陥没が起こり、
ナイアガラさながらの大瀑布が出現したことを知らない。
でも、着実にその大瀑布に向かって流されて行きます。
両側は切り立った断崖で、停船することも、這い上がることも無理。

だから、いつか突然大瀑布に転落することを知っても知らなくても、
運命は変わらない。
こうなると、残された時間を楽しむ、ただこれだけしかない。
私はそんな気持ちで写真を撮っています。

「えっ、こんなボケ写真撮って、ほんとに楽しいの?」
そうお感じになる方は多いでしょうね。
そう、私は時代遅れの人間なのです。




b0226423_1643616.jpg
b0226423_16425636.jpg
b0226423_16424952.jpg
b0226423_16424321.jpg
b0226423_16423036.jpg
b0226423_16422363.jpg
b0226423_16421781.jpg
b0226423_16421096.jpg
b0226423_1642390.jpg
b0226423_16415731.jpg
b0226423_16414451.jpg
b0226423_16413722.jpg
b0226423_16412938.jpg
b0226423_16412242.jpg
b0226423_16411762.jpg
b0226423_16411040.jpg
b0226423_1641362.jpg
b0226423_16404547.jpg
b0226423_16403886.jpg
b0226423_16403246.jpg
b0226423_16402431.jpg
b0226423_16401197.jpg
b0226423_1640576.jpg
b0226423_16395956.jpg
b0226423_16395370.jpg
b0226423_16394743.jpg
b0226423_1639402.jpg
b0226423_16393315.jpg
b0226423_16392619.jpg
b0226423_16392046.jpg
b0226423_1639133.jpg
b0226423_16304260.jpg
b0226423_16303483.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-01-07 18:01 | Kinoplasmat25/1.5b | Trackback | Comments(0)

1705 ただ、さりげなく(キノプラズマート25mmF1.5は普通のものが好き?)Part 2


師走は一年で一番忙しい時期とされていますが、
新年正月も忙しいですね。
かろうじて写真をブログ原稿にすることができました。

正月に旅行をして、旅先で新年を祝う方がおられますね。
私は生涯、そんなリゾートも、そんな贅沢もしたことありません。
そんな金も時間的余裕もないからですが、
たとえあっても、しないでしょう。
結局、ゆったりと無為のときを過ごす、
そんな贅沢とは無縁の生涯となりそうです。

こんな余裕、ゆとりが人間に幅を持たせるんだよ、
そうおっしゃる方もおいででしょう。
私に言えることは、
どうぞ、どうぞ、
ご勝手に余裕、ゆとりの人間におなりになってください。

というわけで、そんな余裕、ゆとりのない人間が撮った写真を
ひたすらセカセカ掲載させていただくことにしましょう。




b0226423_23354793.jpg
b0226423_23353245.jpg
b0226423_23352739.jpg
b0226423_23352059.jpg
b0226423_23351439.jpg
b0226423_233568.jpg
b0226423_2335022.jpg
b0226423_23345454.jpg
b0226423_23344744.jpg
b0226423_23344115.jpg
b0226423_23343310.jpg
b0226423_23342630.jpg
b0226423_23342012.jpg
b0226423_2334915.jpg
b0226423_2334297.jpg
b0226423_23335662.jpg
b0226423_2333505.jpg
b0226423_23334373.jpg
b0226423_23332289.jpg
b0226423_23331623.jpg
b0226423_23331054.jpg
b0226423_23333100.jpg
b0226423_23325769.jpg
b0226423_23325121.jpg
b0226423_23324382.jpg
b0226423_23323744.jpg
b0226423_23323220.jpg
b0226423_23322537.jpg
b0226423_23321764.jpg
b0226423_2332962.jpg
b0226423_2332258.jpg
b0226423_23314884.jpg
b0226423_23314031.jpg
b0226423_2331334.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-01-05 23:30 | Kinoplasmat25/1.5b | Trackback | Comments(0)

1704 ただ、さりげなく(キノプラズマート25mmF1.5は普通のものが好き?)Part 1



ありふれたものを撮って、ありふれていないイメージを生み出す、
そんな名人がいます。
私が大好きなブログは大抵そんな写真で溢れています。
私の場合は違います。
ありふれたものを撮って、ありふれたイメージを写真にするだけ。

だけど、私だけに分かる仕掛けが隠されています。
私は、そんなありふれたイメージに異形の存在をはっきり知覚する、
そんなアプローチを自然にしてしまいます。

私はとても平凡でありきたりの人間です。
ずっとそんな人生を送ってきました。
でも、至る所で、そこにあるはずのない、あるいは、
この世にあるはずのない、生まれて初めてのイメージに出会って、
心をときめかしてしまうのです。

それが実体のある存在でなどと、信じたことはありません。
私の心の中のイメージ、ただの幻像だと、心得ていながら、
でも、こんなところに隠れていたんだねえ、と心がときめく。
実体はなくても、リアリティを感じることができる。
一種の幻覚ですが、とても地道で、とてもありふれているので、
「幻知覚」とでも言うことができそうです。

子供の頃からそうでした。
だから、誰もが程度の差はあれ、私と同じような幻知覚をもっている、
私はぼんやりとですが、そう考えてきました。
今では、どちらかと言うと、少数派らしいと分かっています。
この幻知覚には法則性などないので、
同じように感じる人はむしろ少ないらしい、
ということも分かってきました。

ロボグラフィ、というのは、まさにこの幻知覚の体験写真。
私の撮る写真には、かなりの割合でロボグラフィが含まれています。
私の幻知覚は、私の固有の法則に沿っているらしくて、
ぱっと一目見ただけで、それと知覚し、
いつ観ても、同じものが浮かび上がります。

幻知覚の持ち主でない方が私のブログを見ますと、
笑ってしまうでしょう、
「この人、なに撮っているの?
こんなゴミ箱写真を平気で掲載するなんて、
写真の選び方をぜんぜん知らない、ド素人だね」

我が家からバス停までの3分間と、新大阪で撮った写真たち、
オリンパスEP-L1にキノプラズマート25㎜F1.5を付けて撮りました。
全写真、なんでこんなところを撮るの、と、
誰もが納得しないゴミ箱写真。
それに引き換え、私はご機嫌です。

上記のようなことを意識的に覚知したのは7年ほど前でしょうか?
本ブログと別ブログ「わが友ホロゴン」を始めた頃は、
まだ、少しは人にアピールできる写真を掲載できるだろう、
そう考えて、かなり人目を意識して、写真を厳選していました。
ところが、まったく人目など惹かなかったので、
なんだか自分の写真と、人が写真に求めるものとがずれている、
そんな風に気づき始めました。
そして、掲載写真の主流が次第にロボグラフィに移るにつれて、
人にアピールするなんて、私にはなんの意味もないことが分かってきました。

「忠臣は二君に仕えず 」で行かなくちゃ。
なぜって、人生は短い、「少年老い易く学成り難し」だ!
ロボグラフィが私の命なんだから!
そうはっきり自覚したのは5年ほど前でしょうか?

というわけで、もう今回も、ロボグラフィだけをずらりと並べました。
キノプラズマートも、スピードアナスチグマート25mmF1.5に劣らぬ、
幻知覚レンズなんだなあ、とご機嫌になっています。





b0226423_063965.jpg
b0226423_063329.jpg
b0226423_062814.jpg
b0226423_062233.jpg
b0226423_061679.jpg
b0226423_06941.jpg
b0226423_06399.jpg
b0226423_05534.jpg
b0226423_054621.jpg
b0226423_053973.jpg
b0226423_053275.jpg
b0226423_05242.jpg
b0226423_051361.jpg
b0226423_05626.jpg
b0226423_05096.jpg
b0226423_045241.jpg
b0226423_044345.jpg
b0226423_043652.jpg
b0226423_042822.jpg
b0226423_042268.jpg
b0226423_041312.jpg
b0226423_04685.jpg
b0226423_035740.jpg
b0226423_034990.jpg
b0226423_034232.jpg
b0226423_033333.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-01-03 00:07 | Kinoplasmat25/1.5a | Trackback | Comments(0)

1703 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 3-完-



新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

年末から疾風怒濤の日々で、ブログ更新の余裕はほとんどない状態。
孫たちのお昼寝と入浴の合間を縫って、更新しましょう。

「人間は環境の産物である」

この言葉を巡って、そうなんだ、そうではないと、
長年論争がくりひろげられてきましたが、
どんな場合でもそうですが、
答えは、「yes and no」ですね。

環境を、人間の行動に因果関係を持つものの総体、と捉えたら、
もちろん、人間は環境によって形成されます。

でも、そのような総体のうちの、人間自身の心身(主体)を除く、
外界のすべて(客体)を環境と捉えるのであれば、
環境の影響は、主体の個性的な反応を引き出すことはあっても、
その反応はさまざまと言うことができ、
人間は必ずしも環境の産物とは言えないことになりそうです。

なんでこんなことを書いたかと言いますと、
先日、面白いことがあったのです。
友人の一人にメールでこんな趣旨のことを冗談に書いたのです。
「我が家では、妻が年末の大掃除のメモを作成し、
夫である私が実施します。
お宅では、逆でしょうね」
すると、彼の返事は、
「我が家では、私も妻も大掃除はしません(笑)」

徹底的に庶民の私には、そんな夫婦が存在するなど、
想像もしなかったので、びっくり仰天。
ほーーーー、そんな人もいるんだなあ..........!

私はかなり昔から大掃除を一手に引き受けてきました。
その代わり、妻がお正月のさまざまな仕事を受け持つという分担。
ボロ家で、しかも夫婦二人とも多忙で、整理整頓など無縁なので、
せめて年に一度は大掃除して、見違えるように美しくなって、
新年を迎えたいものです。
年末の数日間は重労働で、かなり疲労困憊しますが、
美しくクリーンアップされると、
心もまたブラッシュアップされたようで、清々しいものです。

でも、そんな作業をしたことがないなら、
人生の稀少な喜びの一つを逃している、
私はそんな感じがしてしまいます。

でも、そんな懸念は無用だよ、
あなたの知らない、はるかに高度な喜びで心をブラッシュアップできるから、
友人はそう答えるでしょう。

この格差はあまりにも大きいなあ、
ああ、やっぱり人間は環境の産物なんだなあ、
私はそう心から感じたのでした。

そして、レンズ学に上記の教訓を生かすとすれば、こうでしょう、
「写真はレンズの産物である」
スピードアナスチグマート25mmF1.5がこの言葉を見事に立証してくれました。
大阪西九条から奈良の大和西大寺にレンズは移動しました。
どこに行っても、スピードアナスチグマートは自分の個性を写真に刻印します。
私の個性は?
私にだって、個性がないわけではありません。
でも、自分の個性を写真に表現できる腕などない私です、
すべてをレンズに譲って楽しみましょう。





b0226423_17335152.jpg
b0226423_17334423.jpg
b0226423_17333425.jpg
b0226423_1733275.jpg
b0226423_17332043.jpg
b0226423_1733103.jpg
b0226423_1733213.jpg
b0226423_17325491.jpg
b0226423_17324750.jpg
b0226423_17323970.jpg
b0226423_17323271.jpg
b0226423_17322581.jpg
b0226423_17321864.jpg
b0226423_17262554.jpg
b0226423_17261755.jpg
b0226423_17261053.jpg
b0226423_1726436.jpg
b0226423_17222345.jpg
b0226423_17221633.jpg
b0226423_17221017.jpg
b0226423_17215948.jpg
b0226423_17215287.jpg
b0226423_1719262.jpg
b0226423_17191976.jpg
b0226423_171998.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-01-01 13:35 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Trackback | Comments(0)

1702 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 2



3編シリーズの間に、1701の記念記事を挿入しましたが、
スピードアナスチグマート25mmF1.5のボケ写真が、
額縁ホロゴンの横綱写真を縁取るという感じになりそうですが、
どうもそれだけではないようです。

関西は和菓子の宝庫と言っても過言ではないでしょう。
私は別にグルメではありませんが、折に触れて、
なかなか美味しいお菓子に巡り会うことがあります。
洋菓子の素材を取り入れることで、
見栄えも味も多彩になってきました。
寒天やゼリーをベースにすると、
見た目も味わいも硬軟のコントラストがつくようです。
映画用Cマウントレンズのやわらかで淡い味わいが、
コントラスト豊かなホロゴンの描写をより一層重厚に見せる、
そんな効果があるかもしれませんね。

でも、面白いことに、逆の効果も演出してくれるかもしれません。
スピードアナスチグマートの淡彩が光彩のように、
ホロゴンの重い描写を縁取って、存在感を高めてくれる、
こちらの効果の方が大きいかも知れませんね。
いずれにせよ、音楽のピアニッシモとフォルテッシモの対比、
そんな演出が知らぬ間に働いてくれたかも?





b0226423_0142646.jpg
b0226423_0141840.jpg
b0226423_0141164.jpg
b0226423_014544.jpg
b0226423_013571.jpg
b0226423_0135191.jpg
b0226423_0134413.jpg
b0226423_0133180.jpg
b0226423_0132479.jpg
b0226423_0131348.jpg
b0226423_013556.jpg
b0226423_0125917.jpg
b0226423_012522.jpg
b0226423_0124617.jpg
b0226423_0124083.jpg
b0226423_0123427.jpg
b0226423_0122742.jpg
b0226423_0121277.jpg
b0226423_012610.jpg
b0226423_01206.jpg
b0226423_0115416.jpg
b0226423_0114783.jpg
b0226423_0114170.jpg
b0226423_011285.jpg
b0226423_011218.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-28 10:09 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Trackback | Comments(0)

1700 こんな風に生きたい!(大台に乗った記念はやはりホロゴンで飾る)



b0226423_2256791.jpg







千夜一夜もレンズ談義を続けたい、
そんな野望に燃えて始めたこのブログ、
気がついたら、とっくの昔に千夜一夜を通り越し、
ついに1700夜を迎えてしまいました。
千夜一夜目は、次の記事です。

   1001 道(レンズ千夜一夜の最高の語り手はやっぱりホロゴン)
      (http://shasindbad.exblog.jp/22473961/)
            by Sha-Sindbad | 2014-04-19 21:21

2年8ヶ月ちょっとかかったわけです。
前回は岩に切り込まれた階段道でした。

今回は竹の根っこの写真にしました。
もちろん、ホロゴン15㎜F8Uで撮った写真です。
カメラはソニーα7。

こんなにびっしりと根を生やして、
大地をしっかりとつかんでいるのです。
竹のしたたかさが分かります。
私もこんな竹になりたい。

たった一つの趣味が旅でした。
ところが、老母が寝たきりになって、旅に行けなくなりました。
今では、私にはなんの楽しみもありません。
そんな方だっているかも知れません。
私にだって、似たようなことが起こるかもしれない。
私自身が寝たきりになるかもしれない。
どんなことが起こっても、私は自分の人生を生きたい!
自分の人生を楽しみたい。
そのためには、沢山の根っこをこの大地に伸ばしておきたい。
この竹を見つけた途端、私が思ったのはそのことでした。

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドが書いていました、
人生のあらゆる瞬間のあらゆることを生き甲斐にしよう。
文字通りすべての生きる行為に生き甲斐を感じよう。

この根っこを見つめているうちに、
ホワイトヘッドが考えていたことはこんなことなんだな、
そう納得できた感じ。

隠退してから、ちょっとそれに近くになりつつあります。
生活のあらゆる場面に重要性の差がなくなりつつあります。
「これを急いでやり終えて、あれをしなくちゃ」
そんな焦りを感じることがほとんどない。

たとえば、ブログを写真倉庫にしよう、そう考えて始めたのですが、
掲載したいのに、順番が来ない写真が数えきれないほど貯まっています。
現在のスピードは、本ブログも別ブログ「わが友ホロゴン」も1日1記事。
別ブログなんか一頃は1日に8記事も10記事も投稿していました。
でも、焦りはなくなりました。
ほかにも沢山したいことがあるんだから、まあ、これ位でいいじゃない?
そんなスタンス。

根っこが少しずつ増えている、ということであれば、よいのですが...
# by Sha-Sindbad | 2016-12-27 23:01 | Hologon15/F8UF | Trackback | Comments(0)

1699 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 1

写真家には一つの使命があります。
一つのコンセプトに沿った作品を万人に提示する。

路傍写真(ロボグラフィ)を楽しむロボグラファーには使命がありません。
第1、万人に提示しない。
万人なんかそっちのけで、一人楽しむ。
使命がないので、プレッシャーがありません。
だから、心も肩も脱力しています。

多くの写真家は、素敵な光景に出会うと、
「ああ、こんなものを撮りたかったんだ!」
結果は、作品としての価値で決まるでしょう。

ロボグラファーは、素敵な光景に出会うと、
「やあ、こんにちわ!
記念撮影いいですか?!!!」
結果は、素敵な出会いを思い出すよすがが残るだけ。

12月26日月曜日は揚琴レッスン梯子日でした。
大阪ユニバーサルシティと西九条と大和西大寺で、
そんなよすがを収穫しました。
と言って、ユニバーサルシティ駅に向かう途中、
西九条駅から喫茶店までの往還、合計15分程度と、
大和西大寺駅からレッスン場までの5分です。
85枚しかないのですが、3回に分けてごらん頂きましょう。

こんな風に書くと、いかにも読者向けに見えるのですが、
申し訳ない、この言葉、実は将来の私に向けたもの。
だって、ただの写真でしかない、
写真作品性などハナから無視しているのですから。





b0226423_18295187.jpg
b0226423_18294416.jpg
b0226423_18293680.jpg
b0226423_18292874.jpg
b0226423_18292137.jpg
b0226423_18291230.jpg
b0226423_1829595.jpg
b0226423_18285979.jpg
b0226423_18285222.jpg
b0226423_18284618.jpg
b0226423_18283970.jpg
b0226423_18283348.jpg
b0226423_18282490.jpg
b0226423_18281720.jpg
b0226423_1828106.jpg
b0226423_1828334.jpg
b0226423_18275545.jpg
b0226423_18274759.jpg
b0226423_18254191.jpg
b0226423_18253396.jpg
b0226423_18243096.jpg
b0226423_18222142.jpg
b0226423_18221498.jpg
b0226423_1822747.jpg
b0226423_18215275.jpg
b0226423_18214537.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-27 20:27 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Trackback | Comments(0)

1698 バス道(スピードアナスチグマート25mmF1.5が久しぶりに微笑んだ)



2016年12月26日月曜日、
今年最後の揚琴レッスン梯子日。

先々月までは、2つのレッスンの間の空き時間約3時間中、
食事、休憩、移動の時間を除く約1時間少々を撮影に充てていました。
でも、前回から、梯子日の中間での撮影を控えるようにしています。
付虹先生の揚琴レッスンでかなりエネルギーを使い、
撮影でさらにエネルギーを費消すると、
午後3時半からの陳少林先生の揚琴伴奏レッスンで、
10年間暗譜してきた曲の途中でふっと切れてしまうことがあったからです。

前回、撮影はそこそこに陳少林先生のレッスンに臨むと、
これまでで最高のハーモニーになりました。
幾日か前からスティックの使い方が本格的になったので、
今回はその最初のレッスン日。
午前中の付虹先生のレッスンでは、
手馴らし用の左手練習曲では、付虹先生、
「手首をやわらかく回して、ちゃんと弾けるようになりました。
でも、曲に入ると、ときどき無駄な力が入るときがあります」
午後は、陳少林先生から、
「うん、力まないで、ちゃんと伴奏できるようになった」
と褒めていただきました。

ダルメイヤーの名玉、Cマウントレンズの白眉、
スピードアナスチグマート25mmF1.5を、
オリンパスE-PL1に付けました。
近頃、リアル系のレンズを多用してきたので、
本来の志向であるボケレンズを使って、バランスをとりたい。
オリンパスE-PL1に付けたときの風格、高級感にはかなりのものがあります。
こんな外観の楽しさも撮影意欲をかき立ててくれます。

まずは、朝のバス停の1分間と夕べのバスから降り立った1分間の写真。
これぞ、定番レンズ、
思わずそう言いたくなりました。
画像は、スピードアナスチグマート25mmだけが持つと言いたいほどに、
おおらかにソフト。
大人の風格って、こんなものかなあ、と感じてしまいます。
2016年のトウビを飾る写真が撮れた、そう言いたいですね。





b0226423_23501315.jpg
b0226423_23475084.jpg
b0226423_2347544.jpg
b0226423_23465810.jpg
b0226423_23452432.jpg
b0226423_23451059.jpg
b0226423_2345361.jpg
b0226423_23445043.jpg
b0226423_23443955.jpg
b0226423_23443314.jpg
b0226423_23442627.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-26 23:56 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Trackback | Comments(0)

1697 バス道(クセノン50㎜F2.8なら何気ない光景でもキラリと輝き)



よく考えてみると、今日はクリスマスだったのですね。
でも、もっとよく考えてみると、クリスチャンじゃない私に、
クリスマスって、何なのでしょうね。
というわけで、庭の草刈り、整理をしました。

実は夫婦とも庭いじりが大嫌い。
そんなことをしている暇はない。
それなのに、一戸建ちをなんで手に入れた?
アパートが嫌いで、生涯、避け続けてきたからです。
理由は実に簡単、
騒音一家なので、なんの気兼ねもなく騒音を出したいから。
庭の草花、植木に丹誠を込めるなんて、はなから考えていない。

よく言われることがあります、
家のたたずまいを見れば、住民の人柄が分かる。
そうなでしょう。
でも、それで分かる人柄なんて、私にはなんの関係もない、
私はそう確信しているので、はなから無視。

だって、私がロボグラフィに何十年も夢中なんてことが
外から分かります?
まして、使うのはホロゴンだ、とか、
愛用レンズはホロゴンばかりじゃなくて、
とっかえひっかえ可愛いレンズたちで楽しんでいるなんて、
分かりますかねえ?
私がなにを愛し、なにを憎むか、わかりますか?

ということで、今回も気兼ねなく、ソニーα7を持ち出し、
クセノン50㎜F2.8をいつものバス道撮影に使いました。
いいですねえ..................





b0226423_23271021.jpg
b0226423_23265399.jpg
b0226423_23264680.jpg
b0226423_23261429.jpg
b0226423_23244189.jpg
b0226423_23243478.jpg
b0226423_23242853.jpg
b0226423_23242140.jpg
b0226423_23241558.jpg
b0226423_23233054.jpg
b0226423_2323225.jpg
b0226423_23231529.jpg
b0226423_2323847.jpg
b0226423_23221327.jpg
b0226423_2322371.jpg
b0226423_23215658.jpg
b0226423_23214985.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-25 23:19 | Xenon50/2.8 | Trackback | Comments(0)

1695 加美下町(アポクロマート18㎜F2は雨上がりに生き生きと反応し)

2016年12月23日金曜日、
長女の家を訪ねて、長女一家とクリスマスパーティ。
私は朝早く訪れて、長女と孫プリンセスが、
「お母さんと一緒」のクリスマスショーに出かけるのを見送り、
風邪で微熱のある孫プリンスと留守番。

午前11時40分、プリンス、ぽつりと、
「お腹空いた」
5歳になったばかりの孫を残して、私一人、コンビニへ。
セブン・イレブンでしたか?
昼食のコーナーが充実しています。
電子レンジで加熱するタイプで、その仕上がりはかなり自然。
量も多いのがありがたい。
孫用には、シンプルなおうどん、私用には、チャンポン。

その往還約8分に40枚ばかり撮影。
Olympus EP-L1
アポクロマート18㎜F2
キノプティックの精彩あふれる超高画質のCマウントレンズ。
そもそもボケレンズを好む私の趣味から少しはずれています。
でも、ロボグラフィとしては意図通りの仕上げを見せてくれます。
だから、保有レンズ中屈指の回数、
34回も本ブログの記事となっています。

孫が待っていますので、すべてヒットエンドラン。
こんなときは余計に乗りよく撮影できます。
曇天なので余計にコントラストよく締まりのある画像。
使えば使うほど、キノプティックの名に恥じないレンズ、
そう納得させられてしまいます。





b0226423_1242065.jpg
b0226423_1241413.jpg
b0226423_124875.jpg
b0226423_124285.jpg
b0226423_1235664.jpg
b0226423_1234946.jpg
b0226423_123434.jpg
b0226423_1233737.jpg
b0226423_1232357.jpg
b0226423_1231735.jpg
b0226423_1231016.jpg
b0226423_12341.jpg
b0226423_1225787.jpg
b0226423_1224734.jpg
b0226423_1224035.jpg
b0226423_1223320.jpg
b0226423_1222689.jpg
b0226423_1222024.jpg
b0226423_122139.jpg
b0226423_1226100.jpg
b0226423_122175.jpg
b0226423_1215413.jpg
b0226423_1214626.jpg
b0226423_1213792.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-24 01:26 | Apochromat18/2 | Trackback | Comments(0)

1694 加美下町(パンタッカー50㎜F2.3が久しぶりにライカM9に付いた!)Part 3



グレン・グールドを絶えず聴いています。
近頃、ダヴィッド・フレイというピアニストが台頭しているようです。
絢爛たる演奏をできる人です。
じゃ、グレン・グールドを凌駕するだろうか?
おあいにく様。
無理なんじゃないでしょうか?
凄いテクニックなんだけど、まるで現代のレンズそっくりなのです。
圧倒的な表現力を持ちながら、どこか行き過ぎの感があって、
心に全然響いて来ない。

でも、彼のインタビューをネットで読みました。
「ピアニストというのは過酷な仕事なんだよね。
作品は膨大な数が存在するし、
練習は日々何時間も行わなくてはならない。
偉大な作曲家にはどうやったって勝てない。
ぼくは天才ではないから、
無意識に何でも弾けてしまう人とは異なり、
ひたすら作品に近づく努力をしなければならない。
だけど、あきらめずに練習を続けることで、
作曲家に対していつも敗者だと感じている自分が、
いつの日か勝者に値する演奏ができると感じる瞬間が
訪れることだってある。その瞬間がうれしくて、
ピアニストを続けているようなもんさ(笑)」

「ひとつの作品を長年に渡って必死で練習し、
ようやく自分の手の内に入ったなという感触をつかみ、
すごくうれしくなったとするでしょ。
でも、次の日になったら、
まだ階段の一番下にいると感じさせられるんだ。
偉大な作品に近づくのはそれだけ難しいということ」

なんだか、写真と一緒ですね。
この人もがんばってるんだなあ。
なんだかちょっと好きになりました。
パンタッカー50㎜F2.3に、ちょっと性格が似ているからです。

ホロゴン15㎜F8はまさに天才中の天才レンズ。
パンタッカー50㎜F2.3は黙々と仕事をしてきた、
そんな積み上げの性格を持つレンズです。
でも、どんな状況でも頑張ってくれます。
あっと驚く切れ味なんかありませんが、
なんとも言えず味わいがにじみ出てきます。
やっぱり私にとっては、ホロゴンに次ぐ、愛しのレンズ。





b0226423_16425868.jpg
b0226423_16425184.jpg
b0226423_16424331.jpg
b0226423_1642359.jpg
b0226423_16422624.jpg
b0226423_16422030.jpg
b0226423_16421430.jpg
b0226423_1642885.jpg
b0226423_1642297.jpg
b0226423_16415615.jpg
b0226423_16414951.jpg
b0226423_16414350.jpg
b0226423_16413863.jpg
b0226423_16413230.jpg
b0226423_16412792.jpg
b0226423_16412181.jpg
b0226423_16411547.jpg
b0226423_1641896.jpg
b0226423_1641144.jpg
b0226423_1640556.jpg
b0226423_16404795.jpg
b0226423_16404266.jpg
b0226423_16403694.jpg
b0226423_16403221.jpg
b0226423_16402640.jpg
b0226423_16401925.jpg
b0226423_16401159.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-21 17:23 | Pan.Tachar50/2.3 | Trackback | Comments(0)

1693 加美下町(パンタッカー50㎜F2.3が久しぶりにライカM9に付いた!)Part 2



ライカM9をも一度使いたくなった理由は、
画像をご覧頂ければ、お分かりでしょう。
ソニーα7の画像よりもずっと銀塩画質に近い。
そして、画像に厚みがある。
シノゴノいわずに、大阪加美のロボグラフィたちの続き、
ざらっと並べてみましょう。




b0226423_16501725.jpg
b0226423_16501050.jpg
b0226423_16495763.jpg
b0226423_16495070.jpg
b0226423_16494230.jpg
b0226423_16493522.jpg
b0226423_16492882.jpg
b0226423_16492127.jpg
b0226423_16482524.jpg
b0226423_16481088.jpg
b0226423_164837.jpg
b0226423_16475680.jpg
b0226423_16475061.jpg
b0226423_1647444.jpg
b0226423_16473712.jpg
b0226423_16473173.jpg
b0226423_16472234.jpg
b0226423_16471666.jpg
b0226423_1647138.jpg
b0226423_16465369.jpg
b0226423_16464074.jpg
b0226423_16463436.jpg
b0226423_16462734.jpg
b0226423_1646212.jpg
b0226423_16461412.jpg
b0226423_1646710.jpg
b0226423_1646299.jpg
b0226423_16455444.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-20 17:00 | Pan.Tachar50/2.3 | Trackback | Comments(2)

1692 加美下町(パンタッカー50㎜F2.3が久しぶりにライカM9に付いた!)Part 1

長い間、ライカM9をカメラ防湿庫に寝かせていました。
友人からは、私が生活に困っているのを見るに見かねたのでしょう、
「ライカM9、使っていないなら、売ったらどうですか?」
私もちょっとぐらっと来ました。
ソニーα7ばかり使って来たからです。
なぜ?
ホロゴン15㎜F8がすんなり使えるからです。
ライカM9には、どうやら細工をしないと、付かない。
そのうえ、ソニーα7にはヘリコイド付きMマウントアダプタが使えて、
超接近できて、すべてのレンズを超近接で使える!

でも、一つだけ、ライカM9には美点があります。
画像の質がかなり高い。

でも、売りたくもある。
なぜ?
もちろん、生活に困っているから!

じゃ、売る前に、一度だけ使ってみよう、そう考えました。
孫の家に用があり、大阪加美に出かけました。
手提げ袋2杯分、差し入れの食べ物を運んだのです。
一家は全員仕事と保育園に出払って留守。
「押し込み強盗」ならぬ「押し込みペペ」
(我が家では、「おじいちゃん」「おばあちゃん」は禁句。
なぜって、おじいちゃん、おばあちゃんではないから!)
用を済ませてから、肩の荷を降ろして(文字通り)、
カメラを取り出し、半時間ほど撮影しました。

ライカM9
パンタッカー50㎜F2.3

131枚撮って、売るのはやめました。
3回に分けて、90枚ちょっとご覧頂きましょう。
銀塩ライカのことを忘れれば、
使い心地はソニーα7を遥かにしのぎます。
ライブビューは使えないけど、
ファインダーの二重像でピント合わせは楽しい。
画像は文句無し、2段は上。
でも、ファインダーでのピント合わせがうまくいっていないのも。
これは追々慣れることで対処できます。
ソニーα7と交互に使いましょう。





b0226423_14463378.jpg
b0226423_14453613.jpg
b0226423_14452918.jpg
b0226423_14452380.jpg
b0226423_14451416.jpg
b0226423_1445812.jpg
b0226423_1445119.jpg
b0226423_14445498.jpg
b0226423_14434789.jpg
b0226423_14433845.jpg
b0226423_14433113.jpg
b0226423_14432442.jpg
b0226423_14431897.jpg
b0226423_14431189.jpg
b0226423_1443449.jpg
b0226423_14425844.jpg
b0226423_14425117.jpg
b0226423_14423863.jpg
b0226423_14423064.jpg
b0226423_14422568.jpg
b0226423_14421814.jpg
b0226423_14421179.jpg
b0226423_1442256.jpg
b0226423_14415554.jpg
b0226423_14414961.jpg
b0226423_14414283.jpg
b0226423_14413658.jpg
b0226423_14412914.jpg
b0226423_14412133.jpg
b0226423_14411438.jpg
b0226423_1441686.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-20 01:16 | Pan.Tachar50/2.3 | Trackback | Comments(0)

1691 西大寺(ピザール26mmF1.9は暮れ方でも疲れたりせず、しっかり働き)

「二兎を追うものは一兎も得ず」

昔の人は偉かった。
大切なことを一言で言ってのけるのですから。
昔の人、とくに中国古代の人たちは、
簡潔な言葉でずばり真実を射抜く言葉を数えきれないほど残してくれました。

日本は、第二次世界大戦後、ローマ字化を考えたことがあったそうです。
よくぞ思いとどまってくれました。
ローマ字化していたら、「源地物語」も「万葉集」も、
その他の国民の遺産もほとんどがいつか消え去ってしまったでしょう。
そして、中国の古典の名言も私たちの脳裏に刻まれなくなったでしょう。
おっと、また、脱線。

私が言いたかったことはこうです、
「三兎を追うものは一兎しか得ず」

毎月第2、第2月曜日は午前午後の揚琴レッスンと、
その合間に挟まれた3時間を活用してのロボグラフィタイムと、
三本立てを楽しんできました。
11月28日の第1時限の付虹先生のレッスンはかなり快調でした。
でも、第3時限の陳少林先生の二胡に揚琴伴奏するレッスンのとき、
10年来暗譜でやってきた曲の途中で、ふっと手が止まってしまいました。
近頃、付虹先生の揚琴独奏曲がちょっと高度になってきたせいで、
第3時限の方は2週間全然復習していなかったからでしょう。
(けっして歳を取ったせいだなんて、認めませぬ)
翌日だったか、陳少林先生に、別の日の午前中に変更をお願いしました。
空き時間がなくて、空席待ちとなりました。

そこで、ちょっと真面目に反省しました。
お昼の空き時間に、大阪西九条駅界隈のロボグラフィ撮影を1時間続けた、
これがどうやら直接疲れの原因になったらしい。
そこで、12月12日は、作戦変更。
実質2本立てになるよう、写真の比率を大幅に減少しました。
西九条の撮影を駅近くの喫茶店と駅との往復だけの約10分に留めたのです。
それが前回の西九条シリーズ。

西大寺でも、駅喫茶店でしばらく休み(と言っても、ポメラで書きまくり)、
撮影はレッスン後駅へ帰る時間だけに止めました。
おかげで、陳少林先生の伴奏曲はどれもこれも空前の出来になりました
(自分で言っているのですから、間違いがない)。
これに気分を良くして、YMCAの教室からの帰りの撮影は好調でした。
暮れ方になっても、ピザール26mmF1.9は絶好調でした。
ケルン社のレンズらしく、悪条件でもしっかりと輝いてくれます。
もっとも現代風の輝きではありません。
私好みの輝き方。





b0226423_21581441.jpg
b0226423_215881.jpg
b0226423_2158181.jpg
b0226423_21575348.jpg
b0226423_2157438.jpg
b0226423_21573468.jpg
b0226423_21572840.jpg
b0226423_21572060.jpg
b0226423_21571359.jpg
b0226423_2157589.jpg
b0226423_21565715.jpg
b0226423_21565077.jpg
b0226423_2156437.jpg
b0226423_21563653.jpg
b0226423_21562870.jpg
b0226423_21562131.jpg
b0226423_2142251.jpg
b0226423_21413157.jpg
b0226423_2140813.jpg
b0226423_2140192.jpg
b0226423_21385915.jpg
b0226423_2138538.jpg
b0226423_21384558.jpg
b0226423_21383689.jpg
b0226423_21374389.jpg
b0226423_21373638.jpg
b0226423_21372912.jpg
b0226423_21371975.jpg
b0226423_21371177.jpg
b0226423_2137135.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-18 22:33 | Pizar26/1.9 | Trackback | Comments(0)

1690 西九条(ピザール26mmF1.9は使えば使うほど雰囲気描写が得意みたい)


ときどき考えるのですが、
写真や映画用のレンズ製作者って、どんなことを考えながら、
レンズを作るのでしょう?

大抵は、企業的な観点から、大衆が求めるレンズを見つけよう、
売れるレンズを作りたい、
という志向性が原動力となっているでしょう。
でも、昔も今も、映画であれば、写真であれば、
撮影者たちは、どこか夢を見ているものです。
でも、その夢はまさに「同床異夢」、千差万別です。
ユーザーすべての夢を支援するわけには参りません。

そこで、レンズ製作者の道はどうやら2つに別れるようです。

1 不特定多数の人たちの志向になるべく応じることで、
沢山のレンズを売りたい。
2 少数でもよい、個性的な夢、人とは違う写真を求める人のために、
できる限り個性的なレンズを作りたい。

現代では、宮崎貞安さんのような名人芸の製作者を除けば、
レンズメーカーは徹底的に1の路線を走っているようです。
いわく、理想の超精密、超高生彩な画像を実現する!
現代はこれ一辺倒です。
絵画でもスーパーリアリズムが台頭しているようです。

でも、ちょっと待ってください。
古から、アートはなにかを棄てることによって美を実現してきました。
アートとはリアリズムではなくて、アブストラクトなのではありませんか?

私は、自分でアートを求めるつもりはありません。
でも、撮りたかったものだけをくっきりと浮かび上がらせる、
そんな意味で抽象写真を撮りたい。
残念ながら、デジタルカメラは上記の1の理念を支援するツール。
オリンパスEP-L1だってそうです。
おかげで苦労しています。

ピザール26mmF1.9は、それにもめげず、
古風な画像を提供してくれます。
愛用しましょう。





b0226423_14385642.jpg
b0226423_14384917.jpg
b0226423_14384049.jpg
b0226423_14383066.jpg
b0226423_14382483.jpg
b0226423_1438171.jpg
b0226423_14373335.jpg
b0226423_14372667.jpg
b0226423_14371811.jpg
b0226423_14371248.jpg
b0226423_1437493.jpg
b0226423_14365758.jpg
b0226423_14363690.jpg
b0226423_14362861.jpg
b0226423_1436217.jpg
b0226423_14324876.jpg
b0226423_14324156.jpg
b0226423_14323578.jpg
b0226423_14314533.jpg
b0226423_1431054.jpg
b0226423_14302825.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-17 15:52 | Pizar26/1.9 | Trackback | Comments(0)

1689 バス道(ピザール26mmF1.9は空気感をよく出してくれるらしい)

ケルン社のピザール26mmF1.9、
Olympus EP-L1に付けました。

どうやらスイター25㎜F1.5の廉価版、普及タイプらしいのですが、
昔、紀元前のローマ共和政の頃、
ローマ元老院を見学させておらった蛮人が、
居並ぶ議員たちの威風に圧倒されて、
「王様たちが並んでいる」とかなんとか言った話が残っています。
スイターのCマウントレンズたちもちょっとこれに似ています。

すべて開放の描写です。
ピザール、堂々たる表現力ではありませんか?





b0226423_23305180.jpg
b0226423_23304487.jpg
b0226423_23303710.jpg
b0226423_23303024.jpg
b0226423_23302470.jpg
b0226423_23301715.jpg
b0226423_23301022.jpg
b0226423_2330354.jpg
b0226423_23295519.jpg
b0226423_23295053.jpg
b0226423_23294391.jpg
b0226423_232935100.jpg
b0226423_23292837.jpg
b0226423_2329219.jpg
b0226423_23291164.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-14 23:57 | Pizar26/1.9 | Trackback | Comments(0)

1689(スピードパンクロ28mmF2でいつものバス道と新大阪ロボグラフィ)


オリンパスEP-L1に付けたのは、Mマウント化した、
スピードパンクロ28mmF2を付けました。
実質56㎜の標準となります。
スピードパンクロ50㎜F2が手に入らないなら、
こんな形で標準のスピードパンクロを使ってみたい、
という気持ち。

ところが、56㎜なのを忘れて、
新大阪駅前土曜市ではほとんどノーファインダー。
どこからどこまで写るか、確認もしていない!
28㎜レンズの被写界深度があるせいで、
58㎜とは言っても、F4位の深度はありそう。
それでも、かなりピントがずれてしまいました。

そのうえ、兄貴分スピードパンクロ50㎜F2のような、
カリスマ性豊かなメタモルフォーゼは浮かび上がらない。
かなり普通の描写になってしまいました。

ソニーα7だと、イメージサークル不足で、まん丸画像。
FujiXPro-1あたりで、39㎜あたりにして撮るのがよいかも?





b0226423_12385377.jpg
b0226423_12384687.jpg
b0226423_12383880.jpg
b0226423_12382444.jpg
b0226423_12381730.jpg
b0226423_1237255.jpg
b0226423_12365542.jpg
b0226423_12364787.jpg
b0226423_1236405.jpg
b0226423_12363424.jpg
b0226423_1236279.jpg
b0226423_12361551.jpg
b0226423_1236887.jpg
b0226423_1236078.jpg
b0226423_12332692.jpg
b0226423_12331964.jpg
b0226423_12331047.jpg
b0226423_1233467.jpg
b0226423_12325352.jpg
b0226423_12324658.jpg
b0226423_1232396.jpg
b0226423_12322658.jpg
b0226423_12321968.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-13 14:26 | SpeedPanchro28/2 | Trackback | Comments(0)

1688 バス道(ペンタック38mmF2.9を手にバス道を辿ってみたら?)


私には一つ強みがあります。

もし大震災で家がぶっ壊れて、焼けてしまい、
着の身着のまま放り出されることだってあるかも知れません。
たまたま手近にあったバッグをひっつかんで、戸外に飛び出して、
「やれやれ、妻も家族(猫ですが)も無事だった。
どれ、どんなカメラがバッグに入っているのかな?」
と、のぞいてみて、オリンパスEP-L1にCマウントレンズ一本、
そんな可能性だって十分想定できます。
そんなとき、どんなCマウントレンズでも喜ぶでしょう。
それなりに十分個性的なレンズたちだからです。

そんなとき、
「うん、これがあれば、撮りたいものはなんでも撮れる」
とは考えません。
考えることは、
「うん、これがあれば、撮ってくれた写真を喜ぶことができる!」

すると、どなたか、質問が飛び出しそうですね。
「そのレンズでは撮れない、だけど、撮りたい、
そんな光景に出会ったら、やっぱりがっかりするんじゃない?」
その方は、私のことがお分かりになっていない。
私は、撮影に出かけたとき、レンズにすべてを託します。
そのレンズに撮れない光景など、まったく目に入りません。
入っても、「ああ、撮りたい!」とは考えません。
ないものねだりをせず、あるものを心から楽しむ、
それが私のポリシー。

残されていたレンズが35㎜銀塩カメラ用だと、
事情は違ってしまいそうです。
いくら好きなレンズばかり手元に残していると言っても、
時には、こう感じて、げっそりすることがあります、
「もう少し、私のお好みに撮ってくれたら、どうなんだろね?」
Cマウントレンズとはえらい違いなのです。

チビのCマウントレンズたちって、不思議です。
揃いも揃って、私の心をくすぐる写真を撮ってくれます。
なぜなのか?
私には分かりません。

12月1日、新大阪ではそんなCマウントレンズ中のお気に入りの一本、
ペンタック38mmF2.9をOlympus EP-L1に付けて、
リコーダー練習に持ち出しました。
行きのバスに乗車すべく辿ったバス道の写真と、
JR大阪駅での大和路快速待ちの夜景をごらん頂きましょう。
こんなぼけた描写が私の好みなのです。
つまり、現代デジタルレンズは全部、落第。





b0226423_2250116.jpg
b0226423_2250527.jpg
b0226423_22495859.jpg
b0226423_22495078.jpg
b0226423_22494243.jpg
b0226423_22493650.jpg
b0226423_22493084.jpg
b0226423_22492342.jpg
b0226423_22491796.jpg
b0226423_22491070.jpg
b0226423_2249394.jpg
b0226423_22485778.jpg
b0226423_22485052.jpg
b0226423_22484316.jpg
b0226423_22483543.jpg
b0226423_22482791.jpg
b0226423_22481993.jpg
b0226423_22481346.jpg
b0226423_2248687.jpg
b0226423_22475971.jpg
b0226423_22475251.jpg
b0226423_22474545.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-11 23:48 | Pentac38/2.9 | Trackback | Comments(0)

1687 西大寺(キネタール50mmF1.8は黄昏レンズとしても使えるみたい)



二兎を追うものは一兎も得ず、と言います。
今日はこの言葉を実感しました。

大阪加美の5歳になったばかりの孫プリンスの保育園参観でした。
ワクワクタイム。
プリンスは上から2番目のクラス。
その上級2クラスがそれぞれ30人近く居ますが、
彼らの歌、踊り、芝居を楽しみました。

最初に最上級クラスの演し物は、
歌詞に手話を振り付けた歌と踊り。
リフレインに虹を意味する指の形を美しく作って踊る子供たちを見て、
思わず涙が出てしまいました。

孫プリンスのクラスもさまざまに難易度の高い演し物を見せてくれました。
ワクワクタイムは午前中で終わり、孫たちも一緒に帰宅。
孫たちの家で昼食をとりました。
私は午後3時、プリンスと一緒にピアノ教室へ。
30分前に家を出たのに、なんと2分間遅刻してしまいました。
半時間歩き続けて、孫プリンス、疲れてしまい、
ピアノレッスンは半分ほどで、体をほぐすゲームでお茶を濁すことに。

先生のお宅のあるマンションを出ると、プリンス、
「向かいのマクドでポテトチップス食べたい」
ポテトチップスだけ注文して、二人で食べていると、
「ジュースも飲みたい」
やむなくアップルジュースを追加。
半分くらいごくごく呑んで、プリンス、ようやく人心地について、
聴かれもしないのに、突然、のびのびと息をつけたという感じで、
級友28人全員と先生お二人の誕生月をご機嫌に列挙してくれました。
なんだかプリンスの才能は美的な面よりも知的な面に向いてる感じ。
でも、それじゃ、折角のピアノレッスンが無駄みたいで、
やっぱり二兎を追ってしまった、
一日に2つの行事はやりすぎ、と反省したいですね。

私も、毎月2回、揚琴レッスン日を入れているのですが、
午前の付虹先生のレッスンは元気一杯なのに、
午後1時間ほどの撮影を挟んで、
午後3時15分からの陳少林先生の揚琴伴奏レッスンは、
ときどき、10年間続けてきて、完全に記憶している筈の曲を、
途中でふっと切れてしまいました。
いくらなんでも、三兎を追うのはやり過ぎかも?

その二兎目の写真を並べましょう。
大和西大寺に着いて、15分ほどの空き時間を利用して、
ぶらぶら撮影しながら、教室に向かうのが習慣。
キネタール50mmF1.8はここでも活躍してくれましたが、
やっぱりなんだか西九条の撮影分の方が生彩に富む感じ。
この辺りから疲れが出始めていたのかも?





b0226423_22405277.jpg
b0226423_22404439.jpg
b0226423_22403766.jpg
b0226423_22403076.jpg
b0226423_22402392.jpg
b0226423_22401764.jpg
b0226423_22401094.jpg
b0226423_2240259.jpg
b0226423_22395422.jpg
b0226423_2239478.jpg
b0226423_2239395.jpg
b0226423_22393351.jpg
b0226423_22392684.jpg
b0226423_22391964.jpg
b0226423_22391282.jpg
b0226423_2239570.jpg
b0226423_22385680.jpg
b0226423_22384993.jpg
b0226423_22384213.jpg
b0226423_22383491.jpg
b0226423_22382680.jpg
b0226423_22382161.jpg
b0226423_22381493.jpg
b0226423_2238741.jpg
b0226423_2238196.jpg
b0226423_22375460.jpg
b0226423_22374762.jpg
b0226423_22374134.jpg
b0226423_22373261.jpg
b0226423_22372343.jpg
b0226423_22371611.jpg
b0226423_2237872.jpg
b0226423_2237064.jpg
b0226423_22365080.jpg
b0226423_22364186.jpg
b0226423_22363348.jpg
b0226423_22362625.jpg
b0226423_22361778.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-09 23:20 | Kinetal50/1.8 | Trackback | Comments(0)

1686 西九条(キネタール50mmF1.8は名刀の切れ味を漂わせ)part 2


間が良かったようです。
目下、別ブログ「わが友ホロゴン」では、
先輩のスピードパンクロ50㎜F2シリーズの最中。
毎回30枚超をアップしているので、対比にはもってこい。

キネタールが冷色系、スピードパンクロが暖色系に見えるのは、
ソニーα7の関係かも知れませんね。
ざっくりとして立体的な描写力も伯仲。
私のようなレンズ素人には、ほとんど区別が付きません。
どうやらキネタールも頑張っているようです。

スピードパンクロの我が家へのお輿入れはついにかないませでしたが、
なんだか、キネタール50㎜でも十分代役が務まりそう。
ちょっと嬉しい成果があった、という感じ。





b0226423_14302081.jpg
b0226423_1430137.jpg
b0226423_1430585.jpg
b0226423_14295650.jpg
b0226423_1429497.jpg
b0226423_14294223.jpg
b0226423_1429341.jpg
b0226423_14292724.jpg
b0226423_14291898.jpg
b0226423_14291196.jpg
b0226423_1429492.jpg
b0226423_14285639.jpg
b0226423_14284651.jpg
b0226423_14283228.jpg
b0226423_1428258.jpg
b0226423_1428162.jpg
b0226423_1428857.jpg
b0226423_142825.jpg
b0226423_14275435.jpg
b0226423_14274698.jpg
b0226423_14273936.jpg
b0226423_14273133.jpg
b0226423_14272330.jpg
b0226423_14271583.jpg
b0226423_1427839.jpg
b0226423_1427154.jpg
b0226423_14265533.jpg
b0226423_14264813.jpg
b0226423_142643100.jpg
b0226423_14263541.jpg
b0226423_14262758.jpg
b0226423_14261948.jpg
b0226423_1426117.jpg
b0226423_1426587.jpg
b0226423_14255884.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-08 16:23 | Kinetal50/1.8 | Trackback | Comments(0)

1685 西九条(キネタール50mmF1.8は名刀の切れ味を漂わせ)part 1


いつも書くことですが、
クックの映画用レンズ、キネタール50mmF1.8は、
伝説的な名レンズ、スピードパンクロ50㎜F2のどうやら後継者。

でも、大王の後を嗣ぐ後継者ほど辛い立場はありませんね。
家康を嗣いだ徳川2代目将軍 、徳川秀忠のことを思い出して下さい。
つらかったでしょうね。
でも、キネタールはまさに「切れ者」です。
秀忠のように、先代の存在の重さにたじろぐようなことはありません。

ただし、一つ、不利な点がありました。
秀忠が将軍になったときは、先代はあの世でした。
ところが、キネタールが登場した後も、スピードパンクロは活躍を続けたはず。
平安時代末期の天皇たちには、先々代の法王、先代の上皇がのし掛かってきた、
そんな境遇に似ています。

でも、どうやらそんな心配は不要だったかも知れません。
中将姫光学さんの報告を引用させていただきますと、
「発色と解像力の高さは群を抜いており、あの宮崎さんをして、
わたしが見た中でも最高の1本と言わしめたレンズなのです。」

11月28日月曜日、揚琴レッスンの途中、キネタールを使いました。
例によって、すべて開放での撮影なのですが、
さすがに余裕綽々、
戦争映画にはぴったりの描写力、
クックらしい落ち着きと風格が感じられます。




b0226423_21591579.jpg
b0226423_2159889.jpg
b0226423_2159136.jpg
b0226423_21585668.jpg
b0226423_21584830.jpg
b0226423_21584250.jpg
b0226423_21583689.jpg
b0226423_21583038.jpg
b0226423_21582342.jpg
b0226423_21581649.jpg
b0226423_2158969.jpg
b0226423_2158239.jpg
b0226423_21575070.jpg
b0226423_2157435.jpg
b0226423_21573550.jpg
b0226423_21572756.jpg
b0226423_21572155.jpg
b0226423_21571399.jpg
b0226423_2157741.jpg
b0226423_21565655.jpg
b0226423_2156503.jpg
b0226423_21564458.jpg
b0226423_21563768.jpg
b0226423_21563024.jpg
b0226423_21562098.jpg
b0226423_2156137.jpg
b0226423_2156783.jpg
b0226423_21555887.jpg
b0226423_2155521.jpg
b0226423_21554416.jpg
b0226423_21553616.jpg
b0226423_21552970.jpg
b0226423_21552024.jpg
b0226423_215533.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-07 22:52 | Kinetal50/1.8 | Trackback | Comments(0)

1684 バス道(アポクロマート25mmF2は見たい物を見せてくれるか?)part 2


今日は、奇しくも別ブログ「わが友ホロゴン」と、
同じバス道の共演となりました。
所変われば品変わる、と言いますが、
所変わらねど品変わる、ですね。

わずか200mの道のりで、
ご覧のとおり、代わり映えのしない田舎道。
公道ではありません。
道路に提供された私道です。
この道がなくて、別の形の道があっても、やっぱり撮るでしょう。

でも、一つ条件があります。
宅地造成で作られた道路ではないこと。
宅地造成地の道路は、まさに、所変われば品同じ。

私はこう信じています。
誰も同じ場所で同じものを見るわけではない。
すべてを見る人は居ません。
どんな人間でも、常に選択的に見ています。
機能的視覚、それが人間の目です。
生きるために、なにかをするために必要なものしか見ない。
極端に言えば、ミクロの視覚もないし、マクロの視覚もない。
私たちが見る光景は、限られた用途のための見え方に過ぎません。
私たちが、これが客観だと、習慣的に、生理的に決めた視覚像。

私は、子供の頃から、自分の見たいものを見てきました。
生まれつきのようです。
私の孫プリンスが同じ見方をします。
遺伝的なものらしい。
遺伝してよかったか?
ちょっと心配になりますね。

ちょっと話がそれました。
私だって機能的な見方をします。
でも、リラックスしていると、用途ではなく、
私との関係で、特に私が見たいイメージ、
そんなものをここ彼処に見つけるのが大好きなのです。
そんな習慣を一生続けてきたので、
私がこうしてブログに連綿とアップし続けるロボグラフィ像は、
私の平素の視覚像。

でも、レンズによる偏差値がありそうです。
だから、私が肉眼で感じたイメージに微妙に彩りを加えてくれます。
それがたまらない魅力と感じるレンズもあれば、
余計な差し出口をしおって、許さぬ、そこへ直れ!
と、日本刀を振りかぶりたくなるような結果もあります。
スピードパンクロとかアポクロマートといった名レンズたちは
さすがに私を喜ばせてくれますね。




b0226423_17201897.jpg
b0226423_1720111.jpg
b0226423_172035.jpg
b0226423_17194813.jpg
b0226423_17194231.jpg
b0226423_17193625.jpg
b0226423_17192882.jpg
b0226423_17191961.jpg
b0226423_1719650.jpg
b0226423_171906.jpg
b0226423_17185432.jpg
b0226423_17184771.jpg
b0226423_17184128.jpg
b0226423_17183490.jpg
b0226423_1718286.jpg
b0226423_17182124.jpg
b0226423_17181523.jpg
b0226423_1718935.jpg
b0226423_1718215.jpg
b0226423_17175594.jpg
b0226423_17174670.jpg
b0226423_17174064.jpg
b0226423_17173159.jpg
b0226423_17172775.jpg
b0226423_17171920.jpg
b0226423_1717282.jpg
b0226423_1716513.jpg
b0226423_17164385.jpg
b0226423_17163743.jpg
b0226423_17162425.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-06 18:11 | Apochromat25/2 | Trackback | Comments(0)

1684 バス道(アポクロマート25mmF2は見たい物を見せてくれるか?)part 1

妻がどこかの風景コンテストの写真一覧頁を見せてくれました。
「これ、なんなの?
なんでこんなにけばけばしいの?」
私もそう思います。
すべてがデジタル色。

自然にはない色で自然を表現する、これが現代写真。
私のブログだって、似たようなものです。
ちょっとクラシカルなだけ。

でも、ちょっと疑いが頭をかすめます。
私は、デジタル色が自然ではないことを知っています。
でも、風景コンテストの応募者も選者も、
もしかすると、この色しか見えないかも知れない!

私たち夫婦を含む、銀塩時代の人間は、
銀塩フィルムの写真プリントを見ると、
懐かしい、これが本当の色だなあと思います。
でも、デジタル写真で育った人には、
色のくすんだ前時代的に古めかしい、褪せた色、
そう見えるようです。
写真にも、どこかで世代ギャップの溝が深く横たわっているらしい。

どうやら、視覚そのものが変質していくらしい。
もしかすると、世界像そのものも異なるかも知れません。
怖いですね。

キノプティックのレンズは、銀塩フィルムの時代には、
若干鮮鋭すぎ、冷たすぎ、澄みすぎという感じでした。
デジタル写真の感触に少しずつ慣れていくにつれて、
アポクロマートの色が穏やかに感じられるのですから、
おかしなものです。






b0226423_11089.jpg
b0226423_105440.jpg
b0226423_10421.jpg
b0226423_103455.jpg
b0226423_102893.jpg
b0226423_102095.jpg
b0226423_101497.jpg
b0226423_10860.jpg
b0226423_1001.jpg
b0226423_0595424.jpg
b0226423_0594733.jpg
b0226423_059303.jpg
b0226423_0592234.jpg
b0226423_0591521.jpg
b0226423_059820.jpg
b0226423_059142.jpg
b0226423_058541.jpg
b0226423_0584692.jpg
b0226423_0583976.jpg
b0226423_0583275.jpg
b0226423_0582560.jpg
b0226423_0582028.jpg
b0226423_0581338.jpg
b0226423_0583100.jpg
b0226423_0575618.jpg
b0226423_0574925.jpg
b0226423_057432.jpg
b0226423_0573341.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-06 01:04 | Apochromat25/2 | Trackback | Comments(0)

1683 フェスティバルホール(ペンタック37.5mmF2.9は暗所ではかなり古風に)


16年11月18日、久しぶりのフェスティバルホールでした。
ミッシャ・マイスキーのチェロリサイタル。
その模様、感想はすでに別ブログ「わが友ホロゴン」に書きました。

バッグに潜めて同伴したのはセットは、
ダルメイヤーのかなり古いレンズ、
ペンタック38mmF2.9と、
ソニーNEX-5
フェスティバルホールのロビーで撮りました。

ミッシャ・マイスキーが公演後ロビーでサイン会をしました。
このあたりに、スター的な姿勢を感じるのは私だけでしょうか?
妻は演奏に感動して、バッハの無伴奏チェロ組曲のCDを手に、
列に並んで、サインとともに、言葉を交わし、
彼と伴奏の娘さんのピアニストに握手をしてもらい、
満足の表情で戻ってきました。

私は列に並ぶのが大嫌いなうえ、サインをもらったり、
自分のカメラで写真を撮ったりということが大嫌い。
「よかったね」と温かく迎えましたが、その声に熱意はなし。
なぜなんでしょうね?
生涯、そんなことをしたことがありません。
どうやら、人と同じことはなるべくしたくない、という気分らしい。
でも、チェ・ジウが来たら、並んじゃうかな?

おっと、なんの話をしていたの?
レンズの話でしたね。
点光源が並ぶ天上のライトをチェックしたら、
やっぱり昔のレンズですね。
かなりの暗がりでは、大した画像にはなりませんでした。

現代のレンズだったら、しっかりと写るでしょうね。
でも、暗がりでもしっかりと写って欲しいなどと考えたこともない。
暗がりでは暗がりらしく撮れるのがよろしい。
宵闇でもお昼のように隅々までくっきり写っている写真なんて、
気持ちが悪くって、見たいとも思いませんね。





b0226423_22591520.jpg
b0226423_2259892.jpg
b0226423_2258599.jpg
b0226423_22585319.jpg
b0226423_22584462.jpg
b0226423_22583586.jpg
b0226423_22582850.jpg
b0226423_22581991.jpg
b0226423_22581215.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-04 23:53 | Pentac38/2.9 | Trackback | Comments(0)

1682 西大寺(ちょっと暗い雨模様でもクセノン50mmF2.8はカラリと)


前回の西九条から大和西大寺に移動。
雨模様でした。
撮影時間は20分程度でしたが、49枚撮影。
私の写真は、断らない限り、全部開放ですが、
このクセノン、開放値はF2.8と若干暗めですが、
それだけに開放での被写界深度は深め、
つまり、とても撮りやすい。
お気に入りを40枚、ざらっと並べてみましょう。





b0226423_22164637.jpg
b0226423_22163926.jpg
b0226423_22162441.jpg
b0226423_22161633.jpg
b0226423_2216959.jpg
b0226423_22152412.jpg
b0226423_22141937.jpg
b0226423_2214293.jpg
b0226423_22135420.jpg
b0226423_22123579.jpg
b0226423_22122813.jpg
b0226423_22122067.jpg
b0226423_22111257.jpg
b0226423_2211454.jpg
b0226423_2210541.jpg
b0226423_2210458.jpg
b0226423_22103811.jpg
b0226423_22103136.jpg
b0226423_22102462.jpg
b0226423_22101627.jpg
b0226423_2210758.jpg
b0226423_2293929.jpg
b0226423_2292345.jpg
b0226423_2252832.jpg
b0226423_2252074.jpg
b0226423_22571.jpg
b0226423_2245871.jpg
b0226423_224486.jpg
b0226423_2243746.jpg
b0226423_2241539.jpg
b0226423_2235823.jpg
b0226423_2235015.jpg
b0226423_2234284.jpg
b0226423_2233474.jpg
b0226423_223261.jpg
b0226423_2231845.jpg
b0226423_223097.jpg
b0226423_2223966.jpg
b0226423_2222897.jpg

# by Sha-Sindbad | 2016-12-02 22:58 | Xenon50/2.8 | Trackback | Comments(0)