レンズ千夜一夜

1806 繁華街(2017年5月8日Histrio-Prot40mmF6.3ピエロに会いに天満橋へ)Part 3


宮崎貞安さんのニューレンズ試写の定番モデル、
ピエロマネキンは大阪天満橋筋商店街の高級洋品店にあります。
ご主人の弟さんの絵が何枚も店内に掲げられています。
知れば知るほど、大変な画家です。

下浦康瑞

   ホームページ  
   KOUZUI SHIMOURA
   http://koozui.holy.jp/

そのプロフィールはこうです。

   下浦康瑞(しもうら こうずい)
   1940年大阪に生まれる。
   兵庫県宝塚市在住。
   20歳~30歳の十年間、北アルプス(穂高岳・剣岳)を
   主な制作の場として、山に籠もる。
   以後40年、ヒマラヤ(毎年取材)・アンデスをテーマに制作。

仙人が画家になったら、どんな絵を描くか?
その答えがこの画家、そんな感じがします。
ヒマラヤの仙境さながらの景観が、
崇高な精神世界に昇華したような作品。
店内には色と形の抽象作品もあり、撮らせて頂きました。
異界の扉が開いて、
この世のどこにもない赤を一瞬きらめかせた、そんな印象。

このような画家のお兄さんが選んだマネキンがこのピエロ。
30年前だったと思いますが、イタリアで購入されたとか。
道理で、ただ者ではないわけです。





b0226423_11425430.jpg
b0226423_11424662.jpg
b0226423_11423620.jpg
b0226423_11422938.jpg
b0226423_11422198.jpg
b0226423_11421463.jpg
b0226423_1142882.jpg
b0226423_11415914.jpg
b0226423_11415198.jpg
b0226423_11414328.jpg
b0226423_11411486.jpg
b0226423_1141817.jpg
b0226423_1141044.jpg
b0226423_11404451.jpg
b0226423_11403813.jpg
b0226423_11403097.jpg
b0226423_11402161.jpg
b0226423_11401371.jpg
b0226423_1140644.jpg
b0226423_11395626.jpg
b0226423_11394898.jpg
b0226423_11392670.jpg
b0226423_11391778.jpg
b0226423_11391046.jpg
b0226423_1139250.jpg
b0226423_11385123.jpg
b0226423_11382625.jpg
b0226423_11381746.jpg
b0226423_1138778.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-29 16:34 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1805 繁華街(2017年5月8日Histrio-Prot40mmF6.3ピエロに会いに天満橋へ)Part 2


こうやって、自分の写真を好きなだけ掲載できる、
ブログって素敵な写真帖ですねえ。
私は自分の写真たちを心から愛しています。
えり好みもしません。

昔は、ポジを使って、B4のライトボックスに36枚並べて、
シャッシャッーとダメな写真を手裏剣風に弾き出し、
残された数枚をうっとり眺めたものでした。

ホロゴンウルトラワイドが来てから、一変しました。
人に見せる写真など撮らなくなったのです。
誰に見せても、ずっと無反応だったせいもありますが、
私の写真に対するスタンスが180度反転してしまったから。
「人に見せたい写真を」から、「自分の人生の記録写真」へ。

写真家の皆さんと撮り方ががらりと変ってしまいました。
写真家の皆さんは独創性を重んじます。
人が撮らないショット、人に撮れないショットを狙います。
私は、お気に入りのロボグラフィに再会する喜びの記録なので、
いつもと同じものを、いつもと同じ撮り方で撮ります。
「ぼくがあいつと同じ場所で再会した。
あいつも元気だった」
マンネリを怖れないのではなく、マンネリこそ目標。
「万えり好み」なので、マンエリというわけです。

嬉しいときは、何枚も撮ります。
あなた、恋人を撮るとき、
(おっと、あなたの場合、「撮ったとき」ですね)、
たった1枚でもいい、傑作を撮りたい、なんて思っていましたか?
ずっと撮り続けたい、何枚でもいい!
でしたね。
あれですよ。





b0226423_14194868.jpg
b0226423_14194240.jpg
b0226423_14193549.jpg
b0226423_14155032.jpg
b0226423_14154231.jpg
b0226423_14153693.jpg
b0226423_1415294.jpg
b0226423_14151670.jpg
b0226423_1415639.jpg
b0226423_1415042.jpg
b0226423_1414511.jpg
b0226423_14144532.jpg
b0226423_14143798.jpg
b0226423_14143027.jpg
b0226423_14142238.jpg
b0226423_14141049.jpg
b0226423_1414137.jpg
b0226423_14134959.jpg
b0226423_14134331.jpg
b0226423_14133619.jpg
b0226423_14132732.jpg
b0226423_14131978.jpg
b0226423_14131334.jpg
b0226423_1413656.jpg
b0226423_141306.jpg
b0226423_14125419.jpg
b0226423_14124814.jpg
b0226423_14124113.jpg
b0226423_1412359.jpg
b0226423_1412767.jpg
b0226423_14115920.jpg
b0226423_14115376.jpg
b0226423_14114664.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-28 14:20 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1804 繁華街(2017年5月8日Histrio-Prot40mmF6.3ピエロに会いに天満橋へ)Part 1


稀代のレンズ制作者、宮崎貞安さんから、
ニューレンズの試写を託されて、どれ位になるでしょうか?

レンズテストのクライマックスとして、
大阪天満橋筋商店街のピエロマネキンを撮るようになって、
どれ位になるでしょうか?
私は調査魔ではないので、面倒だから調べませんが、
おそらくゾンネタール50㎜F1.1以来だと思います。

天満橋商店街は大阪の商店街ベスト3に断然当選でしょう。
とくに最北点、昔から「天六」として知られるあたりから、
中間地点あたりまでの店はほとんど全部、
まだ元気に繁盛しているのですから、すごいものです。

大阪のおっさん、おばはんに会うことができます。
私は、大阪弁がしゃべれないので、
大阪のおっさんとは言いがたいのですが、
でも、心は大阪のおっさんです。

ハードディスクの天満橋ファイルをちょっと数えてみたら、
5年半の間に33回。
かなりの回数です。
奈良町は別格として、心斎橋、鶴橋、通天閣界隈、十三等
大阪の代表的な下町と並んで、私のお気に入りエリア。

今回は、Histrio-Prot40mmF6.3バージョンを3回にわたり、
撮影順に並べてみます。





b0226423_14375953.jpg
b0226423_14375398.jpg
b0226423_14374715.jpg
b0226423_1437407.jpg
b0226423_14373287.jpg
b0226423_14372260.jpg
b0226423_14371453.jpg
b0226423_1437280.jpg
b0226423_14365571.jpg
b0226423_14364777.jpg
b0226423_14363886.jpg
b0226423_1435220.jpg
b0226423_14335959.jpg
b0226423_1433521.jpg
b0226423_14334531.jpg
b0226423_14333822.jpg
b0226423_14333226.jpg
b0226423_14332550.jpg
b0226423_14331754.jpg
b0226423_1433102.jpg
b0226423_1433325.jpg
b0226423_14325787.jpg
b0226423_14324988.jpg
b0226423_14324331.jpg
b0226423_143215100.jpg
b0226423_143283.jpg
b0226423_1432074.jpg
b0226423_14315417.jpg
b0226423_14314740.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-27 17:23 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1803 記憶(2017年4月10日キノプラズマート20㎜F1.5奈良町にしっとりと)Part 6-完-

キノプラズマート、使えば使うほど、
「ああ、いい!」
そう感じます。
でも、その「いい」は私がその場に居た瞬間とそのときの気持ちを
しっかり思い出させてくれるからです。

「写真が多すぎるよ」
友人からそう言われました。
傑作写真ばかり並んだら、「多すぎる」とは誰も言いません。
「凄い!
圧倒された!」
そう言うでしょう。
だから、「見る価値のない写真を沢山出している」という意味。
私のブログ訪問者の99%、いや100%のご意見でしょう。

写真家として作品を発表する場と考えるなら、
極度に厳選、これが絶対でしょう。
「下手の鉄砲数撃ちゃ当たる」式が成功する筈がありません。
だとすると、私がなぜこんなに無差別のごった煮をしているのか?
その理由を考えていただきたいですね。

次のどれでしょう?
① 全部傑作で、人にアピールできる、私がそう考えている。
② ごった煮に辟易して、来る気をなくさせるため。
③ 自分の足跡の絵日記のつもり。

①じゃ、まるで「アホ」ですね。
正解は②と③。

人気ブロガーの皆さん、スパム攻撃に時折悩まされるそうです。
優れた写真とブログ人気とふたつながら嫉妬をかき立てるからです。
思うに、人気ブログの場合、それだけの理由があるから、
人が集まるのですから、嫉妬を感じさせるのも無理はないし、
そう感じる方が訪問してくる確率もそれだけ高いわけです。

一方、私がそれに近いコメントをもらったのは、
別ブログを初めて1年経たぬ頃、たった1回だけ!
なぜ?
訪問者がごく少数なので、
そう感じる方が来る確率も極めて微少だからです。
もっけの幸いです。
そのたった1回、ただちに削除して、
その人物のアクセスを禁じましたが、
なんで、わざわざ人を怒らせるようなことを書くんだろう?
かなり気分が悪かったことを覚えています。
「スパム」とはよく言ったものです。

そこで、考えた対抗策が「写真と文章をたっぷり」。
その頃気がつきました、
ブログって、完璧な日記媒体じゃないか!
そこで、掲載容量を無制限とするよう契約を変更し、
以来、どんどん文章と写真を無制限に増大させるとともに、
アクセス数をチェックするのを止めました。

私はかなり意思が強く、決めたことは実行する人間なので、
それ以来、幾人がのぞいたか、まったく調べたことがありません。
一度、朝、自分の頁を開いたら、なんと呼ぶのか知りませんが、
個人のホームページのようなものの体裁がガラリと変わり、
片隅にその時点までのアクセス数の欄まであって、
目に入ってしまいました。
早朝だったので、「2」か「3」だったと思います。
ただちに旧の頁に設定を戻しました。
その頁を開く度に「この頁はサポート終了」とかなんとか表示。
「いいでしょ、サポートなんかしてもらわなくてもね」
いつか、旧の頁が本当に廃止されてしまったら、
現ホームページがCRTに出現する度に、
アクセス数欄を見ないように反射的に顔を動かし、
次の瞬間、さっとアクセス数欄を手で隠すことになるでしょう。

見たって、いいじゃないの?
皆さんはそうでしょう。
私はいやです。
日記なら、そんなものは見ない、それが大前提。
いやなことは絶対にしない、それが私の流儀。





b0226423_23223992.jpg
b0226423_23223345.jpg
b0226423_23222777.jpg
b0226423_23222179.jpg
b0226423_23221229.jpg
b0226423_2322377.jpg
b0226423_2321315.jpg
b0226423_23212546.jpg
b0226423_23211946.jpg
b0226423_2321139.jpg
b0226423_2321671.jpg
b0226423_2321028.jpg
b0226423_23205443.jpg
b0226423_23204622.jpg
b0226423_23203831.jpg
b0226423_23203147.jpg
b0226423_23202486.jpg
b0226423_23201871.jpg
b0226423_23201193.jpg
b0226423_232043.jpg
b0226423_23195789.jpg
b0226423_23195128.jpg
b0226423_23194456.jpg
b0226423_23193781.jpg
b0226423_23192964.jpg
b0226423_23192329.jpg
b0226423_23191788.jpg
b0226423_23191045.jpg
b0226423_2319330.jpg
b0226423_23185748.jpg
b0226423_23184973.jpg
b0226423_23184258.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-26 23:59 | Kinoplasmat20/1.5 | Comments(0)

1802 記憶(2017年4月10日キノプラズマート20㎜F1.5奈良町にしっとりと)Part 5



キノプラズマート20㎜F1.5を使っていると、
不思議な感じに襲われます。

ご承知のように(というのは、言葉の綾)、
ご承知でない方ばかりでしょうけど、
私はレンズを使うとき、99パーセント、開放一本槍。
人間の個性や癖はどんなときに出ますか?
本人が自意識を持たないとき、ふとした瞬間に、ですね。
レンズもそれと同じ。
レンズの個性、本質、真実の姿が出るのは、開放のときだけ。
レンズの欠陥、欠点、悪い癖が出るのも、開放のときだけ。
そうではないでしょうか?
だから、開放が面白いのです。

奈良町でこのレンズがどんな写真を撮ったか?
これをじっくり観て行くと、面白いことが分かりますね。
このレンズの開放描写って、開放とは思えないほどに重厚で、
像、イメージに厚みがあります。
でも、前後のボケ味は紛れもなく大口径レンズの味。
このまるで二律背反するような、でも、
このレンズを極上のビンテージに高めてくれる特質が、
どの写真にも顕われています。

私が持っている25㎜以下のキノプラズマートというレンズ、
たいてい、時折、どこか腰の弱さ、儚さのような雰囲気を見せます。
ところが、20㎜はそんな雰囲気と完全に無縁。

Olympus EP-L1で使うので、実質上、40㎜レンズ。
不思議ですね。
今盛んに試写を繰り返している宮崎貞安さんのニューレンズ、
Histrio-Prot40mmF6.3とまったく同じ焦点距離です。
その原型のプロターもキノプラズマートも設計者は同じ、
パウル・ルドルフ博士ではありませんか?
そのせいでしょうか?

そして、今、気づきました。
開放値はぜんぜん違うのに、描写性にかなり似たところがある、
そんな感じがする?
いかがでしょうか?
私の勝手な思いこみでしょうかねえ?





b0226423_225858100.jpg
b0226423_22585225.jpg
b0226423_22584674.jpg
b0226423_2258395.jpg
b0226423_22583210.jpg
b0226423_22582672.jpg
b0226423_22581924.jpg
b0226423_22581366.jpg
b0226423_2258727.jpg
b0226423_2258065.jpg
b0226423_22575413.jpg
b0226423_22574796.jpg
b0226423_22574136.jpg
b0226423_22572892.jpg
b0226423_2257213.jpg
b0226423_22571552.jpg
b0226423_2257947.jpg
b0226423_2257331.jpg
b0226423_22565658.jpg
b0226423_22565083.jpg
b0226423_22564346.jpg
b0226423_22563573.jpg
b0226423_22562836.jpg
b0226423_22562215.jpg
b0226423_22561694.jpg
b0226423_22561044.jpg
b0226423_2256466.jpg
b0226423_22555716.jpg
b0226423_22555076.jpg
b0226423_2255438.jpg
b0226423_2255367.jpg
b0226423_22552838.jpg
b0226423_22552010.jpg
b0226423_22551219.jpg
b0226423_2255320.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-25 23:18 | Kinoplasmat20/1.5 | Comments(0)

1801 記憶(2017年4月10日キノプラズマート20㎜F1.5奈良町にしっとりと)Part 4


私は極めて狭い人生を送って来ました。
テレビを観なくなって何十年でしょうか?
誰もが関心を持つようなことに一切関心を寄せず、
と言うより、そんな関心が存在することすら知らず。
誰もが知っているようなこともほとんど知らず。
いやなこと、邪悪なこと、汚れたことは切り捨て、
私が心から望まない交際は一切絶って生きて来ました。

だからと言って、仙人のように生きて来たわけでもない。
要するに、狭い人生を生きてきました。
引退して第2の人生に入ると、さらに狭くなったようです。
そんな中で、ますます美しいものへ傾斜を深めています。

先頃肺炎を患った顛末は再三書きましたが、
なんのダメージもなくするりと疾病のクライシスから脱して、
さらに健康に自信を深め、
今、人生で一番健康で、一番敏捷で、一番頑健になった、
そんな感じをますます強め、
自分の人生にさらに集中する姿勢を強めつつあります。

どこに向かって集中するのか?
もちろん、美へ!

目下、キノプラズマート20㎜F1.5の写真を並べていますが、
これらの写真をご覧になったら、一目でお分かりでしょう。
眼を汚すようなもの、心に影を投げるようなもの、
どこかの首相や大統領の頬の弛んだ顔も含めて、一切うっちゃって、
私が見つめる美しいものはこんなものたちなのです。

私は、私の美しいものたちを人と共有したいとは思いません。
私が現に美しいと思うから、こうして撮影、ブログに掲載する、
だから、ブログは私の美体験日誌、
ただこれだけの意味しかないわけです。

「どこが美しい? ただの薄汚れた、ありふれたガラクタじゃない?」
そうお感じになるかたも多いことはよく分かっています。
それはつまり、あなたが私のブログと無縁だということだけ。
自分の体験を人に是認してもらいたい、共有してもらいたい、
なんて、これっぽっちも思っていません。

よく考えてみると、若いときからずっとこの調子で生きてきました。
誰にも知られることもなく、人から尊敬されることもない、
私はそれが一番だと信じてきました。
なぜって?
誰にも気兼ねなく生きることができるから。

キノプラズマート族って、そんな生き方をする私にはかなりふさわしい。
キノプラズマートというレンズはほとんど話題にならないし、
使ったことがある人もかなり少ない。
描写はかなり恣意的で、
どんなに使い込んでも、結果を予見することはできない。
だから、私はいつまでも写真を楽しめるのですから。




b0226423_17542287.jpg
b0226423_17535489.jpg
b0226423_17534980.jpg
b0226423_17534265.jpg
b0226423_17533696.jpg
b0226423_1753292.jpg
b0226423_17532225.jpg
b0226423_17531548.jpg
b0226423_1753910.jpg
b0226423_1753355.jpg
b0226423_17525654.jpg
b0226423_17524913.jpg
b0226423_17524362.jpg
b0226423_17523621.jpg
b0226423_17523115.jpg
b0226423_1752244.jpg
b0226423_17521869.jpg
b0226423_17521290.jpg
b0226423_175259.jpg
b0226423_17515821.jpg
b0226423_1751527.jpg
b0226423_17514568.jpg
b0226423_17513923.jpg
b0226423_17513185.jpg
b0226423_17512570.jpg
b0226423_17511928.jpg
b0226423_17511298.jpg
b0226423_1751625.jpg
b0226423_17505346.jpg
b0226423_17504681.jpg
b0226423_175038100.jpg
b0226423_17503019.jpg
b0226423_17502375.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-23 20:41 | Kinoplasmat20/1.5 | Comments(0)

1800 記憶(2017年4月10日キノプラズマート20㎜F1.5奈良町にしっとりと)Part 3


おー、おー、ついにこのブログの記事も1800の大台に載りました。
よい機会なので、種明かしを一つプレゼントしましょう。
(すでに何度も何度も書いてきたことですが)

ときどき、写真に対して、過度な期待を寄せられ、
また、写真家自身が過度な期待を持ってしまうことがあります。
すなわち、「写真作品は深い精神性をたたえていなければならない。」

私が自分の写真を絶対に「作品」と呼ばない理由がここにあります。
私の写真に精神性などかけらもないからです。
あるのは、ただの2次元の見かけだけ。
あるとしたら、「わあ、いいなあ!」という讃歎の気持ちだけ。

写真家のみなさん、胸に手を置いて、よーく考えてみましょうね。
「自分に深い精神性があるか?」
「うん、あるよ」と答えられる人は政治家にでもなりましょう。
絶対に写真家になろう、なんて思わないように。

私は、「精神性」などというような高邁な要素など自分には無縁、
そうはっきり知っています。
まああるとすれば、過剰な期待と過大な反応、それ位でしょう。
おかげで、路傍のどんな取るに足りない欠片にも即座に触発され、
大げさなくらいに上機嫌になれるわけです。
でも、写真の奥底を深く探ろうとしても、なにもない。
奥底そのものがない。
2次元の平面の模様だけ。

私の写真の師匠田島謹之助さんに深く慨嘆されたことがあります、

    「あんたの写真って、なにかあるぞっと思わせるけど、
    よくよく見たら、なんにもないなあ」

ここでは、どうやら、キノプラズマートというレンズが、
そんな幻影を生み出してくれているようです。
ありがとう、キノプラズマート!





b0226423_2331764.jpg
b0226423_23305731.jpg
b0226423_23305060.jpg
b0226423_23304357.jpg
b0226423_23303562.jpg
b0226423_23302755.jpg
b0226423_23302185.jpg
b0226423_23301311.jpg
b0226423_2330741.jpg
b0226423_2330128.jpg
b0226423_23295317.jpg
b0226423_23294724.jpg
b0226423_23294166.jpg
b0226423_23293555.jpg
b0226423_23292951.jpg
b0226423_23292498.jpg
b0226423_23291769.jpg
b0226423_23291153.jpg
b0226423_23295100.jpg
b0226423_23285770.jpg
b0226423_23285093.jpg
b0226423_23283969.jpg
b0226423_23283343.jpg
b0226423_23282611.jpg
b0226423_2328192.jpg
b0226423_23281319.jpg
b0226423_2328293.jpg
b0226423_23275774.jpg
b0226423_23275035.jpg
b0226423_23274439.jpg
b0226423_23273979.jpg
b0226423_2327329.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-22 23:59 | Kinoplasmat20/1.5 | Comments(0)

1799 記憶(2017年4月10日キノプラズマート20㎜F1.5奈良町にしっとりと)Part 2


長い間、私は一つ誤解をしていました。
私たち一般人が使うスチール写真用のレンズが最高、
漠然とですが、そう考えていました。
映画用レンズなど使ったことがなかったので、
当たり前と言えば、当たり前ですが。
でも、どうやら間違っていたようです。

遙か昔から、映画には莫大な資金が投資され、
成功すれば、その投資の見返りは大変なものでした。
そんな映画の成功不成功の決め手になるのは、
大抵の場合、映画としての出来不出来だったわけですが、
この出来不出来を左右したファクターの一つが、
画像、イメージの美しさ、迫力、リアリティでした。
そして、その決め手となったのは、カメラマンとレンズ、
この2つだったようです。

どうやらカメラマンはコンテに従って撮影するようです。
黒沢明、小津安二郎のような名監督は見事なコンテを作っています。
でも、そのコンテを最大限活かして映像にするのはカメラマンであり、
優れたレンズだったのです。

映画カメラマンは、ディレクター、監督、主演俳優たちを頂点とする、
集団製作のスタッフの一員として活動するので、
写真家たちのように、個人的名声を築くことはかなり難しいようです。
でも、名画には必ず名シーンがあり、その名シーンを活かしたのは、
カメラマンであり、名レンズでした。

だから、映画用レンズの製作には膨大な資金が投じられたようです。
アストロ・ベルリン、アンジェニュー、ツァイス、
キノプティック、ダルメーヤー、フーゴ マイヤー等々、
優れたレンズメーカーの多くの主力製品は映画用レンズだったようです。
キノプラズマートの「キノ」は「映画」を意味するようです。
語源はどうやらギリシャ語のkinein(動く)であり、
この言葉からkinema(キネマ)あるいはcinemaが生まれたようです。

ツァイスの偉大なレンズ制作者パウル・ルドルフ博士は、
ツァイス退職後フーゴ マイヤー社に移って、キノプラズマートを考案したのです。
36㎜映画用キノプラズマートはついに私の手の届かぬ高みに舞い上がり、
私が手に入れることができたのは、8㎜、16㎜用のキノプラズマート。
だから、名画とは無縁だったでしょうけど、
民生用のいわばプアマンズキノプラズマートたちを使うにつけて、
その魔術的な実在感にうっとりさせられるのです。
シネマ用の主力レンズを開発するための人的物的投資の成果は、
きっとこうした廉価版映画レンズにもしっかり反映している、
だから、こんなに深みのある画像をプレゼントしてくれるのだ、
そう考えたいですね。





b0226423_1922116.jpg
b0226423_1921431.jpg
b0226423_192758.jpg
b0226423_192176.jpg
b0226423_1915539.jpg
b0226423_1914925.jpg
b0226423_1914353.jpg
b0226423_1913728.jpg
b0226423_1913077.jpg
b0226423_1912455.jpg
b0226423_1911628.jpg
b0226423_1911068.jpg
b0226423_191587.jpg
b0226423_1905996.jpg
b0226423_1905386.jpg
b0226423_1904718.jpg
b0226423_1903944.jpg
b0226423_1903457.jpg
b0226423_1902765.jpg
b0226423_1902127.jpg
b0226423_1901322.jpg
b0226423_190772.jpg
b0226423_190083.jpg
b0226423_18595424.jpg
b0226423_18594779.jpg
b0226423_1859409.jpg
b0226423_18593437.jpg
b0226423_18592711.jpg
b0226423_18592013.jpg
b0226423_18591199.jpg
b0226423_1859457.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-21 20:55 | Kinoplasmat20/1.5 | Comments(0)

1798 記憶(2017年4月10日キノプラズマート20㎜F1.5奈良町にしっとりと)Part 1


ブログを始めた当初は、私でさえ、人が分かるような写真を選びたい、
そう思っていました。
写真やレンズを巡って意見交換したい気持ちがあったからです。

でも、早々にそうした期待は自分の写真には重荷過ぎる、
そう気づきました。
もともと人にアピールする気持ちなしに撮っているのに、
人になにかを感じて欲しいと期待するのは筋違い。

そう気づいたことで、私自身とブログと二つながらに、
一つの障害を乗り越えたのでした。
ブログ記事を作ることも、自分の人生を生きることなんだ、
そう悟ったのです。
それ以来、自分の心の赴くままにブログを作ってきました。

キノプラズマート20㎜F1.5
キノプラズマート一族の中でも一番目立たないレンズでしょう。
このレンズの存在価値、個性は何なのだ?
そう正面切って尋ねると、さて、なんでしょう、と当惑。
でも、こうして並べてみると、
一人ひっそりと路傍で自分の記憶を写真に収めている私には、
かなりふさわしいレンズなんじゃないか、という気がしています。
あえかに揺らぐ思い出の儚さ、そんな味わいでしょうか?






b0226423_22241423.jpg
b0226423_2224731.jpg
b0226423_2224184.jpg
b0226423_22235475.jpg
b0226423_22233613.jpg
b0226423_22232995.jpg
b0226423_22232349.jpg
b0226423_22231331.jpg
b0226423_22232100.jpg
b0226423_22224986.jpg
b0226423_22224186.jpg
b0226423_22223540.jpg
b0226423_22222954.jpg
b0226423_22222220.jpg
b0226423_22221613.jpg
b0226423_2222821.jpg
b0226423_22215922.jpg
b0226423_22215361.jpg
b0226423_22214787.jpg
b0226423_22214146.jpg
b0226423_2221347.jpg
b0226423_22212962.jpg
b0226423_22212310.jpg
b0226423_22211785.jpg
b0226423_2221124.jpg
b0226423_2221666.jpg
b0226423_2221092.jpg
b0226423_22205472.jpg
b0226423_22203196.jpg
b0226423_22202064.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-19 22:50 | Kinoplasmat20/1.5 | Comments(0)

1798 元町の春(2017年4月8日神戸元町とダルメイヤー25㎜F1.9、ともに歌った)


ピカソの生涯の作品数は軽く10万点を超えているのだそうです。
どうやら、インスピレーションによってアイデアが浮かび、
じっくりと構想を練って、やおら製作に取りかかったなんてことは、
なかった!

垂直に立てた透明アクリル板の向こうにピカソが座り、
バンバン描きまくっては消し、消しては別の絵を描きまくる、
そんなシーンが撮影されていました。
絵を描くことはまるで呼吸することだったのです。
我描く、故に我あり。
そんな画家だったのでしょう。

私は芸術家じゃなくて、ただの写真好きですが、
ピカソのように、撮りたいですね。

私の初期の写真の師匠は写真家田島謹之助ですが、
彼はよく言ったものでした、
「良いシーンに出会ったとき、カメラを向ける前に、
どんな写真になるか、どんな写真を撮りたいか、
分かってなきゃダメですよ」
私のように、「わっ、いい!」、そう思った瞬間に、
いきなりシャッターを落としてしまう、そんな人間は、
所詮、田島さんの不肖の弟子に終わる運命でした。

それからずっと私の撮り方は変りません。
でも、私が田島さんの勧めどおりの写真家になった、
なんて可能性はいくら考えてもありません。
ロボグラフィに出会った瞬間にシャッターを落とす、
その醍醐味こそ、私の写真の喜びなのですから。
その結果どんな写真が撮れるか?
そんなことはどうでもいいじゃない?

そんな私に神戸の町は楽しいですね。
奈良、大阪では出会えない、そんなシーンが一杯。
4月8日は神戸アブニールコンサートの日でした。
そんな日でもカメラを持参して、
リハーサルの前後に48枚撮りました。

ダルメイヤー25㎜F1.9付きオリンパスEP-L1。
ペッツヴァールだと言われている廉価版Cマウントレンズ。
でも、ロボグラフィ適性は抜群です。

私の友人の一人は言い切ります、
これ一本あればいい!
私はそこまで言い切る自信はありませんが、
なにかの災害で、このレンズ一本だけが残されても、
一生写真を楽しむ人生を送れるだろう、
そんな確信はあります。





b0226423_1754595.jpg
b0226423_17545167.jpg
b0226423_17544554.jpg
b0226423_17543863.jpg
b0226423_17542399.jpg
b0226423_17541676.jpg
b0226423_17541025.jpg
b0226423_1754398.jpg
b0226423_17535453.jpg
b0226423_17534717.jpg
b0226423_17534168.jpg
b0226423_17533382.jpg
b0226423_17532797.jpg
b0226423_17531883.jpg
b0226423_17531262.jpg
b0226423_175341.jpg
b0226423_1752588.jpg
b0226423_17525125.jpg
b0226423_17524411.jpg
b0226423_1752364.jpg
b0226423_17523040.jpg
b0226423_17522330.jpg
b0226423_17521748.jpg
b0226423_1752944.jpg
b0226423_1752356.jpg
b0226423_17515652.jpg
b0226423_17515035.jpg
b0226423_17514356.jpg
b0226423_17513724.jpg
b0226423_17512958.jpg
b0226423_17512275.jpg
b0226423_17511462.jpg
b0226423_1751556.jpg
b0226423_17505124.jpg
b0226423_17503688.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-16 17:56 | Dallmeyer25/1.9 | Comments(0)

1797 町歩き(2017年4月24日ホロゴン15㎜F8Uの奈良町お忍び)3 楽しいこと


ネットサーフィンはできるだけしないようにしています。
真実性、正確性を保証されない資料集、なんて、
まったく頼りになりませんが、それを超えて、危険が一杯。
罠が至る所に仕掛けられた草原を歩くようなものですから。

「元気、長生きの秘訣はなんですか?」というようなフレーズ。
ちょっと心が動いて、次の頁。
「楽しいことばかりしよう!」というようなフレーズ。
大阪弁で言いますと、「あったりまえやないか!」ですね。

さらに、ニュースとなると、見ない方がいいですね。
腹が立つやつらの腹が立つ横暴専断ばかり。
この世界、お先真っ暗。
そこで、「元気、長生きの秘訣はなんですか?」には、
「新聞、テレビ、ネットニュースは見ない!」が模範解答。
でも、それじゃ生きていけない、ですって?
生きてるじゃないですか?
あなたがニュースを見ようが見まいが、
世界は動いていますよ、あなた抜きで、ね。
よしましょう、こんな記事じゃ、「楽しいこと」になりませんね。

暗い気持ちを吹っ飛ばしたかったら、写真を撮りましょう。
自分が一番撮りたい場所で、一番撮りたい写真を。
私の場合、極く単純ですね。
旅行なんか、まったく必要がない。
自分が居る場所、どこでも、そこが今一番撮りたい場所。

そして、ホロゴンが一番使いたいレンズ。
ホロゴン写真をざらっとご覧になって、いかがですか?
私はいつも思います、
自分の写真は昔と全然変わっていない。
レンズに撮ってもらっているんだから、
当たり前、か?
でも、少なくとも、これだけは言えます。
楽しいことばかりしていますね。
だから、私は長生きできそう。





b0226423_1822967.jpg
b0226423_182226.jpg
b0226423_1821516.jpg
b0226423_182686.jpg
b0226423_1811419.jpg
b0226423_181786.jpg
b0226423_181159.jpg
b0226423_1805414.jpg
b0226423_1804618.jpg
b0226423_1803946.jpg
b0226423_1803245.jpg
b0226423_1802593.jpg
b0226423_1801834.jpg
b0226423_1801219.jpg
b0226423_180468.jpg
b0226423_17595025.jpg
b0226423_17594274.jpg
b0226423_17593450.jpg
b0226423_17592798.jpg
b0226423_17591735.jpg
b0226423_1759921.jpg
b0226423_1759226.jpg
b0226423_17585370.jpg
b0226423_17584772.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-15 20:52 | Hologon15/8U | Comments(0)

1796 町歩き(2017年4月24日ホロゴン15㎜F8Uの奈良町お忍び)2 朴葵姫


生きていると、楽しいですねえ。
時々、ああ、この人にはかなわないなあ、
こんな人が居るなんて、人間って、凄いんだなあ、
そう思わせてくれる人に出会います。
ギタリストの朴葵姫(パク・キュヒ)さんもそんな一人ですね。
まず、2つ、聴いてみてください。

[HIT] 윤건의 더 콘서트 - 박규희(Park Gyu Hee) - 가짜 탱고.20150311
https://www.youtube.com/watch?v=2JHFn8dVwug

[온스테이지] 227. 박규희 - CHOROS NO1
https://www.youtube.com/watch?v=QRNq2wJ1RRQ&index=2&list=RD2JHFn8dVwug

私はギターも好きで、あれこれ聴いてきましたが、
ギター演奏のことなどまるで知りません。
他の楽器でも同様です。
私は音楽が好きななだけ。
楽器のこともその他音楽知識もほとんどありません。
専門的な知識を沢山蓄えておられる方がよく居られますが、
私はひたすらたった一つのフィルターだけで聴いてきました。
私の心を喜びと憧れで一杯にしてくれるかどうか?
これだけ。
昔から言われている「琴線を震わせる」って、それなのでしょう。
偉大、と言われている演奏家で、このフィルターにかからない人、
一杯います。
巧さではなさそうです。
言葉では説明できない、そんな心の働き。
強いて言えば、もって生まれた血のようなものかも知れません。
技術的にはもっと巧い人が一杯居るでしょう。
もっと難しい曲を難なく弾き切ってしまう人もいるでしょう。
でも、難曲であればあるほど、心に食い込んでくるでしょうか?
そんなことはありませんね。
結局、この音楽に出会って、私という一人の人間の心が震えた、
ただそれだけの極微、レアな現象に過ぎず、だからと言って、
この人が世界一流の音楽家であることを証明するわけでもない。
でも、そんなことはどうでもよいことですね。
私という一人の人間の心を震わせることができた、
ただそれだけで、この人は、私の音楽の殿堂の女神となる、
このことだけは間違いがない。
私の人生は、そんな「私の」芸術家たちとの出会いで彩られている、
だから、私は心を躍らせて生きることができる、
そう言っても過言ではないでしょう。
どうやら、大リーグの「野球の殿堂」のようなものが、
一人一人の心の中にも密かに聳えているのではないでしょうか?
音楽だけではありません、
あらゆる種類にアートの神たち、
私が出会った美しい心の人たち、生き物、光景、場所、もの、
そんな美しい現象のすべてが数限りなく収まっている、
「私の美の殿堂」
あなたにもちゃんとありますね。
そんな自分の美のコレクターになりましょうね。
この文章をお読みになった方がおられたら、思わずつぶやくでしょうね。
「おいおい、おいおい、どうかしちゃったの?
これが「レンズ千夜一夜」の記事かい?
レンズのことなんか、一言も出て来ないじゃないか?」
ご心配なく。
写真をご覧下さい。
ホロゴンに説明は要りませんから。
(真相は、2つの記事、どっちも区別なんか忘れてしまいました。
どうせ、私の心の日記なのです。
どちらに何を書こうと、私の今を記録する意味しかないのですから)




b0226423_23111622.jpg
b0226423_2311924.jpg
b0226423_2311456.jpg
b0226423_23105659.jpg
b0226423_23105022.jpg
b0226423_23104244.jpg
b0226423_23103598.jpg
b0226423_23102877.jpg
b0226423_23102051.jpg
b0226423_2310143.jpg
b0226423_2310620.jpg
b0226423_231009.jpg
b0226423_2395396.jpg
b0226423_2394615.jpg
b0226423_2393998.jpg
b0226423_2393287.jpg
b0226423_2392634.jpg
b0226423_2391923.jpg
b0226423_2391229.jpg
b0226423_239044.jpg
b0226423_2384059.jpg
b0226423_2383215.jpg
b0226423_2382611.jpg
b0226423_2381966.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-14 23:12 | Hologon15/8U | Comments(0)

1795 診療所で(2017年4月24日ホロゴン15㎜F8Uの奈良町お忍び)1


2017年4月24日月曜日はちょっとした祝祭日でした。
診療所の医師から無罪放免を言い渡された日なのです、
「肺炎は一応治りました。
これ以上治療は不要です。
1ヶ月後にもう一度レントゲンを撮って、
肺の炎症が完治したかどうか確認しましょう」

5月6日までの2週間は遠出を慎み、安静療養するように、
厳しく言い渡されました。
でも、ちょっと用があって、奈良町に出かけたのです。
これは担当医の先生には内緒にお願いします。

ちゃんとバッグにはカメラを忍ばせていました。

   ソニーα7
   ホロゴン15㎜F8U

完治のお祝いはベストフレンドと祝いたい、という気持ち。
診療所ですでにお祝いを始めていました。
レントゲンを撮ってから、診察を待つ間、
ホロゴンで待合室を撮りまくりったののです。
ホロゴンマクロ、という新しい楽しみ方にかなり夢中。
まあ、変わった患者さんに見えるでしょうね。

ホロゴン15㎜F8U(ホロゴンウルトラワイド)で、
マクロを楽しんでいる人間は世界中に数える位でしょう。
ソニーα7とフォクトレンダーのMマウントアダプタのお陰。
ホロゴンも私も喜んでいます。

ホロゴンの気持ちがどうして分かるの?
という質問者には、こうお答えしましょう。
ホロゴンと私とは一心同体なので、
(大阪弁で)
わからいでかあ!




b0226423_119920.jpg
b0226423_119236.jpg
b0226423_1185573.jpg
b0226423_118487.jpg
b0226423_1184277.jpg
b0226423_1183513.jpg
b0226423_1182784.jpg
b0226423_118217.jpg
b0226423_1175630.jpg
b0226423_1174971.jpg
b0226423_1174351.jpg
b0226423_1173622.jpg
b0226423_1172928.jpg
b0226423_1172238.jpg
b0226423_1171562.jpg
b0226423_117918.jpg
b0226423_117234.jpg
b0226423_1164626.jpg
b0226423_1163999.jpg
b0226423_1163332.jpg
b0226423_1162354.jpg
b0226423_11616100.jpg
b0226423_116657.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-14 15:00 | Hologon15/8U | Comments(0)

1794 新人登場!(2017年5月12日iPhone写真家が見つかった!)Part 才能


アートのどんな分野でも同じようです。
「努力は才能をカバーできますか?」
その道の奥義を極めた人の答えはいつも一つのようです。
「できません。才能が絶対条件です」
悲しいことですね。
写真は一概にアートとして括ることはできませんが、
アートとしての写真を志す限り、
あなたに才能がなければ、成功は無理ですね。
だから、私は最初から記録、日誌としての写真を目指しました。
そして、幾人かの写真的才能の持ち主に出会って、
なおさらにアートとしての写真への道は閉ざされました。

でも、不思議ですね。
獲得形質は遺伝されないとされています。
遺伝子は生命体を構成するタンパク質を生成するための情報に過ぎない。
そんなタンパク質をどこにどう配列したら、
アートの才能となって発現するのでしょうか?
でも、遺伝されたなにかが音楽家の才能となって発現しているらしい。
たとえば、バッハ家には幾人もの正真正銘の音楽家たちが輩出しました。
伝統だけでは説明ができないなにかが伝わっているらしい。

ただし、ある人がそんな芸術的才能を持ち合わせていても、
必ずその才能がなんらかの芸術となって結実するわけではありません。
一部の人を除いて、あるジャンルに足を踏み入れるきっかけは偶然。
昨日出会ったiPhone写真作家も、まったくそれと気づかずに、
前半生を過ごして来られました。
ところが、ある日、近江八幡を歩いたとき、
携帯で撮ってみたいという気持ちを起こされたわけです。
日常生活や観光で写真を撮るということはやってこられたでしょう。
でも、腰を入れて、いわば風景写真を撮ったのははじめて。
そして、ノートリミング、ノーメイキングですが、
プリントして、人に見せてみようと思ったのもおそらく初めて。

ところが、その結果はまさに驚動天地でした。
ほんの何気なしに、これはいいなと思った光景を前にして、
無造作にiPhoneを使って写真をお撮りになったのでしょう。
それなのに、すべて完璧な構図。
まさにアーチストの作品。
誌面の関係で、5枚だけちょっと吟味してみましょう。
なにげなくシャッターを落として、
これだけの写真が撮れる、そんな写真家は稀では?



① 
b0226423_182018100.jpg


左下から右上隅の天空まで上っていく対角線と、
左上の大樹の枝から右下の船まで下降する対角線の交錯。
文句なしの構図ですね。


② 
b0226423_18214356.jpg


左上の対岸から、川面の大樹の逆さの影へ、
そして、右隅の此岸へと、まるで音楽のように歌っています。


③ 
b0226423_18221092.jpg


湾曲する川を五線譜にして、左下の岸辺、
大樹、対岸、そして右上の空と、上昇のメロディ。
配置もバランスも完璧ではありませんか?


④ 
b0226423_18222994.jpg


川に打ち込まれた柵、その横棒と3本の杭、
その影と川面の空の映りが奏でる音楽が聞こえてきます。
原作は両方の杭の両側にもう少し余裕があります。
柵の影の位置、形、つながり方が絶妙。


⑤ 
b0226423_1827696.jpg


風景写真では、電柱は、たいていの場合、邪魔ですね。
でも、この写真では、電柱が道と一体となって、
逆に、この開拓地をつなげる農道の姿を歌にしたようです。
右の大きな電柱とその電線の作り出すシルエットの形全体が、
黄金分割の原則に沿って、軽やかに舞う、絶妙の選択。
# by Sha-Sindbad | 2017-05-13 18:24 | iPhone | Comments(0)

1793 新人登場!(2017年5月12日iPhone写真家が見つかった!)Part 1 驚愕


昨日朝、私から3mほどしか離れていない、まさに目の前で、
車と車の衝突事故がありました。
交差点の10mほども前で右折行動を開始した乗用車が、
正しく直進する小型車の前に反対車線からいきなり飛び出して、
小型車の左ノーズ付近を粉砕して、
横断歩道の私の直前を走り抜けたのです。

私はちょっと下を向いた隙だったので、直接目撃せず仕舞い。
歩道端に立って、顔を上げた私の数十センチ先を右折車が走り抜けました。
小型車がその場で停止したので、事故の状況は容易に理解できました。
このことはまた別ブログ「わが友ホロゴン」で書きますが、
とにかく、これまで経験したことがないほどの大きく鋭い破壊音でした。
ところが、まったく私は動じませんでした。
なぜか分かりません。
あまりに音が大きすぎたので、驚きを通り越したのか知れませんが、
直後の状況を冷静に観察して、事故の状況をたちどころに把握できたので、
端的に驚きもしなかったようです。

でも、お天道様はちゃんとバランスをとってくださるようです。
午後、近頃体験したことがない驚愕に襲われる体験をしたのです。

友人4人で朝から枚方の農村部で撮影をした後、奈良県生駒市に戻り、
2人の女性と待ち合わせして、6人で歓談したのです。
そのお一人は、写真趣味などまるでない方でしたが、
バッグから葉書サイズの写真を取りだして、
「携帯で撮って、パソコンに読み込んで、ただ印刷したのですが...」

その9枚の写真を拝見して、文字通り、魂消てしまいました。
なぜ魂消たかは書きません。
まあ、しっかりご覧になってください。
私の感想は次回に書かせていただきます。




b0226423_1535038.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-13 16:55 | iPhone | Comments(0)

1792 奈良(2017年4月3日アポクロマート25㎜F2は独創性が売りで)Part 2 帰途に



たいていの写真家が現代のレンズ、カメラに心から満足されています。
その理由は、完璧な再現性がようやく実現された、ということでしょうか?
見えたものが見えたとおりに写って欲しい、それが大方の願望のようです。

私の写真をどなたもまったく喜ばない理由も分かるような気がします。
私は、見えたものが見えたとおりに写って欲しい、と思ったことがない。
第一私に「見えたもの」そのものが、人にはそう見えないかも知れません。
写真を始めたときからずっとそうでした。

映画のことを考えたら、容易に理解できることですが、
映画も写真も、実は夢を撮ろうとして来たんだ、
そんな感じがします。

アポクロマート25㎜F2、極めてシャープなレンズなので、
一見、再現性重視のレンズのように見えますが、
使っている限りでは、このレンズの描写は独特、
キノプティックにはキノプティックらしい再現性への理想があって、
ナチュラル、プレーンな再現性ではなくて、
かなりドラマチックな表現に傾いている、そんな感じがしますね。
だから、私が大好きなわけです。





b0226423_21163557.jpg
b0226423_21162718.jpg
b0226423_21161930.jpg
b0226423_21161273.jpg
b0226423_2116529.jpg
b0226423_21155724.jpg
b0226423_21155084.jpg
b0226423_21154264.jpg
b0226423_21153237.jpg
b0226423_21152653.jpg
b0226423_21151727.jpg
b0226423_21151194.jpg
b0226423_2115332.jpg
b0226423_21145558.jpg
b0226423_21144698.jpg
b0226423_21143823.jpg
b0226423_21143024.jpg
b0226423_21142336.jpg
b0226423_21141667.jpg
b0226423_2114876.jpg
b0226423_21135540.jpg
b0226423_21134870.jpg
b0226423_21131381.jpg
b0226423_211356.jpg
b0226423_2112574.jpg
b0226423_21124597.jpg
b0226423_2111163.jpg
b0226423_2111951.jpg
b0226423_2111193.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-11 21:57 | Apochromat25/2 | Comments(0)

1792 奈良(2017年4月3日アポクロマート25㎜F2は独創性が売りで)Part 1 西大寺

私はレンズ特性、レンズ設計のことなど完全に素人。
様々なレンズの特性、性能について立て板に水で論じられる方の前では、
ひたすら尊敬の念をこめた眼差しで、神妙に沈黙を保つだけ。

でも、実のところ、私には光学について学ぶ能力がゼロですし、
そんなことを知らなくても良い、と心の内では感じています。
私にとって大切なことは、たった一つ。
このレンズは、私が喜べる写真を撮ってくれるか?
ただ、それだけです。

たとえば、あなたが結婚式場に新郎として立っているとしましょう。
ふっと頭に閃きます、
そうだ、結婚リング、ちゃんと持ってきたかな?
式服の内ポケットを探ります。
ない!
ここに入れたつもりなのに!
また、閃きます。
そうだ、昨日、内ポケットに入れたけど、
ベッドに入る前に見たくなって、出したんだ。
そして、どうしたっけ?
あ、あ、あ! なぜか、机の引き出しにしまってしまった!」
誰かに取りに行ってもらわなければ!

そんなとき、どうしますか?
家の鍵をもっていて、リングの置き場所を教えたら、見つけられる家族に、
頼みますね。
家の場所も知らず、鍵も持たない人になんか頼みませんね。
それと一緒。

どんなレンズを愛用しますか?
「レンズ特性の優秀なレンズだよ」ですって?
いいですねえ、でも、さよなら、
私はそんなあなたと付き合いたいとは思えませんね。

「私の撮りたい写真を撮ってくれるレンズだよ」ですって?
いいですねえ、友達になりましょう!

そのレンズの特性なんかどうでもいいのです。
私が撮って欲しいと熱望するような写真を撮ってくれたら、
骨まで愛し、じゃない、レンズそのものを愛してしまいますね。
アポクロマート25㎜F2って、そんなレンズです。




b0226423_2331468.jpg
b0226423_23305871.jpg
b0226423_23305191.jpg
b0226423_2330449.jpg
b0226423_23303733.jpg
b0226423_23303122.jpg
b0226423_23301913.jpg
b0226423_23301319.jpg
b0226423_2330560.jpg
b0226423_23295853.jpg
b0226423_2328341.jpg
b0226423_23275548.jpg
b0226423_23263898.jpg
b0226423_23263153.jpg
b0226423_232621100.jpg
b0226423_23261343.jpg
b0226423_2326459.jpg
b0226423_23255629.jpg
b0226423_23254822.jpg
b0226423_23254039.jpg
b0226423_23253338.jpg
b0226423_23252459.jpg
b0226423_23251791.jpg
b0226423_2325109.jpg
b0226423_2325399.jpg
b0226423_2324562.jpg
b0226423_23245089.jpg
b0226423_23244532.jpg
b0226423_23243713.jpg
b0226423_23242974.jpg
b0226423_23242060.jpg
b0226423_23241242.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-10 23:58 | Apochromat25/2 | Comments(0)

1791 号外(Histrio-Prot40mmF6.3にピエロは違った顔を見せてくれた)


5月8日月曜日、
ほぼ半月ぶりに、本格的な気持ちで撮影を楽しみました。

「嘘付け! 
ときどき、あちこち撮り回ってたじゃないか!」
そういう抗議もあがりそうですね。
でも、あれらはすべて散歩の片手間。

今日は、ぐっと性根を入れての本格的撮影。
でも、そんなに沢山は撮っていません。
性根を入れた撮影はたった30分間。
ひさしぶりに大阪天満橋筋商店街のピエロマネキンと対決したのです。
言わずと知れた「Histrio-Prot40mmF6.3の試写」です。
さまざまな角度、フレームで絞り比較写真を撮ったのですが、
その30分間の慣れない作業で疲れきってしまいました。

ご承知のように、(と言っても、このブログ、誰も読まないから、
実はほとんど誰もご承知じゃないのは先刻承知。
景気づけのための単なる言葉の綾です、気にしないでください)
私は、どんなレンズも開放でしか撮りません。

シーンを最高の美しさで撮るための最適の絞り、
シャッター速度を選択するのが写真家。
これに対して、
自分の記憶を蘇らせたいので、
体験を忘却の淵から少しでも拾い上げたいので、
私の人生の一こまを写真に撮る、それも、
いつもほのかな優しさとペーソスに満ちたシーンとして撮りたい、
そう考えるのが私。
ど素人の日曜写真家そのものの素朴なスタンスですね。

どんなレンズも、開放絞りではボロが出ますが、
それなのに、一番すてきな表情が撮れるのも、
開放ではないでしょうか?

ところが、プロター㎜F6.3はちょっと異色。
開放からして、通常レンズの2絞り、3絞り絞り込んだあたり。
カメラマンの多くが常用するF8と半絞りしか違わない。
ですから、同じ開放でも、このレンズの開放はぐいと厚みがあります。
通常のレンズだと、これ位も絞れば、かなり画像が硬くなります。
ところが、このレンズ、厚みがあるけど、硬くならず、
なぜか、澄んで、重かったり、しつこかったりなど、しない。

絞り比較の作例は後日ごらん頂くことにして、
今回は、このレンズが、
ズミクロンやディスタゴンのようかカリスマレンズと違い、
ごく自然な描写なんだけど、なにかぎっしり詰まったものがある、
そんなスペシャルな重みの実感にもかかわらず、
使用感が軽快なことにますます強い印象を受けています。

また、宮崎さん、ヒットを出されたなあ、という感じ。




b0226423_11243616.jpg
b0226423_11242925.jpg
b0226423_11242365.jpg
b0226423_11241660.jpg
b0226423_11264792.jpg
b0226423_1124240.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-09 14:55 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1790 新大阪(3月22日はスピードアナスチグマート25mmF1.5とリコーダーで)


3月22日水曜日午後6時から8時まで、
新大阪駅近くのココプラザでリコーダー二重奏の練習をしました。

家を出たのは午後12時半。
スピードアナスチグマート25mmF1.5をソニーNEX-5に付け、
37.5mmにしました。
近鉄奈良駅から東向き通り、奈良町を撮影。
図書館から借りた5冊を借り代えて、バッグの底に仕舞い、
まっすぐ西にぐんぐん進んで、JR奈良駅まで撮影。
午後3時31分発快速で新大阪に向かいました。

スピードアナスチグマート25mmF1.5は、
キノプラズマート25mmF1.5と並んで、
私のCマウントレンズ中の白眉。
かなり液晶画面も画像も白濁しているなと、
レンズをのぞいてみると、表面にうっすらとホコリが堆積していました。
長い間使わないで、隙間だらけのケースに収納していたせい。
でも、ホコリをとったから、
見違えるようにクリアな画像になったかと言いますと、
そうでもないようで、フレアがかなり騒ぐ描写なのですが、
それが魅力なのですから、私はどうも典型的なボケ症候群、
おっと違った、ボケレンズ症候群なのでしょう。
38枚一挙上映と参りましょう。

宮崎貞安さんの最新レンズ、
フローライトアポクロマート135mmF2.4とは対極にあるレンズ。
そのどちらもが「最高!」と思わず感じてしまうのですから、
私という人間の包容力の大きさでしょうか?
(ただし、この包容力はレンズに対してしか働かないのですが)





b0226423_12294575.jpg
b0226423_1229347.jpg
b0226423_12291945.jpg
b0226423_1229435.jpg
b0226423_12285315.jpg
b0226423_12284095.jpg
b0226423_12282819.jpg
b0226423_12281534.jpg
b0226423_1228097.jpg
b0226423_12271521.jpg
b0226423_1227170.jpg
b0226423_12265188.jpg
b0226423_1226392.jpg
b0226423_1226263.jpg
b0226423_12261111.jpg
b0226423_12255612.jpg
b0226423_12254472.jpg
b0226423_12245860.jpg
b0226423_12244065.jpg
b0226423_12164653.jpg
b0226423_12162838.jpg
b0226423_12161426.jpg
b0226423_1216040.jpg
b0226423_12154796.jpg
b0226423_1215316.jpg
b0226423_12151337.jpg
b0226423_1215256.jpg
b0226423_12144641.jpg
b0226423_12143876.jpg
b0226423_12143072.jpg
b0226423_12142199.jpg
b0226423_1222286.jpg
b0226423_12213978.jpg
b0226423_1221697.jpg
b0226423_1220485.jpg
b0226423_12202679.jpg
b0226423_1220823.jpg
b0226423_12195052.jpg
b0226423_12193421.jpg
b0226423_12185630.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-07 15:11 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(2)

1789 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 4-完-


レンズも、人間性に似た、レンズ性のような性格があります。
文句無しの名レンズなんてものはないのかも知れません。
というのは、こんな理屈から。
人間同士でも、偏狭で意固地なほどに性格が歪んだ二人が仲良し、
そんなことだってあります。
実に温和で、公明正大な人間性の持ち主が二人なぜか始終いがみ合う、
そんなこともあります。

私の友人はどちらかと言うと、変わった人が多いですね。
それでも人間関係がうまく行っているのは、
私という人間が穏やかに受け止めてあげているからだ、
私は密かにそう思っています。

ところが、どうやら友人たちの方は友人たちの方で、
あの野郎、尋常なら、人間付き合いなんかできっこないんだけど、
こちらが我慢してあげてるから、なんとか続いているんだなあ、
と始終慨嘆している疑いがないわけではありません。

ただし、これは友人たちの方が間違っていますね。
性格偏奇な人間からまともな人間を見ると、
まともな人間が歪んで見える道理を思い出したら、
私の言葉も容易に理解することができるでしょう。

レンズも同様です。
さまざまな性格の人間がさまざまな性格のレンズと付き合うのです。
性格がぶつかり合ったり、うまく折り合ったり、さまざまでしょう。
本気になって付き合えるレンズ、
これ以上のレンズとは付き合ったことがない、そう思えるレンズ、
そんな極上のレンズはせいぜい10本の指で数えるほどでしょう。

Histrio-Prot40mmF6.3
この宮崎貞安さんのニューレンズはなんだか極上レンズかも?
段々そんな気がしてきています。

F値がホロゴン15㎜F8より一絞り明るいほど、なのですから、
異常に暗いレンズです。
私の撮り方は常にマイナスに傾きます。
正確が極めて明るいプラス傾向であるのとバランスをとっている、
そんな感じがします。
でも、画像は暗いけど、私の印象は常に明るい。
雨の暗い日、暗い路地で撮っても、私の心は晴れ晴れとしています。

今、「わが友ホロゴン」で特集中のゾンネタール50㎜F1.1が好例。
写真は全部暗い。
でも、ピッチピッチチャップチャップと心は躍っています。

このレンズ、宮崎貞安さんの傑作レンズだけに、
兄貴分のゾンネタール50㎜F1.1に似ています。
開放値の暗さから受ける印象は、画像も暗くて重そう。
でも、実際には、とても清澄で軽やかな暗さを演出してくれます。
今回の写真たちもその好例、と言えそうです。




b0226423_23133369.jpg
b0226423_23132552.jpg
b0226423_23131842.jpg
b0226423_23131062.jpg
b0226423_2313376.jpg
b0226423_23125647.jpg
b0226423_2311516.jpg
b0226423_23114587.jpg
b0226423_23113877.jpg
b0226423_23112756.jpg
b0226423_23112016.jpg
b0226423_23111392.jpg
b0226423_2311652.jpg
b0226423_23105973.jpg
b0226423_23105297.jpg
b0226423_23104783.jpg
b0226423_23103818.jpg
b0226423_23102895.jpg
b0226423_2310273.jpg
b0226423_2395634.jpg
b0226423_2394972.jpg
b0226423_2394287.jpg
b0226423_2393672.jpg
b0226423_2393024.jpg
b0226423_2392418.jpg
b0226423_2391860.jpg
b0226423_2391265.jpg
b0226423_239565.jpg
b0226423_2385092.jpg
b0226423_2384112.jpg
b0226423_2383548.jpg
b0226423_2382740.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-06 23:14 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1788 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 3


以前にも幾度か、書きました。
私は文章と写真をブログに沢山掲載しているおかげで、
独特の検索ができます。
たとえば、「ホロゴン チェ・ジウ」とか、
「ホロゴン 原節子」とか、
「ホロゴン キノプラズマート」のような、
誰も2つまとめて関心を抱くことのないような検索語で、
グーグル画像検索をすると、
自分の写真をどっさり検出することができます。
よその方の写真も混じりますが、たいていは私の写真。
「ああ、こんな写真も撮ったっけ!!」と、
自分一人で悦に入ることができます。

そして、私がひそかに自慢に思うことは、
こうやって順不同、時期不定でピックアップされた写真たちが、
どんな風に検索しようとも、どんな組み合わせで出現しようとも、
全部、ただそれだけをまともに撮っただけの、
写真技巧ゼロのナチュラル素人写真であること。
だから、私自身の写真伝になれるんだ!

私が宮崎貞安さんのニューレンズの試写をさせていただけるのも、
私がレンズに頼り切って、素直にシャッターを落とすだけで、
自分の独自性を出そうなんて娑婆っ気を起こさないからです。
そのうえ、撮影時、ブログ掲載時に、
複雑多岐の画像処理を駆使したりして、
いたずらにちょっかいを出さないからです。

私の使うレンズはすべて「癖玉」で、
その癖玉ぶりを写真にしたいと思っているわけですから、
レンズそのものが私の望み通りのことをしてくれるので、
それで十分というわけです。
だから、グーグル検索の写真も楽しめるわけです。
いつも私という人間が描き出されていたりしたら、
欠点だらけの自分のイメージがバンバンと顔を出して、
「うへー!!」とのけぞってしまうでしょうから。

Histrio-Prot40mmf6.3が奈良町で撮ってくれている写真も、
いかにもオールドプロターならではのクセ写真ばかり。
それなのに、独特にリアリティがあって、
どこか際だって個性的なので、楽しい。
私が喜んで黒子になりきれるのも、当然です。
心からそう断言できるレンズもそんなに沢山はありません。




b0226423_2222441.jpg
b0226423_2221888.jpg
b0226423_222863.jpg
b0226423_222125.jpg
b0226423_2215414.jpg
b0226423_2214660.jpg
b0226423_2212984.jpg
b0226423_2205564.jpg
b0226423_220491.jpg
b0226423_2204232.jpg
b0226423_2203417.jpg
b0226423_2202876.jpg
b0226423_2202182.jpg
b0226423_2201550.jpg
b0226423_220827.jpg
b0226423_220053.jpg
b0226423_21595328.jpg
b0226423_21594756.jpg
b0226423_21593985.jpg
b0226423_2159329.jpg
b0226423_21592593.jpg
b0226423_21591845.jpg
b0226423_21591128.jpg
b0226423_2157492.jpg
b0226423_21573927.jpg
b0226423_21572614.jpg
b0226423_21571834.jpg
b0226423_21571290.jpg
b0226423_2157511.jpg
b0226423_21565872.jpg
b0226423_21564936.jpg
b0226423_2156839.jpg
b0226423_21555956.jpg
b0226423_21555136.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-04 22:03 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1787 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 2


プロ、アマを問わず、写真家の皆さんが重んずることはなにか?
それは、おそらく、独創性でしょう。
誰も真似のできない、そして、誰の真似でもない、
独自の作風、作品群を確立すること!
そして、かなりの方は、自分にはそれができている、
と、自負されていることでしょう。
私のような部外者に言えることは、
1に、「ご苦労様」、
2に、「それにしては、ぜんぜん面白くないですねえ」

このあたりについて、私は完全な安全圏に居ます。
まず、写真家なんかになりたいと思っていない。
そして、「独創性って、なんのこと?」
私は、自分の写真が独創的なんだろうか?
なんて、ちらっとも考えたことがありません。

今毎夜楽しんでいる韓流ドラマは、
「ドリームハイ」
韓国のポップス界のスターを目指す音楽学校の生徒たち。
やり手の興行師が、その一人にこう言います、
「駄目なんだよ、この世界では、
才能がないのに、努力だけではい上がろうとしても。
持って生まれた才能で決まってしまう。
あんたにはそれがないんだよ」
私もまたそう思います。
アートの世界では、まず才能が大前提。
一流になるためには、その上に努力が必要でしょう。
でも、大前提を欠く人間はどんな努力しても、
限界があります。

私は、それほど目の見えない人間でもないので、
さっさと見切りを付けました。
でも、才能がなくても、写真を楽しむことはできます。
そこで、誰でも撮れるような撮り方で、
撮りたいと思ったものを撮っているだけ。
ちょっと変わっていると言えば、
そうやって撮るものが、
誰も撮りたがらないものだということだけ。
これは関心の方向。
才能とはなんの関係もありませんね。




b0226423_10514469.jpg
b0226423_10513740.jpg
b0226423_10513127.jpg
b0226423_10512595.jpg
b0226423_1051185.jpg
b0226423_1051779.jpg
b0226423_10505964.jpg
b0226423_10505181.jpg
b0226423_10504465.jpg
b0226423_10503693.jpg
b0226423_10502928.jpg
b0226423_10502347.jpg
b0226423_10501626.jpg
b0226423_1050759.jpg
b0226423_10495943.jpg
b0226423_10495110.jpg
b0226423_10494331.jpg
b0226423_10493567.jpg
b0226423_10492793.jpg
b0226423_10491656.jpg
b0226423_1049979.jpg
b0226423_1049245.jpg
b0226423_10485594.jpg
b0226423_10484658.jpg
b0226423_10483849.jpg
b0226423_10482958.jpg
b0226423_10482124.jpg
b0226423_10481394.jpg
b0226423_1048548.jpg
b0226423_10475721.jpg
b0226423_10474842.jpg
b0226423_10474167.jpg
b0226423_10473362.jpg
b0226423_10472469.jpg
b0226423_10471197.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-04 14:19 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1786 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 1


プロター40㎜のプロトタイプが届いたのが4月25日ですから、
すでに、1週間経ったわけです。
その間に5回撮ったのですから、私にとっては新記録でしょう。

前回のフローライトアポクロマート135㎜F2.4の試写には、
タンバール90㎜F2.2をぶっつけ、
今回のHistrio-Prot40mmF6.3の試写には、
プラナー35㎜F3.5をぶっつけました。
135㎜もそうでしたが、プロター40㎜も負けていません。
爽やかさと厚みとが共存する珍しいレンズです。

奈良町が試写3回目です。
231枚撮影し、139枚を選び、4回シリーズに。

フローライトがそうでしたが、このレンズも、
温故知新の精神に貫かれています。
現代レンズの仕様を活用しながら、
クラシックレンズの味わいを存分に発揮する、
いわば「ニュークラシック」!

そんなプロター40㎜ののびのびとした味わいが、
奈良町のような観光スポットでどう活きるか、
これが奈良町での試写の検証ポイントとなりそうです。





b0226423_21521367.jpg
b0226423_2152846.jpg
b0226423_2152172.jpg
b0226423_21515417.jpg
b0226423_21514838.jpg
b0226423_21514089.jpg
b0226423_21513470.jpg
b0226423_21512777.jpg
b0226423_21512114.jpg
b0226423_21511568.jpg
b0226423_2151820.jpg
b0226423_21505934.jpg
b0226423_1922537.jpg
b0226423_19215882.jpg
b0226423_19215068.jpg
b0226423_19214397.jpg
b0226423_19213773.jpg
b0226423_19213078.jpg
b0226423_19212373.jpg
b0226423_19211629.jpg
b0226423_1921950.jpg
b0226423_1921297.jpg
b0226423_19205574.jpg
b0226423_19204976.jpg
b0226423_19204398.jpg
b0226423_19203772.jpg
b0226423_19203180.jpg
b0226423_19202335.jpg
b0226423_19201690.jpg
b0226423_19195955.jpg
b0226423_19195055.jpg
b0226423_19194392.jpg
b0226423_19193459.jpg
b0226423_19192538.jpg
b0226423_19191695.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-03 21:53 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1785 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は田舎道を歩いてみた)Part 3


明日5月3日から全国的に連休なのだそうです。
私は、お国のサポートなしに、毎日、連休ですから、
意味があるとすれば、孫たちに会えること。
今回は3日、長女一家が来ることになっていましたが、
5歳の孫プリンスが万障繰り合わせて39度の発熱。
取りやめになりました。
いつものことです。
私も子供の頃なにかと言うと熱を出していたことを思い出します。
2、3日で回復するでしょう。

私も医師からは6日まで肺炎後の静養を命じられている身です。
静かに過ごすことにします。

その静養中に、1時間半歩いて、198枚撮った写真から、
最後のピックアップ分をごらん頂きましょう。
Histrio-Prot40mmf6.3
すなわち、プロター40㎜の復刻版は驚くほど高性能ですね。
2群4枚というシンプルな構成と、開放時の暗さが相まって、
清澄なのに厚みがあるという不思議な画像をプレゼントしてくれます。

大口径、ハイスピードでないと、いやだ、という、
自称プロ優りのうるさ型の皆さんはパスしてもらって、
出会った光景をしっかりと写真に記録したい方には、
このレンズ、かなり良い仕事をしてくれるのではないでしょうか?

我が家を出て、数軒先のお宅の溝に落ち椿を見つけました。
帰宅してふと視線を下に移すと、椿はまだそこに居て、
私を待ってくれていたようです。
もう一度、プロターの最近接距離で1枚頂きました。
この雄渾なほどの実在感はどうでしょうか?
19世紀末のオールドレンズの設計がどんなに優れていたか、
この1枚が立証してくれるようです。

それにしても、宮崎貞安さんによる古レンズの復刻は、
見事の一言。




b0226423_23223475.jpg
b0226423_23222722.jpg
b0226423_23222143.jpg
b0226423_23221330.jpg
b0226423_2322626.jpg
b0226423_23215870.jpg
b0226423_23214983.jpg
b0226423_23214380.jpg
b0226423_23213725.jpg
b0226423_23213052.jpg
b0226423_23212399.jpg
b0226423_23211567.jpg
b0226423_232187.jpg
b0226423_2321235.jpg
b0226423_23205541.jpg
b0226423_23204932.jpg
b0226423_23204320.jpg
b0226423_23203622.jpg
b0226423_23203086.jpg
b0226423_23202335.jpg
b0226423_23201615.jpg
b0226423_23201099.jpg
b0226423_2320316.jpg
b0226423_23195644.jpg
b0226423_23194975.jpg
b0226423_23194383.jpg
b0226423_23193680.jpg
b0226423_23193033.jpg
b0226423_23192261.jpg
b0226423_23191353.jpg
b0226423_2319645.jpg
b0226423_2319083.jpg
b0226423_23185322.jpg
b0226423_23184538.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-02 23:23 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1784 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は田舎道を歩いてみた)Part 2

ツァイスの名レンズ製作者、パウル・ルドルフは大変な人だったようです。
レンズ史を彩る名レンズの数々を発明しました。

   1890年にプロター、
   1897年にプラナー、
   1899年にウナー、
   1902年にテッサー、

その後ツァイス退職して、フーゴ・マイヤー就職。

   1922年にキノプラズマート、
   1922年にマクロプラズマート、
   1931年にクラインビルド・プラズマート。

絢爛たる経歴ですが、そんなルドルフの経歴を開いたレンズが、
プロター(当初はツァイス・アナスチグマートと呼ばれたそうです)であり、
その最新のコピーが宮崎貞安さんのHistrio-Prot40mmF6.3というわけです。
以前、宮崎さんを「現代のパウル・ルドルフとなりつつある」と書きましたが、
今、とてつもなく面白いことが起ころうとしています。
宮崎さんが、ルドルフの足跡を辿る旅に出られたのです。

奇しくも、別ブログ「わが友ホロゴン」では、
レンジファインダー・コンタックスのプラナー35㎜F3.5シリーズ。
こちらも1954年製ですから、最初のプラナーの遙かなる末裔。
つまり、末裔同士の対決となったわけです。
私の素人目には、とても厚みのある表現力はツァイス特有、
そんな感じがします。
でも、段々と、なんだか違う、という感じがしてきます。

   プラナーの方が癖がある。
   一方、プロターはとてもすっきりとしている。

レンジファインダー・コンタックスのレンズを何本か使いました。
コンタレックスのレンズと同種だと言われています。
たしかにプラナーに似ています。
異常とも思えるほどに、コクがあり、立体感があります。

後年、ヤシカと提携して、一眼レフのコンタックスを開発したとき、
ツァイスは日本の市場を意識したのでしょう、
伝統的なツァイスの厚みのあるレンズ表現を棄てて、
かなりあっさりとして優雅なレンズ表現に路線を変更しました。
アート路線からリアリズム路線への変更と言ってもよいかも知れません。

宮崎貞安さんのプロター40㎜はどうでしょうか?
ツァイスの対極的な2つの路線の狭間にあって、
丁度その中間を行く、そんな感じがします。
コクがあるけど、しつこくない。
厚みはあるけど、重くない。
でも、この重くはない厚み、かなりのものです。
ぐっと心を込めることができる、そんな可能性を感じはじめています。





b0226423_10434660.jpg
b0226423_10433943.jpg
b0226423_1043336.jpg
b0226423_10432621.jpg
b0226423_10432065.jpg
b0226423_1043583.jpg
b0226423_10425991.jpg
b0226423_10425388.jpg
b0226423_10424599.jpg
b0226423_10423839.jpg
b0226423_10423226.jpg
b0226423_10422549.jpg
b0226423_10421974.jpg
b0226423_1042974.jpg
b0226423_10415956.jpg
b0226423_10415330.jpg
b0226423_10414583.jpg
b0226423_10413988.jpg
b0226423_1041568.jpg
b0226423_10405866.jpg
b0226423_10405115.jpg
b0226423_104045100.jpg
b0226423_10403873.jpg
b0226423_10403275.jpg
b0226423_1040254.jpg
b0226423_10401769.jpg
b0226423_10401078.jpg
b0226423_1040471.jpg
b0226423_10395656.jpg
b0226423_10394739.jpg
b0226423_103939100.jpg
b0226423_1039313.jpg
b0226423_10392331.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-02 10:44 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1783 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は田舎道を歩いてみた)Part 1

よいレンズが手元にあると、使いたくなりますね。
このあたりの心理の動き、江戸時代の辻斬り侍と一緒ですね。

    よい剣を手に入れた!
    試し切りをしたい!
    でも、唐竹割なんてつまんない!
    生きた人間を............

怖いですねえ。
レンズで良かった!

私の奈良市郊外は、完全にど田舎の風情。
それは、プロター40㎜の2回シリーズでよくお分かりと思います。
どんどん住民が消えつつある郊外の村落そのもの。
前2回は私の住宅地の北東あたりの村落でした。
今回は南西の村落をぐるっと一巡することに。
次第に、住宅地に変わりつつあるようで、
その意味では、新しい町に生まれ変わりつつあるのかも?

天候は晴れです。
これで①曇天、②雨天、③晴天、
三種の天候でプロター40㎜を試写できます。
さっそくごらん頂きましょう。




b0226423_1081256.jpg
b0226423_1082412.jpg
b0226423_1081842.jpg
b0226423_108510.jpg
b0226423_1075938.jpg
b0226423_1075392.jpg
b0226423_1074717.jpg
b0226423_1074146.jpg
b0226423_1073457.jpg
b0226423_1072813.jpg
b0226423_10722100.jpg
b0226423_1071585.jpg
b0226423_107840.jpg
b0226423_1054174.jpg
b0226423_105353.jpg
b0226423_1052893.jpg
b0226423_105668.jpg
b0226423_1044726.jpg
b0226423_1043961.jpg
b0226423_1042647.jpg
b0226423_1041692.jpg
b0226423_104102.jpg
b0226423_104376.jpg
b0226423_1035636.jpg
b0226423_103495.jpg
b0226423_1034237.jpg
b0226423_1033757.jpg
b0226423_10329100.jpg
b0226423_1032196.jpg
b0226423_1031483.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-01 13:59 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1782 雨(安静療養療養中、雨だって、プロター40㎜もったら、さあ出陣!)Part 3


散歩中、雨はじとじとと降り続きました。
絶好の撮影日よりだと小躍りするのは、私位かも知れませんね。

昔よく一緒に歩いたクラシックカメラファンの友人たちは、
ポトッと来ようものなら、瞬時に喫茶店に逃げ込み、
カメラ、レンズ談義にふけったものでした。
それはそれで楽しいのですが、私としては不満。
絶好のシーンが一杯待っているのに............!!!

その絶好のシーンがこれかいな?
皆さん、狐につままれたという思いかも?
そう、これらがそうなのです。
「濡れて映えるのは美女とレインコートとロボグラフィ」
誰かがそう言いましたね。

プロター40㎜、大活躍です。
これほどまでに質感がよく出るレンズは、
まあ、いくらでもあるかも知れません。
でも、みんな、画像が猛烈に重くなるのです。
人間でも、存在感がありすぎて、ちょっと退いてしまう、
そんな人がいますね。
たとえば、清原選手がそうでした。

ところが、プロター40㎜の写真はそれがありません。
けっして重くない。
清澄な描写力のせいでしょう。

私のロボグラフィはとても軽々しいのが特徴です。
撮影者の私がかなり腰軽で、軽薄なせいでしょう。
ところが、プロター40㎜で撮ると、
そんな私のロボグラフィがずしっと腰が据わる、
そんな感じがします。





b0226423_1744099.jpg
b0226423_17434100.jpg
b0226423_174279.jpg
b0226423_1742164.jpg
b0226423_1741312.jpg
b0226423_174636.jpg
b0226423_1735956.jpg
b0226423_1735089.jpg
b0226423_1734356.jpg
b0226423_1733458.jpg
b0226423_1732876.jpg
b0226423_1731977.jpg
b0226423_1731466.jpg
b0226423_173829.jpg
b0226423_173152.jpg
b0226423_1725595.jpg
b0226423_1724943.jpg
b0226423_172428.jpg
b0226423_1723641.jpg
b0226423_1723077.jpg
b0226423_1722439.jpg
b0226423_1721868.jpg
b0226423_1721293.jpg
b0226423_172623.jpg
b0226423_172072.jpg
b0226423_1715333.jpg
b0226423_1714888.jpg
b0226423_1714378.jpg
b0226423_1713651.jpg
b0226423_1712614.jpg
b0226423_171198.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-30 17:05 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1781 雨(安静療養療養中、雨だって、プロター40㎜もったら、さあ出陣!)Part 2


まだ一応は、肺炎で受けた痛手を快復する安静療養中です。
でも、実のところ、どれだけ痛手を受けたか?
これが分かりません。

ほとんど受けなかったかも?
抗生物質の通院による点滴投与を受けている6日間、
若干の脱力感以外には、まるで症状がなくて、
普通の健常態に近かったからです。
でも、脱力感が残っているということは、
体内には、私の感じられない戦場の痕が残っていたのでしょう。

だから、点滴中もその後の作朝までも、ずっと、
ストレッチはハーフでした。
今朝、完璧なストレッチ体操をさらりと流して起床しました。

布団(そう、今でもお布団で寝ています。ベッド大嫌い人間)の側、
畳の上にはヨガマットが敷いてあります。
まず、お布団の上で両手、両足を垂直に上げてブラブラブラ.....
これはお勧めです。
体の隅々まで血流がわっと押し広がるという感じ。

それから、ごろっと左に転がって、ヨガマットに移動。
低反発で、千円程度です。
畳であろうが床であろうか、楽々、のびのび運動できます。
せいぜい15分です。
自転車漕ぎや腕立て伏せや腹筋や両手を回して体側を思い切りぶつ、
さまざまな運動を自分で工夫して、続けます。

腕立て伏せの腕を伸ばした姿勢で、
100数える間静止する、という一番新しい運動も、
昨日までは完遂できなかったのに、今朝はさらりとできました。
(お腹がてきめんに引っ込みますよ。
10から始めて、たとえば、5ずつ増やしながら、毎日続ける。
ときどきはお休みをする。
これだけで、腹筋がつきます。お試しください)
ストレッチを済ませることで、目覚めがなおさら爽やかになります。

思うに、私がこうして最低の被害で肺炎を切り抜けることができたのは、
水素吸引のお陰、私はそう信じています。
身体を錆び付かせて老化させ、さまざまな病気をもたらすのが、
悪性活性酸素。
この悪性活性酸素と結びついて、H2O(水)になって体外に排出。
ただそれだけの機能なのですが、
なにしろミトコンドリアだけではなくて、さまざまなストレスも、
みんなで揃って悪性活性酸素を生み出し続けるので、
水素がこれをいくらキャッチして水になっても、終わりません。

「浜の真砂は尽きるとも、世に悪の種は尽きまじ」ならぬ、
「浜の真砂は尽きるとも、体内に悪性活性酸素は尽きまじ」
生きることはストレスそのものです。
嫌なことばかりがストレスを生み出すのではありません。
楽しいこと、嬉しいこともストレスになります。
だから、ストレスと楽しく付き合ってあげる必要があります。

でも、私たちが悪性活性酸素と付き合おうと思っても、
私たちの好意など無視して、せっせせっせと細胞を損ない続けます。
肺炎中も予後もまさに悪性活性酸素の活躍どきです。
それじゃ、こちらもバンバン水素を体内のすみずみまで送り込む!

どうやら、私たちは、生きている限り、
悪性活性酸素やストレスたちとダンスをしなきゃならないみたい。
命のダンスは剣舞なのです。
私は、からだをしなやかに操る、あのダンスは踊れません。
でも、命のダンスは踊れます。
ストレッチも撮影も水素吸引もそんな命のダンスなのです。

退職前からそうでしたが、退職後はなおさら、
私は家事もかなり分担しています。
家事という家事、なんでもできます。
料理、掃除、洗濯、なんでもです。
針仕事だってさっとできます。

今では、どんな家事にも真剣に取り組みます。
職業があったときは、仕事のことが気にかかり、
家事なんて、時間の無駄、人生の邪魔、そんな気持ちが少しありました。
それでも、週2、3回は夕食を作り、洗い物は全部担当と、
かなりこなしていました。
でも、いわば片手間仕事でした。

今は、やることすべてが大切。
大切なことは、なにをやるか、ではありません。
どうやるか、これだ!
それが分かったからです。

誠実に心を込めてやれば、
どんなことも人生の糧。
いやだ、いやだと端折りながらやれば、
どんなことも人生を損ないます。
だから、家事もまたリハビリの一貫というわけです。
もちろん、ブログ記事作成も!




b0226423_1044572.jpg
b0226423_10445111.jpg
b0226423_10444431.jpg
b0226423_10442593.jpg
b0226423_10441877.jpg
b0226423_10441190.jpg
b0226423_1044460.jpg
b0226423_1043556.jpg
b0226423_10434843.jpg
b0226423_10434296.jpg
b0226423_10433550.jpg
b0226423_10432926.jpg
b0226423_10432286.jpg
b0226423_104376.jpg
b0226423_1043016.jpg
b0226423_10425475.jpg
b0226423_10424733.jpg
b0226423_1042386.jpg
b0226423_10423278.jpg
b0226423_10422665.jpg
b0226423_10421878.jpg
b0226423_10421253.jpg
b0226423_1042582.jpg
b0226423_10415823.jpg
b0226423_10415254.jpg
b0226423_1041457.jpg
b0226423_10413867.jpg
b0226423_10413179.jpg
b0226423_10412375.jpg
b0226423_10411393.jpg
b0226423_1041574.jpg
b0226423_10405796.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-28 10:46 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1780 雨(安静療養療養中、雨だって、プロター40㎜もったら、さあ出陣!)Part 1


ジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレ
16世紀イタリアルネサンス期のメディチ家の勇将です。
バンデ・レーレ(黒帯)の語源はまた別にありますが、
どうやら黒尽くめで戦ったようです。
だから、黒備えのジョバンニと呼ばれました。
私はどうやら「黒」が大好きなようで、
黒太子エドワードや黒備えのジョバンニと来ると、
訳もなく魅力を感じます。

なぜ、こんなことを書くか?
宮崎さんのニューレンズ、
まだ距離リングや絞りリングの表示さえ刻印されていないので、
シンプルに黒一色の円盤のようにこんもり盛り上がった形。
メーカー名もカメラ名も全部黒テープで隠した、私のソニーα7に、
あつらえたかのように、ぴたりフィットするのです。
まさにブラックボックス。
なんだかとても感じがよいので、
つい持ち出したくなります。

昨日は安静療養3日目でしたが、
一昨日に引き続き、散歩にでました。
一応、体調を整えるためと称して家を出ましたが、
雨の中1時間もうろつき歩くって、
なんだか体調維持のためのウォーキングとはちょっと違うようですね。
しとしと降り続ける雨の中を1時間歩き回り、
さまざまな姿勢でプロター40mmを使いまくって、
きっかり150枚撮って、しかもぜんぜん疲れない。
どうやら、すでに体調は90パーセントは復調したようです。

でも、150枚というのは、フィルム時代の1時間37枚撮りフィルム4本のペース。
(なぜ1枚多いかと言いますと、モノクロームの長尺フィルムをカットして、
自分でパトローネに巻き込んでいたのですが、
いつも1枚、ときには2枚、多めに撮影する習慣だったからです。)
今は1時間あたり180枚程度のペースなので、ちょっと少な目。
というのも、F6.3とちょっと暗めのレンズで超近接を撮るので、
いちいちピントを合わせたからでしょう。

いつも書きますが、雨が最高の撮影日よりですね。
なにもかもが濡れたような美女に生まれ変わります。
このプロターの再現、
Histrio-Prot40mmF6.3
(私にはかなり覚えにくい名前です。
ネオプロターで良いのに?)
ますます性能を発揮してくれています。

たった2群4枚のシンプルな構成です。
ディストーションもなく、とにかくやたら抜けが良い!
スナップ写真家も、f8に絞って、2mあたりに置きピンしたら、
もうバンバン撮りまくれます。
全面クリアーで癖のない、超高画質で、しかもとても柔らかい印象なので、
風景写真家にはもってこいでしょう。

100枚ちょっと選択しましたので、
いつものように、30枚単位、3回シリーズでご覧いただきましょう。
試写なので、絞りごとの写りを比較してみました。
絞り値を記載しているのがそれです。
3枚とも一番手前の枯れ草にピントを合わせてあります。





b0226423_1573841.jpg
b0226423_1573214.jpg
b0226423_1572697.jpg
b0226423_1571884.jpg
b0226423_1571151.jpg
b0226423_157479.jpg
b0226423_1565664.jpg
b0226423_1564968.jpg
b0226423_1563964.jpg

b0226423_1561534.jpg


f6.3
b0226423_155531.jpg


f8
b0226423_1552742.jpg


f11
b0226423_1544154.jpg


b0226423_1541896.jpg
b0226423_154632.jpg
b0226423_1535986.jpg
b0226423_1535176.jpg
b0226423_15345100.jpg
b0226423_1533879.jpg
b0226423_1533028.jpg
b0226423_1532367.jpg
b0226423_1531699.jpg
b0226423_153963.jpg
b0226423_153129.jpg
b0226423_1525457.jpg
b0226423_1524714.jpg
b0226423_1523838.jpg
b0226423_1523058.jpg
b0226423_1522383.jpg
b0226423_1521642.jpg
b0226423_152882.jpg
b0226423_1515831.jpg
b0226423_1514933.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-27 18:58 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1779 号外!!(肺炎なおると、宮崎さんからプロターが届いた!)Part 2

宮崎さんから送られてきたプロター40㎜のプロトタイプは、
絞りは、回転部分に赤点一つだけなので、
絞り羽根をのぞき込んで、開放を設定するほかはありません。
距離計はヘリコイドリングと本体に各赤点一つ。
両赤点を合わせると、無限遠です。
ただそれだけ。
ただし、距離については、ライカ風にレバーが付いているので、
レバーの位置である程度距離を設定できます。
この簡素さが返ってそれが黒備えの武者の精悍な面構えらしい。

開放が6.3とかなり暗いので、ソニーα7の液晶もちょっと暗め。
でも、ピント合わせは軽くできますし、
第1、本当はピント合わせなど不要です。
2mあたりに合わるだけで、大抵の被写体は被写界深度に入ります。

撮りつつ前進し、20分ほど経過したところで、帰途につきました。
宮崎さんはこう説明しておられます。

  「近代のガウス・テッサーを上回り、
  アポレンズに優る、2-4Pのシンプルな形と全面マルチコートで、
  清純な美しい発色が得られる。」

  「開放で十分なコントラスト、解像を有し、
  f8で70%、f11では100%回折限界に至る」

  「当レンズは、マクロレンズとして大変勝れています。
  ディストーション、距離による収差の劣化が少なく、理想的です。
  パンケーキ状のコンパクト、超軽量にデザインされて、
  スナップ、風景にお勧めします」

ゾンネタール50㎜F1.1、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4、
これらの超大口径のファンタジーレンズの後に、
宮崎さんは見事なバック転を決めて、
どっしりとしたリアリティをつかみ取るレンズをお作りになった。
このあたりの柔軟性と跳躍力が、
宮崎貞安さんのレンズ制作者としての独創性につながっている、
そんな感じがします。

f8の絞りを常用されている方なら、f6.3の開放にしたままで、
絞りのことなど忘れて、自由に撮ることができます。
昨日の筆下ろしの残り32枚をごらん頂きましょう。
プロターの作例はあまり沢山見たことがありませんが、
いかにもそれらしい豪快な描写。
フードは同梱されていませんでしたが、
フードなしでも、まるで不便を感じませんね。
ぜんぜん硬くないのです。
まさにクラシックレンズの醍醐味。




b0226423_18253424.jpg
b0226423_18252956.jpg
b0226423_18251975.jpg
b0226423_1825941.jpg
b0226423_1825127.jpg
b0226423_18245131.jpg
b0226423_1824402.jpg
b0226423_18243383.jpg
b0226423_18242474.jpg
b0226423_18241723.jpg
b0226423_18241032.jpg
b0226423_1824198.jpg
b0226423_1823543.jpg
b0226423_18234536.jpg
b0226423_1823377.jpg
b0226423_18233021.jpg
b0226423_1823239.jpg
b0226423_18231482.jpg
b0226423_1823622.jpg
b0226423_18225734.jpg
b0226423_18225086.jpg
b0226423_18224337.jpg
b0226423_18223683.jpg
b0226423_18222834.jpg
b0226423_18222235.jpg
b0226423_18221687.jpg
b0226423_1822893.jpg
b0226423_1822139.jpg
b0226423_182153100.jpg
b0226423_18214585.jpg
b0226423_1821343.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-26 20:06 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(2)